ディスティニー(宿命)を乗り越えよう!

かなりハードな話を書きますので、
ヤバいと思ったら読まないでね^^;

 

先日、”ついうっかり”算命学や四柱推命のような
宿命系鑑定を受けてしまいました(そういうモノだと知らず、お付き合い的な感じで^^;)。

 

こういうのほんっとに気分が下がるので避けてたんです。

というのも、こういうので私の人生を見ると、
相当ハードなが宿命があるからです。


先祖代々の”業(負のカルマ、先祖がやらかしちゃった諸々の行為の代償)”を
これでもかと背負ってるので、
ぶっちゃけ、精神を病んで当たり前なレベル( ̄∇ ̄;)
つまり、


苦労するために産まれました、って感じなのです。

 

そういえばそうだったな〜><;

 

実は十数年前、人生のどん底にいた時に、
算命学(みたいなもの)に少しハマってた時期がありました。
最初はプロの方に鑑定していただきましたが
算命学は「学問」なので、勉強すれば誰でもできます。
私も独学で勉強して、そのプロの方の計算間違いを指摘するまでになりました。
(まあ生意気^^;
計算を間違うと鑑定結果が狂ってくるのです。結構有名な人でしたよ。
ちなみに今は全部忘れました^^;)

 

算命学になぜハマったかというと、
当たってるからです(T_T)
それはつまり・・

 

私の人生は産まれた時から決められちゃってて、
もう逃げられない

 

ってことに他なりません。

 

しかもその頃、四面楚歌状態。
発達障害の息子がいて、まだ乳飲み子の娘もいる。
私を本当の意味で理解してくれる人はいない(と思い込んでた)。

 

さあどうしよう。あなたならどうします?

 

私はこう思ったわけです。

 

なら、宿命をぶっ壊す!

 

あっ、ウソウソ^^;
そんな強いことを思えるようになったのはずっと後のことで、
ジダバタしてるうちに少しずつ上がっていったのです。
たくさんの人に助けられて、今があります。

 

私もなんでこんなウルトラスーパーハードな設定で
現世のゲームスタートしてしまったのか、
バカじゃないの??って思いますが^^;;

 

少なく見積もっても半分くらいは克服できてると思います。

 

なぜなら、

トマトくんもセロリちゃんも、
大きな怪我も大病もなく育っているからです。

 

子供達は私の家系、旦那の家系(こちらもかなりきつかったらしい^^;)、両方の遺伝子を持っています。
元旦那とは交流はありませんが、子供達にはしっかり”体質””性質”という形で
克服するべき課題として受け継がれています。

 

子供は、一族の結果を体現していると思います。
まだまだ克服しなくてはいけない課題ももちろんあるし
本人の意思もありますのでどこまでできるのかわかりません。

 

私自身が人として成長すること。
それが結果的に宿命を乗り越えることにつながっていると実感しています。

 

世の中には辛い宿命を抱えてる人はたくさんいるでしょう。
自分自身が(過去生で)やらかしちゃったことかもしれないし、
さらに上へ行くための学びのためかもしれないし、
余裕ができたので人を助けるためかもしれないし、
その全部かもしれないし・・
私にはわかりませんが、

 

自分の宿命を悲観しないで、
全部自分で選んだことだと思った方が楽です。
先祖代々の業、と言っても、もしかしたらその先祖は自分自身の過去生かもしれないのです。
誰のせい、何かのせい、って考えてると辛いだけです。

 

人類は最初はアダムとイブから始まってるんだから
(もしくは1人のアフリカ女性か宇宙人の遺伝子操作かなんでもいいんですが)
地球上全員と血がつながってるのです。
みんな一族です。
そう考えると何があっても連帯責任でしかないですよね。

 

とはいえ、きついです!辛いです!
どうしたらいいのか時々わからなくなります!

 

今、苦しんでる方々、
あなたならできます、とか、いうつもりはないです(じゃああんたできるの!?って思いますもん^^;)

 

でも、その宿命、


本当に必要ですか?

