<< みんなで遊ぼう♪『地元ゲーム』 | main | 子供への性教育〜赤ちゃんはどうやって産まれるの?〜 >>
カレーで幸せ満腹♪

アッパークラマス湖の写真を送って下さったMさんからメールが届きました。

5日の記事(『幸福感の沸点』)を掲載した翌日、

ネットニュースにこのような記事が出ていたそうです。

 

要約して掲載します)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【新事実】幸せホルモン「セロトニン」は腸から出てることが判明! 

 

驚くべきことに、『幸せホルモン』と呼ばれる『セロトニン』の95%は、なんと『脳』ではなく『腸』から出ていることが研究によって判明した。

腸の状態が悪いとセロトニンもスムーズに分泌されない。便秘や暴飲暴食による腸の疲労状態を改善することが、幸せかどうかを感じることに大きく関係している。腸の状態が良いと腸から「セロトニンを出してくれ」と脳に指令を送るので、人間は「腸で物事を判断している」ともいえる。

 

腸は熱を持つと「セロトニンを出してくれ」と脳に伝達する仕組みが体内に備わっている。逆に腸が冷えた状態であるとセロトニンが分泌されなくなるため、「幸せじゃない」となる。
普段から温かい飲み物を飲む、身体を温める食事をすることは風邪予防など、体のコンディションを保つだけでなく精神バランスを保つためにも効果的であるのだ。

 

なお、腸からセロトニン分泌指令を出すのに最適な食品は『カレー』であることも判明した。スパイスが多く含まれ、たんぱく質、脂質、炭水化物がバランスよく摂取できるカレーは、腸を温める効果がバツグンなので「カレー食べて幸せ♪」「セロトニン分泌しよっと♪」という状態となり、腸がセロトニンをどんどん出すよう脳に指令を送るのだ。

カレーは小麦粉がふんだんに使用されている市販のカレールーを使ったものではなく、スパイスを混ぜ合わせた『インドカレー』など本格的なカレーが効果的。『薬膳カレー』と呼ばれるカレーは身体に良いだけではなく精神面にも効く万能食だったのだ。カレーは脳の活性化にもいいので、受験の日は朝カレーを食べて、試験に臨むことをおすすめする。

 

(出典)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Mさんからのメール)

ご飯(食事)が美味しいと幸せ♡ですよね。

それは気持ちも体調も充実しているからなのです。

どちらも落ちている時は、ご飯は美味しく感じられません。

ある本に、食事が「美味しい」「美味しくない」は幸せのバロメーターだと書いてありました。

 

それから布団がある幸せ♡。

こちらは、温かい布団に包まれ、身体も腸も温まってセロトニンを出し、幸せなのかもしれません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

情報ありがとうございます!

まことに偶然ながら晩ご飯カレーでした(笑)

 

そうそう、私も体調が悪いときは食事が美味しいと思えなかったです。

「美味しい」と思えるってことは、「幸せ」と同意語ってことなんですね〜(^^)

 

で、上記の記事を教えてもらって、はたと気づいたんですが、

 

アルジーのセロトニン分泌効果って、

飲んで腸内環境を良くする(体温も上げる)ことで、

『幸福物質セロトニン』を分泌してるってことですよね!?

 

…あれ?

なんかいま当たり前じゃんって声が聞こえてきた(笑)

まだまだ勉強不足だなあ(^^;)

カテゴリ:AFA(ブルーグリーンアルジー) | 13:51 | - | - | - |