<< <発達障害?大人の「変わり者」その6>共感能力スイッチオフ?? | main | 本物のAFA(ブルーグリーンアルジー)について >>
<発達障害?大人の「変わり者」その7>心穏やかに生きるために
「変わり者」とどう付き合っていくか。
今の私の考えで、また変わるかもしれませんが

無理しない

これに尽きると思います(;´д`)

○○さんと付き合ってると
疲れる、振り回される、落ち込む、傷つく、

それに対して自分の受け取り方考え方を変えたり、
相手を理解しようと試みたりしてもなお、

心がざわつきっぱなし

というのであればお互いのために離れたほうが良い気がします。

そういう分離的な考えは良くない、
ある程度の我慢は必要で、
全ての人に優しく誠実に対応していくべきじゃないのか。
という意見もあると思います。

しかし、

発達障害だろうがなかろうが、
人を傷つけたり迷惑をかける行為が許されるわけはありません。

(もし障害のために許されるのであれば、それは発達障害者を人としてみていないことになります。)

関わりをもつことで身体を壊すくらい苦労するなら

自分にはその人と付き合える能力がない

ってことかもしれません。

その人には、自然に付き合える人、馬が合う、お互いに優しくできる人間が付き合うべきであって、
自分ではない、ということを理解したほうが良いかもしれません。

どんなにお世話になっていようが、
私がお世話してあげなきゃ!という使命感に燃えていようが、です。

(ですので、相手の交友関係に自分の考えだけでもの申す行為は、相手を殺すことだと思います。
交友している人の悪口を言う行為も同様です。)

誤解しないで欲しいのですが、
「相手が発達障害、またはそれに近い変人」だから、自分は対処できない。
という意味ではないのです。

「自分が発達障害、またはそれに近い変人」だから、相手に対処できない。
という場合も(発達障害を自覚していない人は特に)あり得るのです。

どちらが悪いとか、そういう話ではなく
あくまで「相性」です。


そういうふうに考えると、ですね、
逆に、人の優しさが嬉しくて、
「うわー!私、知らず知らず迷惑かけてるかもしれないのに!あなたがたは天使ですかっ!!」
と、という気持ちになれたりなんかして・*:.。. (*´ω`*).。.:*・゜

また、離れた人に対しても客観的に見られるようになりますし、
そのうち「その人と付き合える能力」が養えたときに、
新たに良い関係を築けるようになるかもしれませんよね。

前記事にも書きました通り、
私には「苦手な変人」と、「好きな変人」がいるのです(笑)

発達障害に限った話でもありませんが、
私の経験上のお話をさせていただきました。

わたくしパセリの思い込みによった、偏った考えではと考慮していただきつつ(^_^;)
参考にして頂けるところがあれば幸いです。

(おまけ)
スティーブ・ジョブズ氏、及び、名を残した変人のみなさまに関わった
まわりの人々を尊敬します・*:.。. (*´ω`*).。.:*・゜

変人は変人に耐えられるのか(2015.4.28)
カテゴリ:大人の発達障害 | 12:25 | - | - | - |