子供の頃に『君たちはどう生きるか』を読んだ人はどう生きてますか?

ずっと気になってた本!
やっと店頭に並ぶようになったので購入しました!
『漫画 君たちはどう生きるか』

 

漫画 君たちはどう生きるか [ 吉野源三郎 ]

価格:1,404円
(2017/11/24 10:36時点)

原作は1937年に出版された児童小説です。

(以下、出版社の説明より引用)
————————————————————————————————
勇気、いじめ、貧困、格差、教養、、、
昔も今も変わらない人生のテーマに
真摯に向き合う主人公のコペル君と叔父さん。
二人の姿勢には、生き方の指針となる言葉が
数多く示されています。
————————————————————————————————

 

まず、ズガーンときたのは、
友人を裏切ってしまい後悔の波に押しつぶされそうになっている
コペル君に宛てた叔父さんからの手紙です。

 

 

(本文より引用)--------------------


いま君は、大きな苦しみを感じている。
なぜそれほど苦しまなければならないのか。
それはね、コペル君。
君が正しい道に向かおうとしているからなんだ。

 

(本文より引用ここまで)--------------------

 

なんて優しい言葉なんだろう!

そしてノートにはこのような一文。

 

(本文より引用)--------------------
 

人間が本来、人間同志調和して生きてゆくべきものでないならば、

どうして人間は自分たちの不調和を苦しいものと感じることができよう。
(中略)
誰だって自分の才能をのばし、その才能に応じて働いてゆけるのが本当なのに、
そうでない場合があるから、人間はそれを苦しいと感じ、やり切れなく思うのだ。

 

人間が、こういう不幸を感じたり、こういう苦痛を覚えたりするということは、
人間がもともと、憎み合ったり敵対しあったりすべきものではないからだ。

また元来、もって生まれた才能を自由にのばしてゆけなくてはウソだからだ。

 

(本文より引用ここまで)--------------------


さらにこちら。
コペル君が、「集団心理の怖さ」に気づくシーン。

 


戦前にこれを書かれたなんて。
原作者の吉野源三郎氏は本当に素晴らしいと思うのだけども、
当時の問題と、今の問題、あまり変わっていないのですね(><;)
もう80年も経ってます。
子供の頃に『君たちはどう生きるか』を読んで感銘を受けた!という人で、

お子さんを育てられた人、

人の上に立つ、人を導く立場になった人もたくさんいらっしゃると思います。
どのように生きてこられましたでしょうか。

 

これを読み終えて
そうか、今、この時期に、急いでこの本を出版する必要があったんだ、
と思いました。

同じ日に小説版も出版されています。

 

君たちはどう生きるか [ 吉野源三郎 ]

価格:1,404円
(2017/11/24 11:21時点)

本当に、素晴らしい本です。

今、この本を読むことができて良かった。

こういう考えの大人が存在し、

作品として世に残していたということがとてもとても嬉しいです。

ありがとう!出版社!

私もかっこいい大人になれるよう、日々精進です。

 

実は、最初に驚いたのはですね・・、
やらしいですが、正直に言いますと^^;
本の紙の薄さです。
絵柄も含めてあえてレトロな感じにしてるのか、
出版業界の事情なのでしょうか?
それにしても内容と反比例してるように感じました。
なんでもう少しいい紙に印刷しないのだろう?
学校図書館においてもらいたいのですが、この紙の薄さはちょっと心配なんですよね・・。( ´Д`)

 

叔父さんからのノートの部分も漫画にすれば、本が苦手な小学生でもよめたのにと
少々残念な気持ちと、
原作を読んでない私には漫画の内容と
叔父さんの文章が少し噛み合ってないように思えました。

 

完全漫画版にして、もう少し良い紙での印刷を求む!

(他の出版社がやりそー^^;)


マガジンハウス『漫画 君たちはどう生きるか』特設サイト


仕掛け人に聞く『漫画 君たちはどう生きるか』大ヒットへの道のり

 

宮崎駿監督の新作は『君たちはどう生きるか』 「その本が主人公にとって大きな意味を持つ」

 

 

カテゴリ:この本、読んでみて! | 12:36 | - | - | - |
絵本『「おに」と名づけられた、ぼく』を読んで正直な感想

図書館で偶然手にした絵本です。

「おに」と名づけられた、ぼく/木根尚登/寺井広樹/もずねこ【1000円以上送料無料】

価格:1,620円
(2017/10/27 10:02時点)

