<< 究極のバランス・・中庸のココロ | main | 人はなぜ、悩むのか・・阿修羅王が答えます >>
お下品が大好きな子供と苦手な子供^^;

今日は小学一年生のクラスで絵本の読み聞かせをしたのですが、
お調子者の男子がずーーーっと
「ウ●コ、ウ●コ」言ってました。
「汚いこと言わないで!」「静かにして!」
と言ってくれる子もいました。
(こういうことを言ってくれるのは、当然、女子^^;)

 

絵本を選ぶときに、
「小さい子にはウ●コの話はテッパンだよね〜」
と言われる人もいるし、
「ウ●コドリル」が大ベストセラーになってもいますが、

 

うちの子たちは二人とも小さい時からそういうの苦手だし、
私自身も苦手です。

 

アイデアとしては面白いと思うのですが、
家に置いときたくないな〜・・って思ってしまうのですよね。
(ほんとはここにきちゃない単語を書き込むのもイヤなんだけど、
書かないと話が進まないので^^;)

 

 

ふと、
そういえばモーツァルトは
(小学生男子並みの)お下品なことばっかり言ったりやったりしていながらも
美しい曲をたくさん作ってるんだよね、
と思い出しました。

 

また、
『古事記』に出てくるスサノオも、
神である立場でありながら相当お下品ですよね。
(これもまさに小学生男子並み^^;)


タブーがない、
という意味で考えれば、
神レベルなのかもしれませんが、

 

やっぱりここに行き着くんじゃないでしょうか。

 

「ほんっとに男子ってバカよね〜〜〜!」

 

(愛情を込めて♡)

 


トマトくんの悩みとドッヂボールの法則(2018.02.08)


トマトくん語録〜社会人として〜(2016.04.28)

 

セロリちゃんいよいよ中学生!〜理不尽が消える日まで〜(2018.04.17)

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 11:39 | - | - | - |