 

※全て乗り越えた暁には、
算命学は全部嘘でした〜!っていうことになるんじゃないかな〜って思っています(´ε`*)
とにかく、誰に何を言われても全てを信じず、

自分で考える余裕を持ちましょう!

 

解放・・そして自己責任100%(2018.06.18)

 

カテゴリ:ココロとアタマ | 11:38 | - | - | - |
夏至2018 〜3.11からの区切り〜

私にとって夏至は
命のことを考える機会になっています。

 

東日本大震災の起こった3月11日もそうです。

 

多くの人の”意識の変革”となった3.11。
過去記事にもなんども書きましたが私も同様に、
今ままでの、これからの、自分を見直しました。

再起業したので
ちょうど起業ブームに巻き込まれた形になって
いろんなものを見ました。
(本を一冊かけるほどのエピソードがあるんですけども。
「起業ブームの嘘」みたいなアオリでどう?
あっ、ウソウソ!書きませんよ^^;)

 

そして今日の夏至で一つの区切りになるのかもしれませんが、
振り返ってみて、
あの震災以降の7年、
世の中の流れはどうだったのか。
なんだったのか。

 

エゴ(我欲)出し

 

だったんじゃないか????と思いました( ̄∇ ̄;)

 

エゴを持ってる人はひとり残らず、です。
もちろん私もです。

 

今日の段階までで
どのくらいのエゴを認識できたのかが重要じゃないでしょうか。

 

二極化二極化、って言いますが、

 

自分の中に強い我欲がある(誰にでもある)ことを認識できた人

 

自分の中に強い我欲があるにもかかわらず、気づかずに我欲を出している人

 

そこで別れるんじゃないかな?と思います。
認識できれば生き方が変わるからです。

 

私にもまだまだ我欲はあります^^;
もし消えたら、こうしてブログを書くこともなくなるでしょうね。
ほどほどの我欲は人生を楽しむために不可欠だと思います。
気づかないことが問題なのです。

カテゴリ:ココロとアタマ | 11:39 | - | - | - |
解放・・そして自己責任100%

今日も怪しい話です。苦手な人はスルーでお願いします。
(と、いちいち断りを入れるのは、このブログは一応子育てブログだからです^^;)

 

前の記事はこちら↓
解放(2018.06.10)

 

そのようなわけで、私は誰かを助けようとしていました。
前々前世から、何度も生まれ変わり、救おうとしていました。

 

 

という話を聞いて、皆様はどう思いますか?
なんてけなげなの!なんてロマンチックなの!
って、思いました?

 

私は解放され、冷静になったところでこう思いました。

 

キモっ!!!!Σ(゚д゚|||)

 

その気がないのに?
いつもいつも寄ってって世話を焼こうとして?

 

単なる重い女じゃん!!!!
寒気するわ!

 

もちろん双方の同意とか、学びのためとか、
色々理由はあるのでしょうが、

 

・・今となっては異常だとしか思えない・・(;´д`)

 

思い返せば、
今世でもそのようなヒントはいたるところにありました。
人間関係、主に仕事を通して同じようなことが繰り返されていました。

”恋愛”を通しているわけではなかったので、
余計に気付きにくかったかもしれません。

 

誰も助けなくてよかったんです。
ただ、自分を生きていればよかったんです。
余計なことを続けたばかりに、相手の成長を逆に妨げていたかもしれないのです。
(誤解を生む表現だとわかってますが、そう書くより仕方ありません。(><;))

 


「自分の人生は全て自分で選んでいる」

 

そんなことはわかっていましたが、
心のどこかに、
「そうは言っても、自分ではどうにもならない外からの影響が数%あるのではないか」
と思っていました。

 

やっと肚から分かりました。

誰のせいでもありません。


100%自己責任です!

