<< 肉食をやめてみたらこうなった! | main | 有事が起こった時 >>
シソの香りから目醒めたその世界

少しフシギな体験をしましたのでシェアします。

 

シソと覚醒と悟り

(画像はイメージです)

 

実家の父は趣味でレンタル農園で野菜を育てておりまして
父が不在の時は私がお水をまきに行きます。

 

父は野菜、母は花を育てるのが上手なのですが
私はそういうのド下手で、サボテンも枯らすほど^^;
見る食べるが専門です。

 

ですので、最初の頃は畑に入ると
アウェー感、と言いますか、
「だれ?おまえ」「ヘタクソ!」
みたいな空気になっていたのですが
(注・私の方がビビってたからです)

 

さすがに何年も経って慣れましたので、
畑も「あ」という感じで迎えてくれるようになっています。

 

今朝も水やりに行きました。
いつも思うのですが、
小さな種がなんでこんなに大きくなるんだろう?
魔法のようだなあと
食べごろになった野菜を収穫しました。

 

帰り際、シソに気がついてハサミを入れました。

ぶわっとシソの香りがしました。

その時、


「やっとここまで来た」


という思いが湧き上がって来ました。
今までの自分を思い出し、涙も出て来ました。

 

帰りながら


「なぜ、生かしてくれるの。
人間は我欲で生き、他の生物を滅ぼしても平気でいる。
なぜ、私たちを生かしてくれるの。」


そう問いかけると、
こんな答えが返って来ました。

 

あなたがたも我々の一部だから


私は・・思わず崩折れそうになりました。

 

なんだろう、この感覚は。
言葉にできないこの感覚は。
というより言葉なんかどうでもいい。

 

でもブログにするには言葉にしなきゃいけないし
どうすれば(←この辺りが私の煩悩(≧ε≦o))

 

そして今、このブログを書きながら気づいたのですが、
シソって漢字で書くと『紫蘇』です。
でもパソコンでシソを変換すると

 

始祖

 

という漢字も出てくるのですよね。

 

今はここまで書くのに精一杯。
カーテンを洗って、
たまってる仕事をして・・
ああそうだ、図書館にも行かなきゃ。

今日も日常を生きて行きます。

カテゴリ:ココロとアタマ | 11:18 | - | - | - |