<< 『3月のライオン』島田八段のパラレルワールド | main | 平和的な解決法!『なだめる』能力 >>
発達障害者が能力を活かして働く取組み!

発達障害児のご家族のみなさま!
これは嬉しいニュースですヽ(´▽`)ノ

 

自閉症の人こそが、サイバーセキュリティーの危機からぼくらを救う

 

 

(以下引用)
---------------

社会には、ASD(自閉症スペクトラム障害)のある人々はスキルが限られていて一緒に働くのが難しいという偏見がある。

しかし、それがもし事実であるなら、

むしろわれわれの社会の落ち度が明らかになる。


(中略)

認知能力のある自閉症患者のうち、4分の3以上がサイバーセキュリティー関連の職業に適した素質と興味をもちあわせている。

これには、

正直でルールを遵守する性質と、分析的で細部に気を配る能力とが含まれる。

 

マイクロソフトやSAP、フレディ・マック(連邦住宅金融抵当公庫。米金融機関)など、いくつかのイノヴェイティヴな企業には、IT職やその他の職種において自閉症の人々を雇用する試験的プログラムがすでにある。

 

(中略)
既存のネットワークを活用すれば、全国に自閉症をもった成人のための就職拠点を育むことができる。

こうした拠点から、サイバーセキュリティー分野の専門技術を養成し、職場におけるソーシャルスキルと自立した生活を送るためのスキルを教えるプログラムが生まれることだろう。さらに、これらの拠点が業界とパートナーシップを組むことで、才能の“パイプライン”を開発し、企業が自閉症の従業員をまとめる方法を理解する助けとなるだろう。
---------------

 

これはアメリカのニュースなので
障がい児教育が遅れていると言われる日本ではまだまだ先の話なのかもしれません。

 

もちろん発達障害は十人十色なので
コンピューター関係以外で能力を発揮できる人も多いと思います。

 

今の企業は「障害者雇用枠」という、国が決めたことで障害者を受け入れています。
もちろんこれはこれで素晴らしい取組みではあります。

 

しかし未来には、
ぜひ我が社にきて下さい!その能力を活かして下さい!
と、あえて障害を持つ人を雇用するという形態が出来上がると良いなあと思います。


こうなることで、
発達障害者ははじめて「弱者」ではなくなるのです。


発達障害者向けの就職サイト!
ADHD当事者のコラムがとても面白いですヽ(´▽`)ノ
↓↓↓

働くチカラWEB

カテゴリ:軽度発達障がい児の母、語る | 09:32 | - | - | - |