1回読んで、切ない話だなあ・・と思いました。
2回目、なんだかモヤモヤしました。
3回目・・怒りが湧いてきました。

さらに、なんか変なスイッチが入りましたので、
思ったことを(オブラートに包まずに)正直に書きます。

 

主人公の男の子は「おに」と言う名前です。
この名前のせいでいじめにあっています。
(なので、最初はキラキラネームへの警告?と思いました)


ネタバレになりますが、
自分の名前が「おに」と名づけられた理由、
本当に望まれて愛されて生まれてきたことを知り、
少し強くなったおに君でした。
という話なのですが、

 

名付けたお父さん、
あんたが鬼じゃ!
自分もいじめにあったから、息子に強くなって欲しかった?
子供がいじめにあうことを見越してその名前をつけましたよね?
自分の名前を「おに」に改名すればいいじゃん!


自分のエゴを子供に押し付けるな!

 

つーか、お父さん回想シーンにしか出てこないじゃん、
責任取らずにどこ行った??

 

優しいお母さん、
あんたも鬼じゃ!
弁当に「あなたの味方よ」と書くくらいなら
なぜ学校を休ませないの!?


あんたのエゴ丸出しの自己陶酔の優しさが、
子供を傷つけてることに気づかないの?

 

小学生の男の子が自殺を考えるなんて
異常事態ですよ!
(いじめのせいじゃなくてお母さんのせいですよね?みなさん気づきましたか??)

 

おに君は自分の名前が好きになり、少し強くなったけど、いじめは終わらないようです。

結局、周りを変えることはできない、自分が変わるしかない。
このへんはリアルだなって思います。


一体この本は、どう言う気持ちで読めばいいんだろう???と思って調べたら、
どうやら『いじめ撲滅』をテーマに書かれたらしい。
いや、わかる。わかるけども。
”いい話”にしようとしてるし、
そう読む人もいると思う。

 

しかし、私には、親のエゴが招いた惨劇に思える。

 

こんなにやっちゃダメ、ダメ、って言われてるのにいじめがなくならないのは


いじめ加害者にいじめの自覚がないからです。

この両親が、まさにそうなんだと思います。

 

歪んだ価値観で子供の名付けをしていまい、
いじめの連鎖を生み出したのです。

 

・・いじめの話って、やっぱり冷静になれないわー(*´Д`)

 

すいません、いろいろ書いちゃいましたが^^;
いろんな解釈ができるという点で、話し合うには良い本だと思います。
文を書かれたのは木根さん(元TMネットワーク)だそうで、
このあとがきの体験談がとても良かったです。
このあとがきを絵本にしても良かったんじゃないのかな?と思いました。

 

カテゴリ:この本、読んでみて! | 10:23 | - | - | - |
まさに究極の『手放し系』!般若心経

この1年、いろんな本を読みました。
(落ち着いて本を読む、ということができるようになったのはほんとにここ1年のこと!
子供が小さいうちはなかなか難しいですよねー^^;;)

 

『受け入れる』『手放す』以外やることない、と書いたのですが、

(その記事はこちら↓)

自分を変えるためにやることは2つしかない!Σ(゚д゚ )(2017.06.29)

 

その中で、究極の手放し法、といえるのは
これなんじゃないかと思いました。
『般若心経』です。

 

知識ゼロからの般若心経入門 [ ひろさちや ]

価格:1,404円
(2017/9/4 17:56時点)

いろんな現代語訳、解釈がありますが、
宗教評論家のひろさちや氏の訳がとてもわかりやすいです。
しかも、『手放しレベル』がハンパない!
他のどんな訳よりも一番手放しちゃってるのではないでしょうか (*´ω`*)

 

般若心経とは、
ざっくり言うと、
釈迦の弟子で優等生のシャーリプトラ氏(舎利子)への
アドバイス…って解釈であってますか?(^^;)

ひろさちや氏の訳では、

 

いろいろ悩みとかあるよね、人間だもの。
でも、実はそれ、全部マボロシ〜!
悩みを消そうとかしてめっちゃ小難しいこと勉強してるけど、
それ、意味ないから。だってそれもマボロシだから。
悟っても悟らなくても、どっちでもいいじゃん。
菩薩さまがいっぱい考えて、ついに苦悩から脱出したパーフェクトな智慧があるから、
このおまじないを唱えて、
あとはほとけさまに丸投げしちゃいなよ!

