<< 母の器<実践編>子供を信じていますか? | main | 立春によせて・・『誠実』であること。自分の器を鍛えよう! >>
母の器<実践編>子供の失敗は親にとっても成長のチャンス!

失敗。
イヤですよね。できればしたくないですよね^^;

 

 

新しいことにチャレンジ中のトマトくん。
時々失敗してしまうらしく、よく落ち込んでいます。


「自分のペース」を保てるようになればきっとうまくいくはずなのですが
慣れるまでは大変かも。

 

とはいえ自分からやり始めたことなので
へこたれずにがんばって欲しいと思います^^

 

 

トマトくんは不器用なところがあるので
今までもたくさん失敗しています。

 

そして「失敗した」とたんに
すでに自分にバツを与えています。
いたたまれない気持ちになる、というバツです。

 

本人は「失敗による影響」を充分わかっているので、
「どうしたら良いのかわからない」のであれば、
親として、というより人生の先輩として

責めるのではなく、フォローの方法を助言します。

 

もちろん謝ったほうが良い場合は謝らせますし、
罰を与えたほうが良い時はそうします。

(ゲーム一週間禁止とか^3^

トマトくんも成長しましたので、そこまでのことはもうないですけどね。)

 

そのあとは一切そのことに触れません。
(子供から話して来た時は別。)

 

 

失敗は誰でもします。


その後にどう責任を持って立て直すか、
そこからどう学ぶかが大事です。

 

 

わたしもトマトくんに負けず劣らず不器用なので、
めっーーーーーちゃ失敗してます^^;

 

トマトくんが落ち込んで、
話ができる雰囲気であれば、

お母さんはこう立て直したとか、
なんやかんやでなんとかなった、とか、
体験談を話しています。

 

 

今となっては私の数々の失敗も
人生を押し上げるための大切な経験となっていますので
『失敗=ダメ』とは一口には言えないのです。

(人に迷惑をかけたことも含めて。もちろん申し訳なく思っていますが><)

 

 

そして、親が大人が子供に何かをやらせて
失敗した時。

 

それはほとんどの場合、

大人側の指示ミスと言えると思います。
子供が理解できるように教えていないのではないでしょうか?

 

どちらかが反省しなくてはならないとしたら
それは大人の方です。
(今世における人生の先輩ですから当然です。
年少者には優しく、って教わったでしょ?)

 

その子の個性に合わせてどう理解してもらうか。

大人の力量(器)が試されるところです。

 

私も大変苦労しましたし、今だって試行錯誤中です。

発達障がいの中学2年生にいかに教えるか(2014.06.13)

 

トマトくんの場合、
口で言うよりもビジュアルで説明した方が理解が早いので
よく絵を描いて説明しています。
セロリちゃんにも好評で、

わかりやす〜い!と褒められます^_^

 

レシピ図


 

いずれにしても、
子供が失敗した時は親子共々成長のチャンスです。


失敗した、ってことは何かにチャレンジした、ってことですから

褒めても良いくらいかもしれませんね^^

 

※言うまでもないですが、法に触れることや

 明らかに人に迷惑をかけることを前提にした行為は

 チャレンジ云々ではなく人間性の問題。

 全く別の話です。

 

 

母の器

 

母の器<その1>子育て中のお母さん必見!家庭内のエネルギー(2019.01.11)

 

母の器<その2>子供のためにエラー状態に気づこう!(2019.01.12)

 

カテゴリ:母の器 | 16:44 | comments(0) | - | - |
コメント
コメントする