<< 新学期★読み聞かせ初日です♪ | main | SSS等級AFA(ブルーグリーンアルジー)はどこで購入できるの? >>
藤子・F・不二雄氏作『並平家の一日』

突然これを紹介したくなりました(笑)

1978年の作品です。



<内容>

並平家は、4人家族の平凡な家庭。

「自分たちは中流」という意識はあるものの、普通に平和に暮らしている。

しかし実は、恐ろしいまでに完璧な平均平凡家庭であった。

月収、家計、嗜好などなど、全てが日本人の平均値にぴたりとあてはまるのだ!

そこに目をつけたマーケティング会社が、並平家を密かに監視して…。


なるほど 「ミニ日本」を発見したというわけか


と、あらすじを書くと怖いですね。

短編なので、アイデアのみのお話という感じです。

(藤子F先生はこういうのが多いです。このスピード感も好きなんですよね〜。

 じっくり描く人、例えば浦沢直樹氏だったらこのアイデアだけで30巻いけますね(^▽^))


あなたのご家庭も『並平家』かもしれません(笑)

カテゴリ:この本、読んでみて! | 11:03 | - | - | - |