<< トマトくん語録・批判するということ | main | 慢心・邪心について >>
『無邪気な台風』に巻き込まれるのはもうやめよう^^;

少し前、うん、平成時代のお話です(笑)

 

ある仕事でいろいろありまして。

 

その頃、
やっぱり私には向いてないのかもしれない・・と凹んでいて、
最後のチャンスかも!精一杯やる!という思いで受けた仕事です。

余計に凹んでしまいました(T_T)

 

子供達に仕事のグチは言いたくはないんだけど、
彼らも私が苦労して仕上げているのを見ているので
その時はついつい言ってしまいました^^;(未熟)

 

するとトマトくんはこう言いました。

 

「お母さんは定期的にそういう人と仕事をするよね〜〜〜」

 

どきっとしました。
口にしないだけで・・しっかり見られてる^^;

 

 

以前、こちらの記事に書きましたが↓

<発達障害?大人の「変わり者」その2>どう接していくべき?(2016.04.12)

 

自分にとって
「体を壊すくらい苦手な人」というのがようやくわかったつもりでした。

しかしぜんっぜんわかってない、というか
回避できてないと気づいてしまいました(T_T)

 

 

どんな人かというと、一言で言えば『現実歪曲』

周りを曲げてまでも「自分が一番正しい」と思い込んでる人です。

 

大人の発達障害〜「自分が一番正しい」〜(2014.07.08)


そしてふと、もっといい表現を思いつきました。

 

『無邪気な台風』

 

です。

 

自分の軸がしっかりしていれば、多少の風雨でもビクともしませんよね。
でも私は長く『自分を信じきれない病』にかかっておりましたので(笑)
軸がブレッブレで、
ちょっとの風でもぐるんぐるん振り回されていたのです。

 

やばい!と気づいて台風から逃げることも覚えましたが、
無理矢理暴風雨の渦から脱出することになるので
結局心はキズキズになります。

 

できないものはできないのです!( ̄∇ ̄;)(2018.07.12)

 

 

悪い意味にとらえてほしくないんですが、
『無邪気な台風』のような人は
自然のままただただグイグイ進みたいだけで、心根はピュアなのです(多分^^;)

台風だって自然現象ですからね、

人に迷惑かけようとして動いてるわけではないですからね。

 

トマトくんの悩みとドッヂボールの法則(2018.02.08)


こういう人とうまくやっていくことが私のテーマで、
精神成長なのかとも思っていた時期もありました。
でも私にはどうあがいても無理だったのです。

 

さすがに令和になりましたし、
私もいい年齢ですし、
台風とうまくやっていく能力はない!と諦めました。
これも成長です・・^^;

(もちろんうまくやってる人もいます!

あくまで相性の問題で、私が不器用なだけです^^;;)

 

そして、
そういう環境を引き寄せてしまう自分にこそ原因がある
ってことを自覚して反省していくしかないのです。

 

★おかげさまで、今お仕事で関わってるのは穏やかな人ばかりで
とてもありがたいです^^

 

 

私も台風に巻き込まれやすい!と思った方、

見分けるポイントはこちらが参考になるかもです。

4)言動一致でないものは一切無意味。(2019.07.12)

 

探求オタクの真実への考察

カテゴリ:ココロとアタマ | 12:11 | - | - | - |