 

というスタンス!
(あっ、このチャラい言い回しは意訳です。
相変わらず罰当たりなワタクシ( ̄∇ ̄;))

 

もしかしたら
悟ろう!真理を得よう!と、
勉強ばっかりして知識で頭でっかちになっている人たちに、
もっと肩の力を抜きなよ、
って諭したのかもしれませんね。

 

私は、ある時期から『自分の運命は自分で切り開く!』という考えでした。
実在するかどうかわからない神様仏様に全てまかせる、
というのは逃げのように感じていたので
(見えない世界を信じてるくせに、こういうところがガンコなのよ^^;;)
ちょっと抵抗があったのです。

 

でも確かに、
苦しみや悩みがある時ってエネルギーが落ちてるから、
自分でどうしよう〜〜って考えたとしても
ぐーるぐーるおんなじ思考が回るだけですよね。

 

どんなに『知識』でなんとかしようとしても、
入ってくる情報がひっくいレベルで(自分と同じレベルのものしか入らないから)
目先の対処しかできなかったり、
そもそも、せっかくいい情報を聞いても受け入れなかったりして^^;

 

苦しみから逃れようとして苦しむなんて、本末転倒。

 

そうなると、どうせ自分では解決できないんだから、
ほとけさまに丸投げもアリだなあ…。

 

本当に仏様が存在するのかどうかはわからないし、どちらでもいいのかもしれないけど、
むかし、この『般若心経』を作った人がいて、
多くの人の心を穏やかにしてるってことは確かです。
だとしたら、その作者に敬意を表し、真言を唱える
というのも良いかもしれませんね^^

 

<真言>メモっとこう。
(その他の文は前説なので、コレだけ唱えれば良いという解釈もあるそうです。)


ぎゃてい ぎゃてい
はらぎゃてい
はらそうぎゃてい
ぼじそわか

 

↑この部分のひろさちや氏の訳文はぜひ本でお確かめ下さい。
(著作権考慮)
すてきなアファメーションになってます(*´v`)

カテゴリ:この本、読んでみて! | 20:16 | - | - | - |
危険思想で死罪??(@@;)『崇高なるソクラテスの死』

『哲学用語図鑑』を読んで、
ソクラテスにビビビときたので勢いで注文しました。

 

『崇高なるソクラテスの死』

崇高なるソクラテスの死

価格:1,296円
(2017/8/18 20:06時点)

普通の絵本のつもりで注文したのですが、

サイズがコンパクトで読み聞かせには内容が高度すぎる本でした^^;;

大人向け絵本ですね。

 

ソクラテスは、『無知の知』や、『ただ生きるのではなく善く生きる』など
素晴らしい言葉を残した人ですが
危険思想と判断されて(余計なこと言って陪審員に嫌われた、という感じ??^^;;)死罪になったと。
弟子たちは国外逃亡を勧めましたが、
たとえ無実であっても自分は脱獄という不正を行わない、
『悪法もまた法なり』と、死刑を受け入れたそうです。

 

なんかかっこよくないですか?(*゚∀゚)=3

 

それにしてもソクラテス氏は幸せだなあと思いました。
多くの弟子や友人、家族が集まって嘆いてくれたんだもの。
自分の思想を理解してくれる人たちがたくさんいたんだもの。
(騒いでうるさいからって奥さんたちをおっぱらったようですが^^;;;)


ここが孤独に亡くなったニーチェとの大きな違いなのかも…(´;ω;`)
ひとの人生を比べるなんて失礼なのかもしれませんが。

(多分、両人とも変人だったでしょう。

時代背景が変人を受け入れていたかどうかも関係してるかも。)

↑また究極失礼なことを…ヽ(≧∀≦;;)

 

ちなみに、

この本は『哲学用語図鑑』の著者、田中正人さんがブックデザインをしたそうです。

 

哲学用語図鑑 [ 田中正人 ]

価格:1,944円
(2017/8/16 09:39時点)
感想(14件)

そうなんです、『哲学用語図鑑』はデザイナーさんが書かれているので
ここまでわかりやすいんですね!
やっぱり情報を易しく伝達する者は世界を制すヾ(´ε`*)ゝ
※デザインの語源は、『計画を記号に表す』というラテン語です。

カテゴリ:この本、読んでみて! | 20:08 | - | - | - |
やっぱり哲学って面白いヽ(≧∀≦)ノ『哲学用語図鑑』

昨年の昨日(終戦記念日)の日記を見たら
「ニーチェに感銘を受けた」と書いてあって
そうか、あれから一年…と思いを馳せておりました。


今までの人生で何度も『パラダイムシフト』が起きましたが
一年前のシフトはでかかったな〜。
『ニーチェ前・ニーチェ後』というくらい、自分の人生に影響を与えてくれました。

