<< 落書き | main | あと何年?ミツバチを知ることが世界を救う! >>
『この世界の片隅に』を読んで思ったこと

別の本を買うつもりで本屋へ行ったのですが
気がついたらこの本を持ってレジに向かってました(笑)

この世界の片隅に(上) (アクションコミックス) [ こうの史代 ]

価格:699円
(2018/1/19 14:35時点)

この世界の片隅に(中) (アクションコミックス) [ こうの史代 ]

価格:699円
(2018/1/19 14:36時点)

この世界の片隅に(下) (アクションコミックス) [ こうの史代 ]

価格:699円
(2018/1/19 14:37時点)

2年前に、クラウドファンディングによってアニメ映画が実現したと話題になっていたので
もちろん存在は知ってました。
戦争モノだけど、なんだかほんわかした絵だし・・と思って
予備知識なしで気軽な気持ちで読み始めましたが・・

 

ここまでがっつり戦争モノだったとは!
甘かったーーーー!
(『火垂るの墓』を直視できない人は観覧注意です(;▽;))

 

今回は、あらすじも感想も書きません。

ただ、ただ、思ったことは。

 

戦争で、または時代で、
本当に好きなこと、やりたいことができず
とてもとても悲しい思いをしたり
不条理に命を落としたりして

現在、この平和な日本に生まれ変わった人。

 

やりたいこと、
どんどんやってーーーヽ(T▽T)ノ

 

そんな気持ちになりました。

 

昨年のブログ記事、グチが多めですいませんでしたっ^^;;
心ひろーく、ひろーく、保ちたいと思いますっ!

 

豊川稲荷と私・愛の度数を上げる方法<最後に>(2017.12.27)

 

なぜ戦争をしたいのか、なぜ戦争をしたくないのか(2014.11.09)

カテゴリ:この本、読んでみて! | 16:57 | - | - | - |