<< また新年度です★ | main | 母子間のテレパシーが医科学的に証明!?★マイクロキメリズム >>
<軽度発達障がい児の母、語る その21>同じ質問をくり返す

トマトくんは中学でもずっと支援学級にいるので、
クラスメイトは個性的な子が多いです(´▽`;)ノ

 

トマトくんは比較的おとなしくて周りに気をつかうタイプなので
やんちゃな子のターゲットになってしまうこともしばしば。

うちでそのような事を愚痴ることもあるのですが、
相手も障がい児なので、私にはどうすることもできません。

 

もちろん先生も指導して下さってるのですが、
相手は全く悪気はないので、改善される(ちょっかいが止む)ということはありません。


相手の親御さんもそのことは分かっていて、謝られることもあります。
変な話、その子の落ち着きがでるのを待つしかないのです。

 

「トマトくんがイヤな目にあってるのはお母さんも先生も分かってる、
トマトくんがどれだけ我慢しているかもわかってる。
だけどその子はトマトくんがどんなに嫌がっているかがわからないんだよ。
そういう子だと思って、イヤなことをされそうになったら逃げるしかないよ。」

という話をいつもしています。
(それくらいしか言えないのです^^;)

 

今日は、新一年生からずっと
「パパいる?パパいる?」と聞かれた、と言っていました。
何度「いないよ」と答えても、まだ「パパいる?パパいる?」と聞かれたそうです。
(先生ももちろん注意して下さったようですが)


トマトくんは父親がいないことを卑屈に考えてはいない(と思う^^;)のですが、
さすがにしつこく聞かれて「うざかった」そうです。

 

「分かってる答えを聞くと安心だから何度も同じ質問をするんだと思うよ。
でもあんまり質問されたくない話題だよねー。」

とトマトくんには話しました。


理由付けをすることで、少しでも割り切ってもらえたらと思うのです。
(納得なんかできないとしても。)

 

同じ質問をくり返す人というのは、結構います。成人でもいます。
トマトくんの話したタイプの他にもいろんな人がいます。
(※くり返しますが私は発達障がいの専門家ではないので、全て体験と気付きで書いてますm(_ _)m)

 

「そんな感じじゃ社会でやって行けないんじゃないの!?」
と思われるかもしれませんが、私の感じる限りでは、そんなことはないです。
すごく明るくて社交的な人もいます。
おしゃべり好きな人が多いかもしれませんね^^

 

障がいという程ではなくてそういう性格ってことかもしれませんのでその辺は曖昧ですが、
おそらく、

 

悪気なく質問をくり返す→発達障がい
悪気があって質問をくり返す→定型発達(いわゆる普通の人)

 

という感じでざっくり分類できるんじゃないかなあーと思っています。
(アルツハイマー等の病気の場合もあるかもしれませんが、
ここでは子ども〜若年層や中高年くらいの年齢層で受け取って下さい。)

 

とまあ、偉そうに書いてはいても、
私も限りなく発達障がいっぽいので無意識にやっちゃわないように本当に気をつけよう。
悪気がなくてもウザがられるのは確かなので(;´д`)ゞ

 

幸い、軽度発達障がいの場合は、
「そこまで聞くのは相手に迷惑」と分かってもらうことで学習していくこともできます。
相手にとって何が迷惑なのか、分からないだけなのです。

カテゴリ:軽度発達障がい児の母、語る | 10:09 | - | - | - |