<< いよいよ2015年! | main | タイミング >>
ゆくかわのながれはたえずして

親子3人で引越しました。

仕事場兼自宅にしたくて、両親にワガママ言って

実家から徒歩4分の賃貸に住むことになりました。

いまのところ調理はガスコンロですべてまかない、

家電は必要最小限でやってみる予定です。

まだ梱包も全てといてないので、朝のヨーグルトはお茶碗で食べてます(笑)

さあガスでご飯を炊こう!と思ったら、計量カップがなくてΣ(д|||)

実家まで急いで取りに行ったりとか。(´д)

すでにあらゆる不便さを感じながらも、

人間、無ければ無いで智恵を出してなんとかできるものだなあと実感してます。

逆に、今まで当たり前のようにあったものに対して(例えばお箸一膳にも)

ずいぶんお世話になっていたのだと感謝することができました。

また成長してるかも、私(*´v`)

引越の日、

私の頭の中はなぜかこの一節がくるくる回っていました。
 

 ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
 

 よどみに浮かぶうたかたは、
 かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。

 

 世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。
 

「方丈記」だっけ?

むかし教科書で習った気がする、古文は不得意だったんだけど。

今の私にピッタリかもって思っていました。

周りの風景を楽しみながら流れていこう。まだまだ大海へは遠いのだから。

(全文と現代語訳)

http://manapedia.jp/text/index?text_id=1993

カテゴリ:湧いてきた | 10:31 | - | - | - |