 

そして1年後の私^^
この本を読みました。

哲学用語図鑑 [ 田中正人 ]

価格:1,944円
(2017/8/16 09:39時点)
感想(14件)

めっちゃおもしろいです!
古代の哲学から現代の哲学まで、
時代順に哲学の変遷を追っていくことができます。

 

小難しい哲学用語を
イラストを中心にわかりやすく解説してくれているので、
哲学(の歴史)初心者の私にぴったりです〜〜♪

 

しかも、その思想が生まれた時代背景も含めて
何から影響を受けたものなのか、
その思想とは反対の思想、覆そうとする思想、
その哲学者の性格的なものまで(笑)
懇切丁寧に書かれています。

 

こうして哲学の変遷をみていくと、
なるほど確かに、
その人が生きていた『時代背景』というのはずいぶん重要なんだな、
と思いました。
人々の意識が偏りそうになると
それを覆そうとする思想がちゃんと出現するのが面白いです。

 

古代から現代まで、共通してるのは
『神、または何らかの絶対的な存在』を
思想に含めるか含めないか?
というところで大きく分かれてる気がします。

確かに、『絶対的な存在』があると、
「だってそうだもの。」で帰結してしまうので(´ε`*)
ほんとにほんとに考えるのが好きなら、
「絶対的な存在はない、という前提で」考えたほうが
チャレンジしがいがありますよねー。

 

人間って本当に面白い。
同じような脳を持ってるのに、
こんなに人それぞれに、考えることができるんですよね。

 

ただ、この本に載っているのは有名な人や哲学を生業にしている人たち。
実際には、普通の会社員さんとかスーパーのレジのパートさんのほうが
革新的で真理に近い哲学を持ってるかもしれません。
哲学は、日常を生きるために応用されてこそ、

というのが私の哲学です(*´v`)

 

カテゴリ:この本、読んでみて! | 11:04 | - | - | - |
スティーブ・ジョブズ・・・ほんとうにすごいのは・・・

とうとう完結・・(´;ω;`)
最後がわかってるだけに、
なんだか神妙な気持ちでじっくり読みました。

 

スティーブ・ジョブズ(6)<完> (KCデラックス Kiss) [ ヤマザキ マリ ]

 

2013年11月頃から、
スティーブ・ジョブズ氏に関する不思議なシンクロが続き、
(そのことは少し2014年1月頃の記事にも書いていたので
興味のある方は見てみてください。
この頃は調子乗ってるので( ̄∇ ̄;)
生あったか〜〜い気持ちでどうぞ。)
その後の自分の実体験も含め、
一連の『ジョブズにまつわる流れ』から、
学習したことがあります。

 

スティーブ・ジョブズ氏は、
美的センスと究極のこだわりを持ったすごい人であることは確かなんですが、
それ以上にすごい人たちがいることに気づきました。

 

それは、


ジョブズ氏のまわりにいた、
ジョブズ氏に関わっていた人たちです。
本当にすごいのは、彼らだと思います。

 

何かを成し遂げるのに一人ではできません。
支えてくれる人、応援してくれる人がいてこそ実現できる。
誰も相手にしなければ、どんなに天才でも
ただの変人ですよね( ̄∇ ̄;)

 

変人を相手にする、って
大変なことですよ。

世の中は目立った人ばかりに注目しがちですが、
その陰で支えた人々、脱落した人も含めて(^^;;)
みんなそれぞれ素晴らしいと思います。

 

最初のシンクロから、

「何事もチャレンジ」のような意味で受け取っていましたが、

4年がかりで出た私なりの結論は

 

『当たり前と思うな。陰で支えてくれる人に気づき、感謝なさい。』

 

でした。

 

そうそう、感謝って大事だよねー、なんて耳タコくらいに言われてますが

それよりもっと深く深く、気づきと感謝が必要だと思いました。

 

★この『スティーブ・ジョブズ』完結巻の最後のジョブズ氏のセリフ。

やっぱりジョブズ氏は5次元で仕事してるんだろうな、

なーんて思わせてくれました(*´v`)

 

変人は変人に耐えられるのか(2015.04.28)

 

<発達障害?大人の「変わり者」その7>心穏やかに生きるために(2016.04.27)

