<< 加害者 | main | 『ぼくはくまのままでいたかったのに…』 >>
なぜ戦争をしたいのか、なぜ戦争をしたくないのか

小学校の文化発表会で、セロリちゃんたち3年生は

『ちいちゃんのかげおくり』という劇をしました。


↓これは町の人役のセロリちゃん^^


それを見ながらなんとなく考えた事ですが、


戦争をしたがる人としたがらない人がいるのはなぜだろう。


過去世で戦争によって儲けた人、得をした人、また、戦闘を楽しんだ人、見聞を楽しんだ人が

今世でも戦争をしたいと思い、


過去世で戦争によって悲しい辛い思いをした人は、

今世では戦争はしたくないと思う、


それだけの話なのかも。


冷静な判断で戦争に向かう人や、

目を三角にして暴力的に平和を訴える人もいるので

どちらが良い悪いではないと思ってますが…。

戦争がすべて悪だという考えもありませんが…。(表現の方法のひとつととらえているため)


個人の趣味嗜好や今までの(過去世も含め)体験によって培った考え方、

みんなそれぞれ自分なりの哲学を抱えている。

だとしたら。

戦争をしたい人、したくない人が共存するのは無理な話ではないかと思いました。


私は、

巻き込まれないように

巻き込まないように自戒しながら

自分の生きたい世界に向かおうと思います。


※輪廻転生が真理との前提でこの記事を書いています。

カテゴリ:ココロとアタマ | 17:10 | - | - | - |