<< ”病気”のこと、ちょっと言わせてもらいたい<その3 少しの工夫で・・> | main | ”病気”のこと、ちょっと言わせてもらいたい<その5 家系で続く病気> >>
”病気”のこと、ちょっと言わせてもらいたい<その4 子供に薬を飲ませる?>

子供に薬を飲ませない親御さんが増えてきましたねー!

 

(画像はイメージです)

 

以前、こんな記事を書きました。

子供のうちから医療ミックスのススメ!西洋医学・東洋医学・振動医学(2013.02.18)

 

我が家も相変わらず
予防接種は打たせない、薬は飲ませない、
病院にほとんど連れて行かない(”診断のため”に連れて行くことはあります)

 

そんな感じで子育てをしていますが
現在、うちの子がどうなっているかと申しますと

 

ジャカジャカジャカジャカ(ドラムロール)
ジャン!おかげさまで元気です^^

 

病気にならないわけではありません。
どうしても学生は集団にいなくてはいけないですからね。
本人や家族の予防だけではどうにもならない場合もあります。

 

昨年末に息子はインフルAっぽくなったし、
1月に娘がインフルBっぽくなりました。
(っぽく、っていうのは、病院に行って診断してないからです^^;
その時に学校で流行中のウイルスの症状から、そうじゃないかなーっていう判断です。)

 

基本的に病気は「寝てれば治る」と思ってるので、
いつも通りAFAを少し多めに与え、あとはしっかり寝かせました。

 

食欲がないときは無理に食べさせません。
身体が欲してないからです。
食べ物を消化するために使う膨大なエネルギーを、
病原菌をやっつける方向に回してもらった方が良いと思ってるからです。

 

基本的に、人間には自己修復するありがたい機能が備わってるのです。

 

こう書くと、
やはり薬って良くないわよね!飲ませちゃダメよね!
と思われるかもしれませんし、私も一時期そういう考えでした。

 

今は、
どっちでもいいと考えています。

 

薬を飲ませる飲ませない。
そんなことより、もっと大事なことがあると思います。

 

病気を“特別”にしないことです。

 

ただでさえ身体がだるくて辛いのに、
学校を休んで不安になるのに、
親や周りがワイワイ騒いだり、
迷惑そうにしたり、
早く治さなきゃ!とプレッシャーをかけたり、
そんな環境で、免疫力が上がるわけがありません。

 

一番良くないのは、
親が不安そうにしていることです。

 

長い人生、数日寝込んだからってなんも変わらんでしょ
と、肝っ玉母さんよろしくでーんと構えるのがおすすめです。

 

これは、私自身が病気の苦しさ辛さをよくわかっているからです。

 

もちろん、長引くとメンタルが弱るのもわかってるので、
(男子は本当に・・弱いよね^^;)
そこはなるべく不安を取り除くように配慮します。


有効なのは情報集めです。
今現在、流行中の病気は何日くらいで完治するのか、
ということを教えてあげると少し安心するようです。
ゴールが見えるとがんばれる、ということですね^^

 

私は子供達が病気になり、克服するとこう言っています。

 

その症状をよくおぼえていて。
どうやって治っていったのか、
その感覚をよくおぼえておいて。

 

病気を克服していく体験は
貴重な財産になると思います。

 

薬に頼ると子供が「自分で治した」という感覚がなくなるので、
私は飲ませないようにしているのですが

 

それぞれに生活スタイルもありますので
誰にでもおすすめはしないです^^;
そんな母子もいるんだな、くらいに考えてくださいね。

カテゴリ:健康とわたくし | 17:07 | - | - | - |