カテゴリ:この本、読んでみて! | 18:02 | - | - | - |
日野原重明先生の絵本『いのちのおはなし』いのちは時間

いま、とてもとても驚いています。

今朝、いろんな偶然で、
初めてこの絵本を読みました。

8時45分頃です。


小学4年生にむけた『いのちの授業』を
絵本にした作品です。

 

いのちのおはなし [ 日野原重明 ]

価格:1,404円
(2017/7/18 10:45時点)
感想(48件)


そして、帰宅してまた偶然にもネットニュースで
(普段ネットニュース見ないのに)
作者の日野原重明先生が今朝亡くなったことを知りました。
6時33分、105歳だそうです。

 

絵本の中で、日野原先生は

「いのちは時間です」

と、聴診器と黒板を使いながら
わかりやすく優しく説明をしていました。


先生のいのちの中の、45分を使った授業です。

 

ずっと前にどこかで聞いた話ですが
宇宙で一番罪なことは何か。
何だと思いますか?

 

人の時間を奪うこと

 

だそうです。

 

時間を奪うとは何か。

時間を与えるとは何か。

 

私もまた考えていきます。


ご冥福をお祈り致します。

 

カテゴリ:この本、読んでみて! | 11:18 | - | - | - |
片付けマンガおすすめ2冊!大人女子&小学生男子

片付け好きですか?
私は苦手です( ̄∇ ̄;)

 

以前、友人から
大人気片付けコンサルタントこんまりさんの著書
『人生がときめく片付けの魔法』をお勧めされて
目からウロコビームでした。

 

片付けが苦手なのは、

片付けを教わってないからだそうです。

 

シンプルですが、当たり前ですよね。


私のだらしなさが原因じゃないのよね。
(…それも少しあるけれども( ̄∇ ̄;))


この著書のマンガバージョンが出ましたので
早速購入しました!


『マンガで読む 人生がときめく片付けの魔法』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マンガで読む人生がときめく片づけの魔法 [ 近藤麻理恵 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/27時点)

 

29歳OLの千秋さんは仕事ができてオシャレな女性ですが、家の中では片付けられない女。
そんな彼女を、こんまりさんが片付け指導していくというお話。

 


片付け方のテクニックはもちろん、
「なぜ片付けるのか?」という心のあり方も
マンガならではでわかりやすいです。

 

 

小学生(特に男子)におすすめなのはこちら!


学校では教えてくれない大切なこと1
『整理整頓』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

整理整頓 [ 入江久絵 ]
価格:918円(税込、送料無料) (2017/2/27時点)


これ、何が優れてるのかというと、
マンガとして面白いところです。
(つっても好みがありますので、コロコロコミックとか読んでる世代ならオッケーかと。)
学習マンガって、めっちゃ説教臭いやつとか全然笑えないのが多いんですが、
そもそも片付け苦手な小学生が笑えないマンガを手に取りますか??( ̄∇ ̄;)

 

 

もちろん笑えるだけじゃなくて、
整理整頓のやり方がかなり細かく書いてあり、
例えば服のたたみ方、机の拭き方なども絵で丁寧に教えてくれています。

 

この本があまりに良かったので
同シリーズを何冊か購入したのですが、
……正直言って微妙でした( ̄∇ ̄;)

大人が書いた子供向け、っていうのはほんとに難しいと思うのですが
とにかくこの『整理整頓』はおすすめです。

 

実際に片付くかは行動しないとダメですが( ̄∇ ̄;)


こちらも読んでね♪

お掃除とフリーエネルギーの関係(2014.05.13)

カテゴリ:この本、読んでみて! | 15:08 | - | - | - |
ラスト3ページ、衝撃の結末!!『ツァラトゥストラかく語りき』

※もし私が本の帯コピーを書くとしたら、こう書いて煽ります∵ゞ(≧ε≦o)

 

ニーチェが人生のどん底の時期に書いたと言われる
『ツァラトゥストラかく語りき』(佐々木中:訳)を読了しました。

 

この物語はツァラトストラという元学者が
世の中のいろんなことがイヤになって世捨て人になって、
洞窟の前でぼーっとしていた話、
つまり、全編が妄想。


と受け取れないこともない。
(あっ、これは私独自の解釈です、怒られそう…(≧∀≦;;))

 

書かれていることはかなりシニカルで、
ツァラトストラは洞察の深い賢い人なのかもしれないけど
(世間一般的で言うところの)人格者ではないですよね。
結構むちゃくちゃしてますし、かなりマイペース。

