<< 足るを知るの功罪 | main | トマトくんの進路 >>
不思議な夢〜船とミッションの成功〜

久しぶりに、夢の中の話を書きます。


11月8日、こんな夢を見ました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


船が港に到着しました。たくさんの人が乗っています。


私は港から、ロープ?布?魚網?のようなものを使い、

船をつなぎ止めようとしてます。

誰かに頼まれたわけではなく、自然とその役割をしています。

船からその網をつなごうとしている人から、渋い顔で

「そのやり方では無理!」と言われたので、私は「(縄を送るスピードが)早い?」と聞き返しました。

でも、成功しました。


実は、この役割は大変難しいミッションで、

失敗するとまた航海に出なくてはならず、

人々は成功するまで永遠に下船することができないのです。


私は成功した事で胸がいっぱいになり、

その場で泣き崩れました。

ほとんどの人は私の手柄に気付いてないようですが、

ごくごく少数の人は(何もいいませんが)分かってくれたようです。


そして「再び」船に乗り込みましたが目がかすんで

背中から海に落ちてしまいました。

でもたくさんの花で飾られたいかだに乗り、すぐに船に戻りました。

私のミッションに気付いたらしい数人が手を貸してくれました。


人々は、行列を作り、船を降りていきます。

一部の人は、「次に乗る人のために」船内の礼拝堂のような場所に

子供たちが描いた絵をたくさん貼付けていました。


私は壁にもたれ、それをぼんやり眺めていました。

よく見ると、ぬいぐるみなど子供のおもちゃがたくさん並べられていました。


誰かに「何してるの?」と話しかけられました。

私は、もうここに来る事はないのだなと想いをはせていました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この船は、遊覧船なのか、長い航海を終えてきたのかわかりません。

(多くの人は遊覧船と思い込んでいて、私にとっては長くて辛い航海だったように思います。)

私自身も、本当にこの船に乗って旅をしていたのか、

港で幻をみていたのかわかりません。


ただ、「大切なミッションをやり遂げた」という感覚が

目覚めてからも残っていました。


あくまで夢の話です。


カテゴリ:夢の中の話 | 15:27 | - | - | - |