<< トマトくん語録 〜スマホ〜 | main | 自分を守り大切にする『セルフディフェンス』 >>
お掃除とフリーエネルギーの関係

5日のブログで、掃除することが防災になるんじゃないかな、と書きましたが、

(なぜこの記事を書いたのかは体験からの理由がありますが、それはまたの機会に。)

まるでそれを裏付けるような!?記事を発見!

漠然としていた疑問が一気に解けました!

天下泰平

死刑の執行まで残り1時間、その時あなたは何をしますか?

すごくわかりやすいです!

(記事タイトルが過激ですが^^; 怖い内容ではないですので安心してごらん下さい。内容を読めばなぜこのタイトルかがよくわかります。)

記事中のフリーエネルギー研究の第一人者である飯島秀行先生。

すいません、初めて知ったのですが、もしかしてかなりすごい方でしょうか(^^;

わたくし、フリーエネルギーに関してものすごい勘違いしてました。

空気中や石に含まれる波動みたいなものを、石油などのかわりにエネルギーとして使うのかと思ってましたが、

そんな単純なものじゃないんですね。
 

テーブルを拭いてキレイになるのは、
エネルギーが入ったからだそうです。

つまり、エネルギーを入れる目的で掃除をするのであって、

ゴミや汚れを落とすという考えで掃除をするのではないそうです。
 

掃除をすると、スッコーンと突き抜けたような爽快感があるのはそのためなんですね。
 

ゴミやホコリがなくなってスッキリした(マイナス)、じゃなくて、

エネルギーが充満した(プラス)ってことだったんだ〜。
 

あーすっきり(笑)
 

※いらないもの=役目を終えたものと解釈して下さい。

ちなみに、実は私は『片付けられない女』の素質があります(^^;)

なのでよくわかるのですが、

『片付けられない』というのは、『想像力がない』のと一緒だと思うんです。

いまの状態から、きれいになった部屋を想像できないから片付けられないんですね。

子供のうちから汚れた部屋で暮らしていると、

きれいな状態で暮らしたことがないので、当たり前ですがきれいな部屋を想像できず、

『常に汚れてないと(モノにあふれてないと)落ち着かない』性格に…。

そうなると当然、人生にも影響してくることになります。

(汚れに囲まれている=エネルギーが低いので、低いエネルギーを持つ人や物としか出逢うことができない。by波動の法則)

先ほど「掃除をすると、スッコーンと突き抜けたような爽快感がある」と書きましたが、

実はそう思うようになったのはここ数年のことで、

それまでは半ば義務感というか、仕方なく、楽しむことなく掃除をしていました。(今もたまにそうですが^^;)
  

 

こんまりさんが「ときめき感」で掃除をすることをおすすめしてますが、

フリーエネルギーの観点から言っても、とっても理にかなったお掃除法なんですね!

エネルギーが上がれば、当然人生もプラスに変わって来ますよね。
(いつもきれい=エネルギーが高いので、高いエネルギーを持つ人や物と出逢うことができる。)
 

「最初はわからないかもしれませんが、つづけるうちにどんどんときめきの感度が上がって来ます」と言われてる通り、

「ときめき感」=エネルギーを感じることができる能力は、訓練なんですねー。

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 14:07 | - | - | - |