<< 集団心理<その1>引きずられる集団 | main | 集団心理<その3>温度差 >>
集団心理<その2>仲間意識

先日、ある事業者団体の会議に出席した時に
ひょんなことから
パワハラがあったとき、どうすれば?というような話が出たので
「『私はあなたの言葉でとても傷つきました』って言えばいいだけの話ですよね?
言えないからいじめにつながるんですよね?」
と言ってしまって。
なんつー冷たいヤツだと思われたかもしれないわ( ̄∇ ̄;)
その前にアドラーの話も出たので分かってもらえてるとは思うんですが、
言い方、言い方!
思いやりのある言い方、私だって"一応"女性なんだし、
もっとちゃんと大人らしくしたいわ( ̄∇ ̄;)

 


いきなり話がそれました。

 

私は独りで自由にやってるほうが好きなので
かなりナナメから見てるかもしれません。
以下はネクラの独り語りと思ってくださいね( ̄∇ ̄;)

 

自分の考えに同調してくれる仲間がいる
ってことはすごく楽しいし、安心します。
それは理解できます。

 

仲間と一緒に、
楽しければいいじゃん!
と思われるかもしれませんし、
私も、本人たちが楽しければいいと思います。

 

でもそれが歪んだ方向に行くと、


本当は間違ってることでも
仲間意識で正しいこととされる

 

ような気がするんですが。
どうでしょうか?

 

本当は反省しなくてはいけない、見直す必要がある事を
*ポジティブに(自分たちの都合の良いように)すり替える
ってことはないでしょうか?

 

さらに、
『自分たちと考えが異なる人たちを毛嫌いする』
みたいになっていくと、
エリート意識かな?選民意識かな?
そんなのが芽生えてしまったり、

 

この集団に入っていれば、安心だし守られる。
と思っていれば、
違和感があったとしても、まわりに同調するしかないですよね。
抜けて独りになるのがコワいから。

 

一番分かりやすいのは、
『派閥』かもしれません。
(政治だけじゃなくて、一般にもあるでしょ?^^;;)

 

人間は集団行動の動物ですから、
何かに所属してないと不安で不安で
生きていられなくなるのかもしれませんね。

 


(補足)
*ポジティブ
何事もいい面を見つけること、
ポジティブに物事を捉えるのは本当に大事です。
ですが、本来の問題を無視する、目をそらすためにあえて
ポジティブに考えた場合は


『恐怖心からのむりくりポジティブ』

 

なので、真逆…どころか

ヤバいんじゃないかな?(((( ;゚Д゚)))
これに気づかない状態、という意味で書きました。
(あっ『むりくりポジティブ』!自分で書いてなんなんですが、いいな、この言葉(*゚∀゚)=3)

カテゴリ:ココロとアタマ | 12:26 | - | - | - |