<< インド医学って面白い!辛さがクセになるのど飴・コフレット | main |
暖かく見守ってくれる天使・・絵本『いつもだれかが…』

とても素敵な絵本を見つけました。


『いつもだれかが…』

===================

(出版社の内容紹介より引用)
いつもだれかが、そばにいた。あぶないときにはたすけてくれた…。
幸運だった一生をふり返る祖父と耳を傾ける孫、
二人を「見守る存在」を描き、子どもから大人まで、しみじみと心が癒される作品。
ヨーロッパ中で大きな話題を呼び、ドイツで異例の書店店頭での平積みが続いている話題の絵本。

===================

 

クスッと笑えるところもあり、

読み終えると心が切なくも暖かくなります。

 

子供の頃から危ない目に何度もあったにもかかわらず、
大きなケガもなく
戦争でも無事に生き延びたおじいさん。

 

なぜかというと・・挿絵が全てを物語っています。

 

いつもだれかが

(『いつもだれかが…』挿絵より引用)


実は、おじいさんは知らないことだけど
天使がずっと守ってくれていたのです。

 

ちょっとやんちゃだったけど
天使に気に入られるような良い人だったのでしょうね。
(お孫さんがいい子に育ってるようだから^^)

 

 

人はそんなに強くありません。
絶望的な心境になることもあるかもしれません。

 

でも、なにがあっても
いつも見えない存在が見守ってくれている。
そう思うことで、ココロに少しゆとりができると思います。

カテゴリ:この本、読んでみて! | 16:18 | - | - | - |