 

いつか来るのかな?と思っていましたが・・
ついに来ました・・来ちゃいました。

 

もう一切、0.000000・・・1%も、誰かの何かのせいにできません。
自分で自分を生きるしか無くなりました。

 

誰かや何かのせいにして生き続ける方が楽なら、それもアリでしょう。
ただ・・あくまで私の場合ですが、
それでは今までの人生があまりに辛く感じるのです。
だから私は100%自己責任で生きていきます。

カテゴリ:ココロとアタマ | 12:18 | - | - | - |
優しさとは、知ること

先日、人と話していてとても感じたことがありました。

育った環境と性格だなあ、と。

 

やっぱり「知らない」ってことは
幸せなんですよね(^^:)

 

生まれてからずっと、特に大きな問題がなく
あったとしても常に味方がいて孤立しない環境と性格であれば

 

生きづらくて人生がうまくいかない人に対して
気にしすぎだとか、甘いとか、怠けてるとか、
そりゃ〜思いますよね。

 

私もなんやかんや「やらない理由」を作っては
現状を変えようとしない人はダメでしょって思います。
過去に何があったとしても、それを乗り越えるためにあるのが人生です。

それも踏まえて。

 

味方がいない、理解してくれる人がいない、
という状況まで落ち込んだ、子供の時にその状態を長く味わった、
という経験をしていなければ

 

なぜ、そこまで落ち込んで、
立ち上がれなくなるのか、
理解できるわけがないですよね。

 

ここのところずっと、男女問わず繊細な人たちと接することが多くて
変な話、安心していたのですが(笑)
(★もちろんみなさん前向きです^^)

 

なんていうのかな、
メンタルギャップ?
そんな言葉があるのかどうか知りませんが、

 

相容れない

 

というか、知らないなら
もう仕方ない、という気がしました。

 

もちろん彼らの視点は多数決で言えば
「勝者」です。
ぶっちゃけ、うらやましいです(笑)
私も「ずっと普通になりたかった」ので(≧ε≦o)

 

せっかく毎日楽しくて幸せな彼らに、
あえてそんな「どん底」の心理状態なんて知ってもらう必要はないよねーって思いました。


知らない方が絶対幸せですから。


彼らの何気ない言葉が「弱者」をさらに突き落とすなんてことも、
気づかない方が幸せです。
(イヤミじゃなくて本気で言ってます^^;)

 

視点(というか経験)が違うだけで、どちらが正しいとかでもないし、
違う視点での話もそれはそれで面白いんですよね。
私が「知らない」こともいっぱい知ってるしね^^

 

ただ、
辛さや深い悲しみを知ってる人が言う「たいしたことない」の言葉と、
知らない人の「たいしたことない」の言葉は
雲泥の差です。
深みが違うと思います。

 

やっぱり
辛さや悲しみを知り、乗り越えた人は優しいです。

 

でも最終的にはね、
辛さや悲しみなんか知らなくても優しくなれる
そんな世の中が目標です^^




このブログも、
息子や自分のコトも含め
少しでも理解してもらいたい思いで書いていました。

 

お恥ずかしい話ですが、
私はかつて、
特に発達障害に関することへの
無理解、間違った理解、軽視に対して
コントロールできないくらいの怒りを抱えていました。

 

このブログを10年以上続けられたのは
根底に「怒り」と「承認欲求」があったことを
否定できません(><;;)
(連続して読んでくれてるみなさま、本当にありがたいです。
時々ネガティブ記事になって読みづらい時もあったでしょうに、ホントすいません(;▽;))

 

幸いにも(?)「ニヒリズム体験」があった後、
そういった感情は和らぎ、
今では完全に、無理解に対しても怒りを感じることはなくなりました。
(諦め、というとあれですけど、あっ知らないんだな、くらいに思えるようになりました。)

 

私もまーいろいろありますけれども、
ガンバってます^^

 

(いきなり上から発言ですが)
特に、誰からも理解されないと感じている人へ。

私はがんばってる人の味方になります。


ただ味方になるだけで手助けはしません。

一切合切何もできませんし、するつもりもありません。

同情もしなければ優しい言葉もかけません。


でも私は味方です。
味方がいる、って思うだけでいいです。
ともにがんばりましょう!

 

 

カテゴリ:ココロとアタマ | 11:28 | - | - | - |
自分クエスト〜自分をとことんまで掘る〜

美容師さんと話していて、意見が一致^^

真に成長できる人ってこんな感じじゃないでしょうか?

