<< 『大丈夫』の意味〜子育ての想い出〜 | main | 『死にたい』気持ちの正体 >>
『心配』の正体

ずっと前の話。
あんまり詳しくは書けないので(笑)要点だけ書きます。

 

 

『心配』の正体を見ました。

 

心配の正体

 

白いケムリみたいで、ふわふわと漂ってる。
(いわゆるオバケとかじゃなくて、エネルギー体だと思います。
子供の時にそういうの見たよ!って人は結構いるんじゃないかな?)

 

「しんぱいだーしんぱいだー」って言ってるだけで、
(言ってる、っていうのも変だな^^;;)

 

何も考えてない、というよりも
思考も、感情も何もない。

 

ただただ、”想念”のかたまりのようです。


それに気づいて、

 

なるほど・・・


”やたらに心配する人”っていうのは、

こういうのがべったりくっついてるってことなんだな。


とわかりました。

 

なんとかしたい、とか、救われたい、なんて
思わないはずだよね・・。
思考がないんだから。


「救われたい」は尊い気持ち(2019.06.02)

 

 

何か原因があって心配する、ってのは普通のことだけど、

 

”ただただ、心配したい”だけ・・

 

そして
人間の脳は、理由をつけたがる。

 

まず心配して、その理由を探し出す。

 

こんなヘンテコなものがくっついてたら、
そりゃそうなりますよね^^;;

 


人はなぜ、悩むのか・・阿修羅王が答えます(2018.10.15)

 


もし「ネガティブな現実歪曲」の人なら、何も問題のないところに
わざわざ心配のタネを生み出してしまうかもしれない。
だって、とにかく”心配したい”んだから。

 


これってなんだかウィルスみたいだなー・・

 


まあ信じるか信じないかはあなた次第の世界なのですが、


なんでか知らんけどすぐに心配になりがちの人は、
こういうヘンテコなケムリがくっついてる、

ってことを念頭に入れておくと良いと思います。


(実はこの話と先日の少々ネガティブなお話は、次に書くお話のフラグになっております。
とはいえ、私のことですのでまたビビって消すかもしれません^^;)


心配(2018.02.23)

 

カテゴリ:ココロとアタマ | 15:43 | - | - | - |