<< あいちトリエンナーレについて、アートを愛する私なりの意見 | main | あいちトリエンナーレについて、アートを愛する私なりの意見・その3 >>
あいちトリエンナーレについて、アートを愛する私なりの意見・その2

まさか時事ネタを引っ張るとは・・ブログ始めて以来初ですよ^^;;
それだけアートを愛してるんだとご理解ください。

 

前の記事はこちら↓
あいちトリエンナーレについて、アートを愛する私なりの意見(2019.09.27)

 

私は頭が硬いのか?心が狭いのか?とちょっと懸念してましたが、
先日、芸術短大時代の同級生たちと話をしていて
みんな同じ考えだったので安心しました。

 

 

●騒動の発端となった『表現の不自由展』について

 ↓↓↓

 いくら芸術は自由とはいえ、やっていいことと悪いことがある。

 やりたいならやればいい。自腹で。自分の責任で。

 

●文化庁の補助金約7800万円不交付について

 ↓↓↓

 当たり前

 

 

友人は、
「抗議やデモをしている人たちは内容をわかってやってるのかなあ?」
と言っていました。
う〜ん・・ほとんどの人は騒ぎたいだけだよねえ・・^^;;

 

 

「アートをわかってない!」と抗議する人たち、
・・そういうことを言うから理解されないんだよ・・・・と思います。

 

アートを理解する自由があるなら、
理解しない自由だってあるはずです。

 

アート全般への不理解の辛さ。私もわかりますよ・・。
だからこそ言いますが、

 

理解しろ!金よこせ!・・って・・
なんかもう、恥ずかしいです(><;;)

 

 

少し話はズレますが、
公的な補助金、当然の権利みたいに思われてるのかもしれませんが、
もらうの無茶苦茶大変なのは当たり前でしょう^^;;

 

予算は湯水のように湧いてくるわけではないのですから、
どこかが通ったら、
他のどこかが通らなくなるのです。

 

どんなに良い企画でも、企画書・申請書の書き方がへたっぴだったら通りません。
(「通りやすい上手な書き方」というか、コツみたいなものもあるよね^^;;)
今まで通ってたのに急に通らなくなることもあります。

 

小さな自治体や団体はこう思うでしょう。
100万・・いや、50万、・・せめてせめてポスター印刷代くらい補助してもらえないだろうか?
(リアルな話でごめんなさい^^;;)

 

補助金を出すなら、
才能はあるけどチャンスに恵まれない人たちや、
本当に人を喜ばせるアートを作り出せる人たちに光を当てて欲しいと思います。

 

 

何度も書いてますが、


何かトラブルが起きた時に

どう騒ぐのかでその人の本質がわかります。

 

今回の騒動で、なんだか色々わかっちゃいましたよね。

 

 

おかしな騒動ばかりが表立ってしまって
トリエンナーレの良さがすっかり埋もれてしまいましたが、

 

今までも今回も、一部の会場は
昔ながらの商店街などにアートを点在させ、
街巡りをさせる仕掛けで地域の活性化にも貢献しています。

 

アート×地域の融合で、日常の中に非日常が現れる。
こういうところが好きなんですよね^^

 

アートは笑顔であって欲しい。
私の勝手な好みではありますが、そう願います。

 

 

<あいちトリエンナーレ四間道・円頓寺会場>

あいちトリエンナーレ四間道・円頓寺会場

あいちトリエンナーレ四間道・円頓寺会場

あいちトリエンナーレ四間道・円頓寺会場

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 11:24 | - | - | - |