<< 明けましておめでとうございますヽ(´▽`)ノ | main | 『ツァラトゥストラかく語りき』が届いた! >>
ファーストペンギンにも2種類いる??

「ファースト・ペンギン」というビジネス用語が流行しましたね。

 

「ファースト・ペンギン」って何? 可愛いだけじゃない!! びっくりぽんなペンギンの集団生活とは

 

今まで誰も参入しなかった分野で挑戦する
勇気ある人のことだと思って、

ポジティブなイメージでしたが、


…そんな単純じゃないかも!(@_@;)

 

「LIFE 人間が知らない生き方」

動物たちの生態から生き方を学ぶという
一風変わったビジネス書です。
マンガ+豆知識の構成なので、気軽に読めてとてもいい!
私が読み始めたら、いつのまにか子供たちが横に来て
絵本読み聞かせ状態になりました(笑)

 

実際のペンギンはもっと過酷で、
仲間に後ろから蹴られて
崖から飛び込む、ではなくて突き落とされる場合もあるんですって!

ペンギンの世界も大変ですね(;´д`)

 


で、人間の世界のファーストペンギンに思いを馳せてみました。
(私も一応、個人ですが起業してまーすヽ(;▽;)ノ)

※ファンタジーだと思って読んで下さいね♪

 

 

ぐいぐい前に出て、
「我こそはファーストペンギン!」という改革精神のある人が
飛び込んだ場合。

 

好きで飛び込んでるので、
いきなり成功する=えさにいっぱいありつける
こともあるが、

 

一見すると失敗に見えること
=シャチに噛まれて血まみれになっても
諦めずにえさを探す。

 

崖の上にいる仲間たちは、
血まみれで戦ってるペンギンを見てドン引きするが、


そのうち、
シャチたちが「こいつやべえ…」と逃げ出す。
またはシャチを手なずけてしまう。

 

こうなると、時間はずいぶんかかりましたが、
仲間のペンギンたちが次々飛び込むようになります。
(今まで無視してたヤツらが急に、いやーさすが!信じてたよ!とか
こびを売るようになったりとかww)

 


もうひとつ。
単に、自分の前に他のペンギンがいなかったパターンΣ(゚д゚|||)

 

本人に目立ちたい意識はないにも関わらず、
ファーストにならざるを得ない。
他に誰もいないなら自分がやるしかないじゃん、
という、追い込まれてしまった状況です。

 

もちろん、なりゆきとはいえ前に出たのは自分の意志でもあるから
崖の上の仲間のためにとか、
自分は期待されてるからがんばらなきゃ、とか、
なんとか自分を奮い立たせる。

 

仲間も、早く飛び込んでほしいから
なんかかんか良い事を言って、
モチベーションを上げようとする。

 

そしてビクビクしながらも
勇気を振り絞り、海に飛び込む。

 

崖の上から応援してくれたり、
ピンチになったら助けてくれる仲間がいるのなら良いが、

 

「生け贄」だもん、

成功しないと助けてはもらえない。

 

成功しても、そのとたんに足をひっぱって
えさを横取りするヤツもあらわれる。

 

 

後者のペンギンは、
本当はめっちゃビビリなんですよ(´;ω;`)

 

でも誰にもわかってもらえない。
単に「目立ちたがり」と思われることもある。


 

ファーストペンギンは、
どんな状況であれ結果はどうであれ

勇気を振り絞った貴い人です。

 

(たとえ失敗しても、「このやり方では失敗する」という前例を見せてくれたわけですから。)

 

花束を君に。(私にも♡)

 


↓3年前の記事ですがぜひ読んで下さい。いいこと書いてる…自分ヽ(;▽;)ノ

出る杭を打つ人(2014.04.14)

 

 

↓後者のファーストペンギンになってしまう人は
こういう傾向の人かもなあ…。

<発達障害?大人の「変わり者」その5>頭の中が多動?(2016.04.20)

<発達障害?大人の「変わり者」その6>共感能力スイッチオフ??(2016.04.26)

 

カテゴリ:この本、読んでみて! | 11:21 | - | - | - |