 

 

いったん、

 

自分とはなんと愚かでアホで最低最悪な人間なんだ!

 

と気づき、
のし上がっていく、
そんな経験をしている人。

 

底に着けば、もう浮かび上がるしかないもんね。

 

逆に言えば、
勇気を出して「底」まで掘り下げることができた人は幸せだと思います。

 

掘る過程は本当に怖いです。

だって、自分がサイテーな(生き方をしてきた)人間だってわかっちゃいますから。

生きるのが思うようにいかないとか辛いと思うなら、

自分はサイテーな(生き方をしてきた)人間である証拠です。

 

周りは関係ありません。

法に触れることをしたしてない関係ありません。

あくまで自分の「底」です。

 

私の経験上、

この時の装備は「私は私(自己肯定感)」が必須。

これ以外はいりません。仲間もいりません。

この装備がないならやめたほうが良いと思います。

(というより、できないと思います。)

 

ある程度まで掘っちゃったら度胸が座りますので、

あとは掘るのが面白くなります。

サイテーから浮かび上がると、

今まで見えなかったダイヤやルビーやレアメタルが見えてきたりして^^

 

どんな状況であっても、人のせいにせず、
いつも上を見てる人が私は好きだし、そうありたいと思います。

 

私もまだまだです!がんばります^^

 

 

人は皆、自分の人生を自分で決めている?(2017.11.16)

 

自分の間違いは自分ではわからない!( ̄∇ ̄;)(2017.06.22)

カテゴリ:ココロとアタマ | 11:44 | - | - | - |
豊川稲荷と私・愛の度数を上げる方法<最後に>

愛の度数を上げる方法。
『ハートのワクワクに従うことです♡』という、
夢ある言葉じゃなくてごめんなさい^^;
ピンとこない人はスルーしてくださいね。

 

ただ、これで
どこかから拾った話ではないということが
わかっていただけるかしら。
なんつってね〜ゞ(≧ε≦o)

 

私が豊川稲荷の霊狐塚に来て浮かぶことは、
『徹底的に無条件』で、
生まれるものも、消えゆくものも全て含め
『全部愛してる!以上!』みたいな、
究極にシンプルです。

(いや・・、愛とかそういう概念もないかもです。

ただ”在る”とか、そういう感じです。

※個人の感想です^^;)

 

豊川稲荷、霊狐塚

 

とはいえ、日常を忙しく生きていると
そんな気持ちを継続させることは難しいです。
いや、暇でも難しい!
つか、そこまでの心境にはなかなか行けないです!

 

と、いうところで
こんな言葉が湧いて来たので
最後に記しておきます。

 

もともと人間に『差』なんてない。
『差』があると思ってるから悩む。
それはただの現象でしかない。
ただの幻想。


色々書いてますので

何様!?と思われる人もいるかもしれませんが、

どうかしたいわけではないのです(><;;)

今でもこういう考えです。

脅威(2013.11.24)

当時、かなりビビりながら書いてましたね。
未熟ではありますが、よかったら読んでみてください。

 

初心を忘れず謙虚さを忘れず(^^;)
日々を過ごしていきます。
読んでくださってありがとうございます。

カテゴリ:ココロとアタマ | 11:15 | - | - | - |
豊川稲荷と私・愛の度数を上げる方法<その3 受け入れる>

実は豊川稲荷が神社じゃなくてお寺だと知ったのもつい最近なんです。

なので最初は柏手を打ってました^^;
こんな緩い宗教観でも生きていけるんだもの、
日本で良かったー!
(いい加減にしとかないとほんとにバチ当たるって。やめなさいって( ̄∇ ̄;))

 

で、やっと本題の愛の度数を上げる方法です。
実は書くのをやめようかと思っていました。
ですが、つい先ほど確信がありましたので
備忘録として書くことにします。

 

豊川稲荷に参拝した日の晩、夢を見ました。
愛の度数を上げる方法を教えてもらいました。

 

多角的に視ること。

特にオタクやマニアほどのこだわりを持つ人の目線になってみる。

 

