<< トマトくん語録〜モノはモノ〜 | main | LOVE!文房具 >>
宇宙人が地球人を鋭く観察!『征地球論』

当ブログ『トマトくんは宇宙人』は、

諸事情により本日で閉鎖致します。
長らくご愛読ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

なんちゃって〜!
うっそぴょーん!ごめんね♥
まだまだ続けますので、どうぞよろしくお願いします。(^^)/

 

 

『ウソ』で印象深いのが、
敬愛する故藤子・F・不二雄先生の作品、

『征地球論』です。(1980年発表)

 

遥か遠くの星の宇宙人たちが『地球』を巡って議論します。
はたして地球人を滅ぼして征服するのか、

そのまま放置して自滅を待つのか…。


調査員が持ち帰った地球のデータ(地球人の生態)は、

宇宙人には理解しがたいものばかりです。


「なぜウソと分かってて小説を読むのか?」
「人間社会というものは何度かき回してもピラミッド型にまとまる傾向にあるようだ」
「平等を目指しながら、受験や宝くじでわざわざ不平等を作り出してる」

と、鋭い観察をする。


宇宙人ならではの人間観察が面白くて、苦笑しちゃいます。

 

藤子・F・不二雄先生、

偉大なる『ウソ』をありがとうございます!

カテゴリ:この本、読んでみて! | 14:59 | - | - | - |