<< やってみる!全ては体験、そして成長 | main | 人生論・・『無知の知』を念頭に置きながらそれでもつくづく思うこと >>
栗と倫理とセロリちゃん

クリトリンリトセロリチャン

ってなんか可愛くないですか?ヽ(≧∀≦)ノ

 

 

(本題はこちらから↓)

 

この季節、あちこちで木の実類が実っていますね^^

 

近所の公共施設の梅も立派な実がなっているのですが
誰もとる気配がなくて、下にいっぱい落ちていました。
鳥たちが食べるのかもしれませんが、
それにしてももったいないなあ・・職員の人たちで分ければのになあ
と思っていました。

 

なんとなくセロリちゃんにそんな話をしましたら・・

 

「お母さんが栗を拾うのが嫌だった・・」

 

と言うのです。

 

は?Σ(゚д゚|||)

 

言われて思い出しました。

 

 

セロリちゃんが小学生のときの話です。


お迎えに行ったら学校の駐車場の栗の木の周りに実がいっぱい落ちていたので
足でイガをむいて拾いました。

 

セロリちゃんもやってごらんよ〜^^
と言ったのですが、イヤそうな顔をしていました。

口に出すことはなかったですが・・。

 

そのことだよね( ̄∇ ̄;)

 

セロリちゃんからしてみたら、
無断で学校の敷地内にあるものを持ち出すことは
倫理に反するのでしょう。

 

「そうだね、一言先生に断ってからもらっていくのが正しかったね」

 

それにしても、何年前の話だろう?
今頃でも、ちゃんとイヤだったと言ってもらえて良かったなと思います。

 

そうでないと、反道徳行為を侵す母親として
セロリちゃんの心にずっと刻まれ続けるからね(笑)

 

 

★これ、大げさな話だと思いますか?^^;

 実はとても大事なことだと私は思っています。

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 14:19 | - | - | - |