は?Σ( ̄ロ ̄lll)
職人じゃないのね、オタクやマニアなのね。
一般に理解されにくい人(ドン引きされるほどの)ということでしょうか。

 

せっかく自分の中のこだわりを手放せて楽になったところだし、
こだわりの強い友人知人たちの姿を見て、
どんなに好きでも強いこだわりを持つと敵を作るし
苦しいばかりだなあ、と思っていたのに。

はあ・・スティーブ=ジョブズはまだ続いていたか・・。

 

私は霊能者でも預言者でもない、ごく普通の(いや、ちょっと変わり者の)お母さんです。
その私が感じていることは

 

昭和時代は、集団行動を厳守する空気だったと思います。
団結して国を盛り上げる必要があったためです。
その時代があってこその今の時代ですので感謝こそすれ否定はできません。
ですが、
これからの時代は『多様性』です。
好きとか嫌いとか、良いとか悪いとか、というレベルではないです。
『受け入れていかないと、生きられない』のです。

 

こだわりの強い人には、こだわる理由があります。
”なんとなく”っていう答えはないはずです。
(理由なくまたは恐怖心からこだわってる人は
穴埋め作業ですので違います。)

 

全世界に平和を!^^
読んでくださってありがとうございます。


仕事に『努力賞』はない(2017.02.10)

 

スティーブ・ジョブズ・・・ほんとうにすごいのは・・・(2017.07.20)

 

キターーーー!!!!!(2017.11.07)

 

出る杭を打つ人(2014.04.14)

 

年配者と若者(2014.08.14)

カテゴリ:ココロとアタマ | 17:31 | - | - | - |
豊川稲荷と私・愛の度数を上げる方法<その2 探求の末に>

そもそもなぜ豊川稲荷に行くようになったのかと言いますと。


2016年の春あたりから、エネルギーがダダ漏れていくような感覚になりました。
今までうまくいっていた(なんとかなっていた)ことが
どんどん離れていき、何をやってもスムーズに進まず・・

とにかく何かやらなきゃ!やらなきゃ!
今までも行動することで駆け上がることができたのだから!
と、この頃はもがいておりました。

 

そんな時にネットで豊川稲荷の狐たちの画像を見て、
「会いたい!」
と思いました。

 

7月。豊川に友人がいるので
久しぶりに会うのも兼ねて、参拝に行くことにしました。

 

豊川稲荷に行ったことがある人はご存知かと思いますが
正式名称は『圓福山豐川閣妙嚴寺』。神社ではなくお寺です。
広い敷地にまるでテーマパークのようにゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
様々な仏様が祀られています。
霊狐塚はその奥で
献納された狐像を安置する場所です。

 

霊狐塚へ向かう途中、
黒いアゲハ蝶が3~4羽、寄ってきました。
後から友人が教えてくれましたが、黒アゲハは神仏の使いだそうです。
 

 

 

”安心して暮らせますように”と願ってると書きましたが
実はもっと深い願いをしています。
(ここまで願えるようになったのは成長です)


お稲荷さんには商売やお金のことを願う人が多いでしょうから
「面白いことを願う人間がいるぞ」と思われたかもしれません。
でもやっぱりお金にまつわることで「聞き入れた」とアンサーをくれるのですね。
それがわかりやすいし、得意なのかもしれないです。
(興味ある方は2017年10月ごろの記事を読んでみてください^^)

 

その後、どんどん精神的に追い込まれ、
人と会うのが怖い状態にまで落ち込んでしまいました。
そして8月、ニーチェの思想に感銘を受け、
今までの自分が信じていたもの、目指していたものを
一旦リセットすることにしました。

 

今気づきましたが、
うそかまことか、
稲荷は失われた10支族が作ったという説があるらしいです。
つまり神様を祀るため。
でも豊川稲荷は、前述した通りお寺です。仏様ですね。

 

神様と仏様の融合。
本来は一つなのに人間の都合で分けているだけ。
そんな豊川稲荷の狐さんたちに
「神は死んだ!」って教えられたんでしょうか?^^;
あっそういえば般若心経で有名な勉強家の舎利子も、
ブッダに「頭空っぽにしてこい!」って怒られたんですよね。

