<< 冬至と方丈記と人生論と引きこもりと晩年 | main | 『ローグ・ワン』から見るAIと人間の違い >>
鴨長明「方丈記」から読み取る「孤独」

今、私が考えてることはきっと誰かも同じように考えているのだろうと思い、
ざっくりとネット内を調べたりしましたが、

 

見つからない(;´д`)ゞ

 

もちろんネット上の知識情報なんて上っ面しかないのだから
もっと深く、研究書等も探せば見つかかもしれません。

 

しかしながら、
「方丈記」=「ひとり生活を楽しく♪」と解釈してる記述が目立つのは気のせいでしょうか。
(一時的な流行なのかもしれませんが^^;)

 

私は鴨長明がどのような人物で、どのような人生を歩んできたのか
(昔の人なのだから)正確には知る由もないわけですが、
「方丈記」を読んで私が感じたことを記載します。

 

もちろん私は研究者ではないので、私の解釈が歪んでるのかもしれない。
しかし、私のような一般ピーポーが解釈することもまた真実と言えます。

 

と、いうことを念頭においていただいて(っ´∀`)っ

 

 

↓方丈記の現代語訳はこちらを参考にしました。

学ぶ・教える.com「方丈記」

 

 

(一)から(九)まで、
作られては消えていくものについて淡々と語っています。
仏教でいうところの諸行無常ですね。

 

(十)からは
権力者とそれに使える者の人間観察。

 

(十一)くらいから、
我が身のことでちょっと愚痴が出てくるわけですが
(苦労されていらっしゃるので)
いやいや、それもまた気楽で良い♪
と、自己肯定が始まり、

 

(十二)(十三)あたりは
僧らしい落ち着いた描写で


(十四)は実に楽しげで

 

(十五)でさらに静かな独り暮らしを肯定、

 

(十七)で、
ここで初めて「粗末な自分を恥ずかしいと思うが…」と、本音がちらり。
(誰かに何かを言われたんでしょうか??)
でもそれを打ち消すように説教で締めくくり。

 

最終章(十八)で、がらっと様子が変わる。(と、私は思いますが)


「権力に翻弄される愚かさについていろいろ書いてはみたが、
それって、私が貧乏だからひがんでるのか??」


と、自分のなかのコンプレックスに気付いてしまい、


「何が真理なのかわからなくなった」
「念仏を唱えてはみたが、全然心が安まらない。」


結果、
「これ以上、書けない。」

 

 

 

…どうでしょうか。

私の解釈は歪んでますか?(;´д`)ゞ

 

冒頭の「ゆく川の流れは…」は教科書にも載ってるので有名ですし、
天災の記述は歴史的資料としても貴重です。

 

でも、一番大事な部分(鴨氏が本当に言いたかったこと)は、
この最終章じゃないかと思います。

 

鴨氏が生きていた時代の宗教観は想像するしかないですが、
貴族のみなさんが良いように解釈した、
仏陀の教えからは、伝言ゲームのように
すっかり曲がった解釈で語られた宗教感だったのでしょうか。


少なくともこの時の鴨氏は
信じていた仏教では救われなくなっているよう。

 

独りで好きなようにやってるときは穏やかでいられるが、
少しでも都のことを思い出すと、
ついつい今の暮らしと比べてしまい、こころがざわついてしまう。
人間的、あまりに人間的。(*´ω`*)

 

この『方丈記』を、
ミニマリストとして暮らす孤独な老人のお気楽生活♪
という捉え方もいいんですが、

私は、

 

思った通りの人生を歩めなくて、
すんごいさびしくって、
それを認めたくなくて、
必死に冷静を装って自己肯定していた。

 

めっちゃロックな感じに読み解きました。
(やっぱり私が変なんですかね?(;´д`)ゞ)


鴨長明氏は、方丈記を書いた後、没するまで、どのような心境で毎日を過ごされたのでしょうか。
晩年に書かれた『発心集』という著書があるそうですが、
どうやら原本すべては現存しないようです(´・ω・`)

 

まあ、こうしていろいろ勝手に解釈させていただいたわけで、

「方丈記」と私の人生を重ね合わせての解釈なんですよ。結局は。

ああお恥ずかしい。ヽ(;▽;)ノ

鴨長明さま、すいません!

 

『煩悩や執着は罪』ではなく、

『煩悩や執着はないほうが楽♪』という、

『あるがまま』のこころは………

芯から理解できればずいぶん楽になるのだろうなと…

私も没するまで修行………かヽ(;▽;)ノ


冬至と方丈記と人生論と引きこもりと晩年(2016.12.23)

カテゴリ:この本、読んでみて! | 16:01 | - | - | - |