<< 集団心理<その3>温度差 | main | 子供は鏡 >>
集団心理<その4>家族という集団

集団は、大きなものでいえば国家、
さらに大きければ銀河系(´ε`*)とかですが
一番ミニマムなものは『家族』ですよね。

 

うちの場合は母子家庭ですので、
すでに基本的な集団としては欠けてます。
えらそうに語ってすいません。
(メスだけで子育てする動物って多いじゃん、それそれ。←怒られそう(≧∀≦;;;))

 

親子(血縁)関係を集団と一緒にしていいのかな
と、ちらっとかすめましたが、
私は一緒だと考えています。
(『フラクタル理論』ってやつですね。)

 

以前、子育てで大事なのは、
子供を安心させることだけでは?
と書きました。

 

”安心”とは何か。マジメに考えてみた。(2016.06.14)

 

どうすれば安心するのか、
くり返しますが、その方法は『子供による』し、
親や周りとの相性もありますので
正解は1つではないはずです。

 

ちまたにあふれてる、
子供にはこうすればいいです、というアドバイス。
参考になるものもたくさんありますが、
残念ながら、

 

それは大人都合で子供をコントロールする方法じゃないですか???(((( ;゚Д゚)))

 

というのも目に入ります。
ブラック企業でもやりがいを感じます!といきがる社員にしたいのかな(;´д`)
(考え方の違いかもしれませんが…)

 

●本音を言いにくい雰囲気(さびしいって言うとわがままだと思われる、とか)
●間違ってると言えない雰囲気(お母さんは言ってることとやってることが違うけど、コワくて言えない、とか)
●疑問すら言えない雰囲気(大人は自由でよくて、ボクらはなぜダメなんだろう、とか)
ヽ(;▽;)ノ(うちは大丈夫かしらと自分を追い込み中)ヽ(;▽;)ノ

 

上記を、ご自分の所属している集団に当てはめてみて下さい。

 

『我慢』と『恐怖』を抱えた集団は、
そうしたくてそうなった、というよりは、
徐々にそうなっていくのかもしれません。
いわゆる『よかれと思って』というやつです。
だから気づきにくいと思います。

 

みんな幸せになりたいですよね。

 

おかしいことはおかしいと、
勇気を持って言える、
そんな人が集団の中に1人でもいれば、
理想論かもしれませんが、
変わっていけるんじゃないでしょうか。
崩壊か、存続か。
どちらにしても変わることは確か。

 

それができるのは、
気づいた人だけです。

 

(*補足します)
子供をコントロールする子育て。
今まではそれで通用したのかもしれませんが、
もうそれも終了じゃないかな、という気がしています。
長くなりそうなのでそのうち記事にします。

 

働くお母さんたち、大丈夫ですか?(2016.11.02)

 

いい子ちゃんほど多いと思う(;´д`)あなたのお子さんは大丈夫ですか?
【認知的不協和】あなたは洗脳していない自信はありますか?(2017.02.08)

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 13:23 | - | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 13:23 | - | - | - |