<< 子供たちにどう教える!?とっても大事なお金の話★ | main | トマトくんが席替えで危機に!Σ( ̄ロ ̄lll) >>
鳥の捕食と、映画「ズートピア」をみて生きるために食べることを考えてみた
「ズートピア」が異例のヒットだそうです。

私もセロリちゃんと一緒に観ましたよ(*´ω`*)
主人公のうさぎのジュディが超〜〜かわいいです♡

ズートピアは、肉食動物と草食動物が仲よく暮らす世界です。
つまり食べるために「狩り」をしなくなった世界。

映画では描かれてませんでしたが、肉食動物はいったいどんな食事をしてるのでしょう??
チーターのベンジャミンはドーナツばっかり食べてたし(笑)

話は変わって。

先日、
アパートに帰ってきたらいきなり鳥がバサバサッ!
羽根が飛び散り、ギャーギャーとすごい声。

何が起きたのか一瞬わかりませんでしたが
チョウゲンボウ(かな?)が小動物(多分、小さな鳥)を捕まえて食べようとしたところ、
5羽程のカラスがそれを横取りしようとチョウゲンボウを襲っていたようです。

まさかナショジオの自然生態映像みたいなものを間近で、しかも住宅地で見ることになるとは
本当にビックリしました。

それでふと思ったのですが、
チョウゲンポウもカラスも、生きるために肉を食べるのですよね。
彼らは雑食らしいのでまあいいとして、

チーターって、草食になれるのでしょうか。
植物性タンパク質であのなめらかなボディと駿足を維持できるのかしら。

逆に言うと、
ウサギは肉食になれるのかしら。

生命を維持するために、肉を食べる必要がある動物

生命を維持するために、肉を食べない必要がある動物


それぞれですよね。

仮に、肉食動物を排除してしまっても
草食動物が草木を食べ尽してしまう。
自然は微妙なバランスの上で成り立ってるものですよね。

自分は何が食べたいのか。

それは情報や知識じゃなくて、自分の本能が知っていて、
そしてその本能が、食物連鎖を正しく回して行く。

本能に従わない食事は、いくら「イメージの良い」ものを食べたとしても
カリカリイライラするだけで、意味がないんじゃないかなあ。

……………なんてことを思ったりしたのでした。

私も最近、
「ベジミート(大豆でできた疑似肉)」を調理して食べたりしてます。
理由は、子供たちに「えっ!?これ肉じゃないの??」と言われるのが面白いからです(*´ω`*)

それにしても、

食べ物に対して
「身体に悪いからアレ食べちゃダメ、コレ食べちゃダメ」って、
ほんとに私たちは贅沢だわ(*´Д`)


(今日の記事は(も?)一部の人から相当な反発を喰らいそうな気がしますが
私も手探りですのでなにとぞご容赦を…(><;))

(過去記事もごらん下さい)
すべての食べ物は神様からの贈りもの♡


<余談>
そういえば手塚治虫氏の「ジャングル大帝」にこんなシーンがありました。
物々交換による共存。まさにユートピアですね。

 
カテゴリ:健康とわたくし | 12:01 | - | - | - |