 

10月、
子供たちを連れて再び豊川稲荷へ行きました。
霊狐塚に行くまでにたくさんののぼりが立ち並んでいるのですが、
一歩入ると・・『聖域』というのでしょうか?
エネルギーが違うのがはっきりわかりました。
エアカーテンでも貼ってるのかな?というくらいに違いました(笑)

毎回心が清々しくなりますが、
後にも先にもここまでわかりやすかったのはこの日だけです。
神仏は子供好きだからでしょうか?
セロリちゃんは、
「悩みが消えて行く感じがする〜♪」

と言っていました。

 

豊川稲荷、霊狐塚

 

豊川稲荷に来ると、
自分の視点よりももっとずっと
上の視点から見ることに気付かされます。
だからここが好きなのです^^

(また長くなってしまいました^^;続きます)

 

人は皆、自分の人生を自分で決めている?(2017.11.16)

カテゴリ:ココロとアタマ | 15:44 | - | - | - |
豊川稲荷と私・愛の度数を上げる方法<その1 みんなそれぞれ>

またまた豊川稲荷へ行ってきました。
友人と待ち合わせがあったので、時間まで例によって霊狐塚でぼーっとしてました。
木漏れ日と、木々のざわめき、鳥の声。
やっぱ好きです、ここ。

 

豊川稲荷、霊狐塚

 

以前聞いた話ですが(信じるか信じないかはあなた次第です)
日本の神社仏閣にはほとんど神様仏様はいないとのこと。
そしてその空き家には別のモノが入ってきてると。

 

なんで神様仏様は消えてしまったのかというと、
人々の自分勝手な大量の願いに・・とかなんとか。

 

だから、神社仏閣ではお願いをするのではなく、
お礼を言うようにしましょう、という話でした。
私はそれを守り、子供達にもそう教えていました。

 

でもある日、ふと
それぞれ仕事(役割)があるのに、
デスクまで来てお礼だけ言われて帰られたら嫌だな。
は?なに?仕事くれるんじゃないの?
って私だったら思うかなあ。
と妄想こじらせまして(笑)
数年前からは、気に入った神社仏閣ではちゃんとお願いをすることにしています。

(もちろん、普通に暮らせているということは

何かに守られてる証拠ですから感謝していますよ^^)

 

豊川稲荷の狐たちは一体一体顔が違います。
台座には、個人や企業、お店などの名前が彫られています。
狐たちを眺めながらふと思いました。
(罰当たりかもしれませんが正直に書きます。
上から目線に感じましたらすいません。)

 

狐たちが人々の集合体に見えました。
真面目な子、威嚇してる子、満面の笑顔の子。
目立ちたい子もいれば、恥ずかしがり屋さんもいて、
役割を頑張っている子もいればサボってる子もいる。要領の良い子もいる。

 

『霊狐塚』とひとくくりにはしているけども、
みんなそれぞれ名前があって、そして親(献納した人)がいる。
自分の名前を彫った子はどんな子でも親にとっては特別な存在ですよね。

 

みんなそれぞれ名前があって、
それぞれの人格、魂があって、
要領の悪い子、意地悪な子も含めて、
みんなそれぞれがんばっている。
全てが人の子であり、人の親であるのに
何を否定・非難する理由があるだろうか。

 

神仏から人々を見るというのはこういう感じなのかな。

 

隅っこに、とても美しい子がいるのを見つけました。
草に隠れてるし小さいので目立ちませんが、
私には特別気品高く美しく見えました。
彼女(メスなのかわかりませんがそういうイメージ)は、
隣にいる老狐にそっと寄り添い、お手伝いをしているようです。
目立たず、主張せず、けなげに自分のお役目を務めているようです。

 

・・などという妄想をしておりました(笑)

 

長くなってしまいましたので続きはまた後日書きます。

 

ビューティフルネーム♪どの子にもひとつの生命が光ってる♪(2017.09.27)

カテゴリ:ココロとアタマ | 12:01 | - | - | - |
人は皆、自分の人生を自分で決めている?

