<< <発達障害?大人の「変わり者」その2>どう接していくべき? | main | <発達障害?大人の「変わり者」その4>KYなわけじゃない? >>
<発達障害?大人の「変わり者」その3>発達障害になりたがり?
近年、ネットや書物で発達障害に関する情報が増え、
著名人や芸能人がカミングアウトしたりして
ずいぶん認知されるようにになってきましたね〜^^

ちょっと前まで「発達障害です」なんて言おうものなら
座敷牢に入れられる処遇だったのに(おおげさ∵ゞ(≧ε≦o))

発達障害児の親として、知識が広まるのはほんとに嬉しいです。

ですがですが、理解が広まってるのか?というと…
??とちょっと疑問です。

「発達障害だからできないんだよね」「発達障害だからこういうの苦手でしょ?」
という、決めつけが横行してないかとヒヤヒヤしてます。

★以前、記事にも書きましたので合わせてお読み下さい。
<軽度発達障がい児の母、語る その3>決めつけ厳禁!

さらに最近は、「自称発達障害」「発達障害になりたがり」というのも増えてるとのこと。

 自分の苦手部分を「障害のせいだから」と理由を付けたい。
 「普通」っていうのがつまらなくて、自分を特別に見てほしい願望がある。

などなど理由はさまざまだと思いますが、
自律神経失調症などの心の病気もありますし、
「生きづらさ」は、本人のせいばかりじゃなく、環境でも変わりますよね。

もしかしたら、発達障害なのはあなたの親で、あなたは定型発達(普通)かもしれません。
もしかしたら、まわりが全員発達障害で、あなただけが普通、ということもあるかもしれません。
(↑コレ冗談じゃなくて、親戚密集してる地域とかあり得るんじゃないかと思ってます^^;)


自分は対人関係のトラブルを起こしやすい、
大多数がいとも簡単にできていることが自分には努力してもできない
ということで悩んでいるなら一度「発達障害」を疑ってみるのも賛成です^^

<軽度発達障がい児の母、語る その5>もしかして自分も発達障がい?と疑ってみる

ただし「発達障害です!」と堂々と宣言できるのは、
専門医から診断を受けた人だけだということを忘れないで下さいね。


こちらはトマトくんが11歳のときのWISC-IV知能検査です。
カテゴリ:大人の発達障害 | 16:47 | - | - | - |