<< <発達障害?大人の「変わり者」その3>発達障害になりたがり? | main | <発達障害?大人の「変わり者」その5>頭の中が多動? >>
<発達障害?大人の「変わり者」その4>KYなわけじゃない?
発達障害=KY
この方程式が当たり前のようにまかり通ってますが、
私が感じる所ですが、
トマトくん(と、他の発達障害っぽい人)を見てますと、

全く空気を読まない時と

むちゃくちゃ読む時があるみたいです。


(※あくまで私が感じたことですので全ての発達障害にあてはまる特徴ではありません。)

定型発達の人は、ほどほどに空気を読む、
ということができるけど
発達障害の人は極端で、
共感能力の凸凹が激しいのではないかと。

また、最近の研究では
発達障害は共感性が乏しいという常識が徐々に覆されてきているようです。

自閉スペクトラム症がある方々による、自閉スペクトラム症がある方々に対する共感

たしかに、発達障害の研究や専門医をされている人もまた
発達障害っぽい…っていうのがうなずけます。
定型発達者には理解出来ない部分に共感できるし、
どんどん探求していく研究者肌の人も多いのでしょうね^^

よくよく考えてみたら、
自分と同じタイプの人、考え方が似てる人に共感するのは当たり前で、
考え方が違う人に共感できないのも当たり前。

定型発達の人は発達障害の人の考え方とか、

理解はできても共感できんでしょーよ ( ̄ロ ̄lll)


どっちからみてもKYってことで。
お互いさま(笑)

大事なのは、自分と異なる人種にも歩み寄る器の大きさがあるか。
ですよね〜〜〜(*´ω`*;;)
カテゴリ:大人の発達障害 | 17:57 | - | - | - |