十数年前、心身のことを学び始めて最初の時期に知ったことは、
「人は皆、自分の人生を自分で決めている」ということでした。
苦しみや悲しみや病気や、そんなことも自分で決めているというのです。

 

当時這い上がりかけていた私でしたので
(この経緯も以前は掲載していましたが今は非公開にしてます〜^^;)
そんなっ・・こんなに辛いのに、全部私が決めてるなんて・・と多少ショックでしたが
それでも、
なら、自分の人生は自分で変えることができるんだ!と前向きに頑張っていました。

 

だからと言って、
全てが自分の思うようには行かないです。

今まで生きてきた自分自身の「思い込み」と、
世間的な「しがらみ」という大きな波のようなもので
うまく行かないことは多数です。

 

それでも、その「しがらみ」に飲み込まれる状況にいる、
影響される位置にいる、という選択をしているのは自分です。

 

自分が今、どのような位置にいるのか。
どうすればいいのか、どう避ければいいのか。
正確に判断することはとても難しいです。

 

今、振り返ってみて
「人は皆、自分の人生を自分で決めている」っていうのは
本当だなーー(xдx;)と実感しています。

 

様々な悩みを抱えてるのは、
そういう生活・性格・考え方をしてるからです。

シンプル&クールでしょ?

 

例えばですが
「○○で悩んでるんです・・」と相談したとして、
めっちゃクールな対応をするカウンセラーさんは、
「だってそれ、あなたの望み通りでしょ?」

というセリフを
ぐっとこらえてるのかもしれなかったりしてね^^;

 

ただ、悩みの真っ只中にいる人に本当にそんなこと言ったら大惨事です。
誰だって、全部自分の責任だ、なんて、重すぎて抱え切れるわけがないです。
(なので、この話は信じたくない人は信じなくて良いですからね。)

 

そして、
人は神社仏閣に行って手を合わせ、心を鎮める。
本来の宗教っていうのは重荷を下ろすためにあるんでしょうね。

 

すると本気の神さま仏さまだったら、
悪いことを起こして目覚めさせるんじゃないかな??
「アメをあげないのは、お前のこういうところが悪いからじゃーーーーー!!!!!」という感じ。

 

で、ちゃんと改心したら、もちろんアメをあげる。

日本昔ばなしみたいですね^^;

 

もし、自分を何も変えてないのにサクッと願いを叶えてくれたとしたら、
めんどくさがりの神さまなのかも???
(罰当たりです!すいません!)

子供が「アメ欲しいよー!」って泣いてるのを
はいはい、って与えてる、みたいな。

(ただ、これをわかってくれる人間がほとんどいないから、

とりあえずアメをあげて、いずれ改心することを待っているのかも。)

 

 

心身の学びを意識しながら生活していると、
どうしても回避できない現象が起こります。


それは「噴き出し」です。


今まで隠されていたことや我慢していたことや押さえつけられてたことが
一気に噴出することがあります。
いつ、どこに出るかわからない。
自分にかもしれないし、自分の周りかもしれない。


私にも何度も起きました。
その時はとても辛いです。
何も知らない方が良かった!がんばらなきゃ良かった!と思えるほどです。

 

ただ、そのあとは。
空の色が変わります。
スコーーーーン!という突き抜けたような空の色になります。

台風一過の空の色です。
ただただ辛いのと、噴き出しで辛いのは、
”質”が違うのですぐわかると思います。

(あっ、真っ只中にいるとわからないか^^;でも、後でちゃんとわかります)

 

もし神社仏閣にお参りに行った後に

踏ん張らなくちゃいけないことが起こったら・・
本気の神仏が大きな愛で味方してくれてる!と思えば
なんだかがんばれそうな気がしませんか?

 

「噴き出し」は誰にでも起こります。

大事なのは噴き出しそのものよりも、それに気づけるかどうか。

気付けば誰にでも乗り越えられる!

と、思いながら私も日々を過ごしています。^^

カテゴリ:ココロとアタマ | 11:32 | - | - | - |
<< | 2/9PAGES | >>