<< <発達障害?大人の「変わり者」その5>頭の中が多動? | main | <発達障害?大人の「変わり者」その7>心穏やかに生きるために >>
<発達障害?大人の「変わり者」その6>共感能力スイッチオフ??
様々な人と出会い、様々な知識や情報を知り、
自分をふくめ世の中の変人のみなさまの「この部分」、
変人代表として、自分の考えをまとめる目的で書いてみます。
(↑こういう前置きも、どうなんすか(´・ω・`))


<その4>で、共感力にも凸凹があるのでは?と書きましたが
トマトくんが発達障がい児であるとわかり、いろいろ勉強するようになってから
私自身、人の気持ちがわかっているのか??
思い込んでいるだけで、自分が思ってることと相手の気持ちは違うのでは??
と疑うようになりました。

例えば○○さんが悩みを話してきたとします。
それを私が抱え込み、結果的にアップアップになるパターン。

冷静に考えてみると、
○○さんは、困った困ったと言ってるだけで自分でやろうとしていない。
つまり、本来は○○さん本人がやらなくてはいけない課題を
「依頼」と勘違いして抱えてしまうのです。
本当は○○さんはグチを聞いてほしかった(共感してほしかった)だけなんですよね(;´д`)ゞ
(パセリさん手伝って!と言われた場合は「正式な依頼」なので別)

これはいいかっこしたいわけではなく、
「やらざるを得ない」気持ちになってしまうからです。
そんなことが、細かなことを含めるとたくさんあります。

自分の半生を振り返ると、
周りの人にかなり影響されやすいタイプでした。
単純に、ネガティブな人と一緒にいるとネガティブになるし、
ポジティブな人と一緒にいるとポジティブになります。


そして、
以下の話はあなたの知らない怪しい世界っぽいですが…^^;

自分の幼少期、
あることがありまして…本当に些細なことで、
誰かに傷つけられたということではないのですが、
そのモノが放つ「感情」というか「想い」があまりに辛すぎて、
自分のスイッチを「オフ」にしたような記憶があるのです。
(それに気付いたのは4年程前)

この記憶が正しければ、私は幼少期にすんごい共感力が高かったことになりますよね。

でも結果的に「オフ」にしたまま成長して大人になったので、
「人の気持ちが正確にわからない」ことで
まわりに迷惑をかけているかもしれません…(((( ;゚Д゚)))すいません!

「オフ」にしながらも周りからの影響(特に負の感情?)は受けやすくて困ります。
(もしかしたら「オフ」だから受けるの??と、コレを書きながら思いましたが)

で、自分の対処法。
元気な人とふれあう、哲学を学ぶ、心身健康に気を配るとかも大変有効ですが、
一番効果的な事はこれでした。


その場を離れる


例えば、

新聞を見ない、
イヤなニュースを見ない、
人を批判したり悪口を言う人とは距離を置く、
無意識にコントロールしてくる人とは距離を置く、


などなど、
関わると落ち込みそうなコトモノヒトとは離れる、というのが私にはベストでした(*´Д`)
すべては気の持ちよう…っていうのも分かるのですが、
無理なもんは無理なんですよね。

※自分が離れることで「大局的」に見ると平和になるので一石二鳥と割り切ります。
少なくとも負の感情を起こす人間が一人減るでしょ(笑)



先日、司馬遼太郎氏が著書のなかで
この国の未来に必要なのは「共感力」で、そのためにはまず「自己の確立」が必要、
と書いている、と、NHKで観た(笑)のですが、
まさしくそうだと思いました。
自分がしっかりしてさえいれば、他人に共感してもブレずに流されることはないわけですよね。

私もまだまだ未熟だわー(;´д`)


子供の頃からずっと怒られたり迷惑がられていた人は
どうしても自己肯定感を持てないまま育ってしまうことがあるかもしれません。

発達障害と言われている人の中には、
本当はエンパス(共感能力者)に近いくらい敏感なのに
生きるために、共感能力をあえて「オフ」にしてる人、いるんじゃないでしょうか。
で、まわりからはKY扱いされてるとか(^^;)
繊細な人、多いですしね。

でももうそろそろ、
「オン」しちゃう?なんてねー (๑˃̵ᴗ˂̵)و
カテゴリ:大人の発達障害 | 15:50 | - | - | - |