<< ギャン泣き一年生!春、学校の風物詩(書き直しました) | main | 実は、守られてる >>
「救われたい」は尊い気持ち

昨日、トマトくんとともに用事を済ませた帰り道。
あるお寺がとても賑やかでした。
市を開いているようです。

 

「・・寄る?」「いいよ」
半ば吸い寄せられるように入りました。

 

地元の有名店やこだわりのお店が出店し
紙芝居、子供向けのゲームなどもありました。

せっかくなのでトマトくんと一緒に
提灯の絵付けなどを楽しみ、買い食いを楽しみ(笑)
初めて来たお寺ですが楽しかったのでお参りをすることにしました。

 

階段を登っていくと・・
ふと

 

救われたい気持ちは
とても尊い

 

そんな想いが浮かびました。

 

ああそうなのだ。

救われたい気持ちは、
良くなりたいという意思なのだ。

 

自分の人生を、せっかく得た命を、
諦め、何もしようとせず、
なんとかしたいと言いながら何もせず、
ただただ周りに流され、周りのせいにして、
不平不満を口にしながら生きる。

 

救われることを拒否する人生は
それはそれで人生だけど・・・。


私は子供の頃から色々あり、
誰にも言わず、ただただ
「私さえガマンすればいい」と思っていました。

 

今の私は、
とてもとても「救われたい」と思っています。


子供達の代に持ち越したくないから。
その一心です。

 

今の私は、尊い。

 


ここのところモヤモヤしていましたが
気分が晴れました。

 

手を合わせてお礼をしました。
今日は本当に楽しかったです。ありがとうございます。

 

日本人で良かった(*´v`)

ここが日本で本当に良かった。

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 15:12 | - | - | - |