<< 「真理」をじっくり考えてみよ! | main | カラスにフンを落とされた話ヽ(;▽;)ノ >>
わたしはわたしである

今朝は都合でトマトくんを学校まで車で送って行くことになって
(電車では1時間かかるけど車では20分弱)
さらにセロリちゃんも学校まで車で送って行くことになって
(注・二人とも、怠けているわけではありません。あくまで都合)

いつもよりも少し忙しい朝でしたが、
こころ穏やかでいられるのは今の私があるからかもしれません。
こうして、子供たちと過ごしてあげられるのは今だけです。(*´ω`*)

車の中で、
ふと湧いてきました。


わたしはわたしである。

わたしはどこまでいってもわたしである。



(わたしはわたしにしかなれない。
 環境や状況や考え方を変えたとしても
 わたしはわたしの範囲内でのわたしにしかなれない。)



以前掲載したトマトくんの言葉↓

トマトくん語録〜中身はあまり変わらない〜(2016.10.19)

うまくブログで説明できないだろうか??と思っていましたが、
この言葉でぴったりくるかもヽ(´▽`)ノ


さらに、こちらも思い出して↓

トマトくん語録〜評価を気にせず楽しく暮らす〜(2013.06.16)


これをトマトくんは12歳の時に言ってるんだよね…と思うと
何度も書いてますがやっぱり「産まれながらに自らの哲学を持つ」人種はすごいな!
と思います。
(私は生きながら思い出していく人種だと思うわ^^;;)


こう書くと、
じゃあ努力してもムダってこと!?
と思われるかもしれませんが、
そういうことではなくて、

どうあがいても私は私にしかなれないし、
ダメな私、不器用な私も全て私なんだから、
そこを責める必要はなく、
私にできることを悦ぶということかな、と今の解釈です。

いろいろいろいろありすぎて、
ここ半年で自分に対して絶望した結果、ニヒリズムに陥いりました。
(そんななかでニーチェ哲学にであったので、ハマっちゃいました。
私もいろいろあるのよ〜ヽ(;▽;)ノ)


「他人」を演じながら生きること
人からどう思われるか?を基準に生きる、
それがゆがみの原因、
大事なのは「(本来の)わたし」になること、思い出すこと、
というのが
精神世界等ではよく言われてることなのですが、

現代社会は、あえて、
「わたしじゃない、他の誰か(=すごい人?)」になろうとする人も
多いかもしれないです。
いわゆる『意識高い系』ってやつ?

私もすごいことというよりは
食わず嫌いが多かったので「苦手克服」を
ポジティブにがんばってきたつもりですが、
ニヒリズムに陥ったということは、無理してたんでしょうね^^;;

体験や過程が重要なのでムダではないのですが、結果、
「自分には向いてない」ということがよくわかりました^^;;

でももういい歳だし^^;;
無理せず「わたし」になろうと思います。

カテゴリ:湧いてきた | 12:32 | - | - | - |