<< 8月6日、平和について『パワーか、フォースか』 | main | 『未来のミライ』を観て、うちの兄妹 >>
すくい上げるエネルギーを感じる、『未来のミライ』の感想

『未来のミライ』を観てきました!

 

妹のミライちゃんが産まれ、育児に大忙しの両親。
甘えん坊の4歳の男の子、くんちゃんは
自分の居場所がなくなったように感じる日々。
「好きくないの!!」とカンシャクを起こしながら庭に出ます。
すると・・その度に、不思議な世界へ繋がります。

 

未来のミライちゃんをはじめ、様々な人との出会いを通し、
少しずつたくましくなっていくくんちゃんの成長記です。

 

 

前半、切なくて切なくて、
変なところをえぐられるというか、観ていてとても辛かったです。

 

慣れない育児と家事でてんやわんやのおとうさん、
余裕がなくて、おとうさんに冷たく、くんちゃんについ怒ってしまうおかあさん、
愛情不足ですっかりワガママになってしまったくんちゃん。

 

育児あるあるなんでしょうが、あるあるすぎて辛い(T_T;)

 

それでも、くんちゃんが異世界への冒険を始めると、
少しずつ、状況がよくなっていくのです。

 

この作品を見ていて、強烈に

 

『すくい上げたい』というエネルギー

 

を感じました。

 

この作品を作った細田守監督は、

個々人(登場人物と映画を観ている観客)が持っている

過去の引っかかりや傷のようなモヤモヤを
丸ごとすくい上げたくてこの作品を作ったのかな・・

と感じました。

 

例えばここに出てくるおとうさんは、
くんちゃんが産まれた時は育児を避け、
仕事に逃げていたそうですが
今は不器用ながらも家事育児にがんばるイクメンです。

 

おかあさんは、片付けが苦手だったのに、
(むしろ散らかすのが好きだったのに)
結婚してからは片付けできるようになったそうです。

 

ペットの犬のよっこ、
おかあさんとおばあちゃんの関係、
お父さんの子ども時代、
ひいおじいちゃん、

 

みんな何かを抱えています。
満たされない気持ち、
わかってるのに感情が先走ってできないこと、やってしまうこと。

 

下手したら傷ついたままトラウマとなって、
前に進めなくなるという未来もあったのかもしれない。

 

だけど、
みんな何かを乗り越えてきて、
今のくんちゃんとミライちゃんがいて・・
そしてこれからも、何かを乗り越えて生きて行く。

そんな印象を受けました。

 

この作品は評価が分かれるらしく、
育児経験のない人や子供には面白くないのではという評もあるようですが
うちの子供たちは素直に
「展開が不思議だった!」「面白かった!」と言っています^^

 

『未来のミライ』公式サイト

 

細田守監督メッセージ

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 20:56 | - | - | - |