 

読み終えた後に、
こう…じわじわとしてくるというか。
自分の経験と照らし合わせてこれはこういうことだよね、なるほど。
と思った後に、いやまて!
自分が理解しているより深い、さらに深いことがあるよね!?
私って(体験で得る気づきの)読みが浅かったのね〜!と反省すること多数ですヽ(;▽;)ノ

 

全てを理解したわけではないし、納得できてない部分もありますが、
ニーチェ哲学は究極のリアルで、
『思い込み』に支配された現実世界が
逆にファンタジーとも思えてくる。
不思議な感覚です。

 

この本をどう読むかは読む人の解釈によると思いますが、

私は辛い時期にニーチェ哲学を知って、
結果的に肩の荷が降りました。

 

今の私の年齢は、ニーチェが精神崩壊して入院、
自宅療養していた頃、と考えると複雑な気持ちですがヽ(;▽;)ノ

 

自ら『ニヒリズム』『ルサンチマン』に苦しみ、
それに自ら気付き、
自らそれを克服しようと
認められなくても孤独でも本を書き続けたニーチェ。
その強さを尊敬します。

 

・・・

ツァラトゥストラの言う『超人』とは違う気もしますが

『2001年宇宙の旅』も『超越者』を作り出す話でしたね。

 

交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」↓

 

カテゴリ:この本、読んでみて! | 11:55 | - | - | - |
『3月のライオン』島田八段のパラレルワールド

本というのはありがたい。
何気なく手にとったものが今の指針、
というバロメーターになるみたい。
自己啓発本やハウツー本など
お役に立てます!的じゃなく、
気軽に読めるもののほうが
実際には役に立つ場合も多いんですよね。

 

そんなわけで、
『3月のライオン』です。

NHKでアニメも放映中です。

 

先日セロリちゃんの誕生日で、
『3月のライオン』のコミックスが欲しいとのことで
1~5巻までをプレゼントしました。

 

私も読んでみたんですが、
いやはやこの本すごい!
将棋一切知らないのに面白い!

 

中でも4巻に出てくる
島田八段のエピソードを読んで号泣してしまいました。

 

島田八段は、宗谷名人との2日目の対局を控えた夜
「プロ棋士になれなかった自分」を夢で見ます。
がんばったけど夢やぶれて田舎に戻り、
奥さん子供もいて、
とても幸せに暮らしている夢でした。

 

しかし目が覚めた時には。

薄暗い部屋に独り…。

 

って、これを書きながらも涙がとまりまへん(´;ω;`)
またこの島田八段がめちゃめちゃいい人なのよ。

 

島田八段は夢の中でおじいちゃんに
「幸せなんてなあ
実はどこにいたって探せるものなんだ
ただ
精一杯生きてりゃそれでええだ…」
と言われます。

 

島田八段は、
その夢に思いを巡らすこともなく、
すぐに宗谷名人との対局に闘志を燃やします。
たとえ勝てる見込みがなくても
挑み続けなくてはいけない…。
自ら「勝負の世界」を選択したのだから。

 

生温い平和主義の自分が恥ずかし…(´;ω;`)
どんな仕事でも競争はあるわけだし、
勝たなくては(選ばれなくては)仕事を続けていかれない。
それは受け入れていかなきゃですね。

 

私にはくり返し見る夢があって、
いつも最後に
「あれ??私は勇気を出して選択したはずなのに。

戻ってる、なんで??どうしよう…。」
と気付いたところで目が覚めて、
良かった…夢だった…。
と思うのです。

 

現実に大きな分岐ではあったので、
どこかで根強くパラレルワールド(別の人生)として存在しているんだろうなと思います。
(良かった…「君の名は。」のおかげでパラレルワールドが浸透したんじゃないかしら。
見てないけどゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ)


あっちはあっちでそれなりに幸せに暮らしてるのかもしれないけど
うーん…やっぱり戻りたくはないなあ…。

 

どのパラレルワールドを生きようが、
(どんな人生を選択しようが)
本人次第でそれなりに幸せに生きられるものなのでしょう。
今いる世界で精一杯生きればいいよね。


ちなみにセロリちゃんは「ニャー将棋」が好きで
欲しがったみたいです。
うち、誰も将棋できないんだけどヾ(´ε`*)ゝ
セロリちゃん将棋憶えて教えてくれないかな。

 

 

 

カテゴリ:この本、読んでみて! | 11:14 | - | - | - |
<< | 2/6PAGES | >>