無断転載?パクリについてもう一度考えてみよう

前回の記事の続きです。他人の作品をパクることについて。
過去記事で私の考えは全部書いていますので、お時間のある方はぜひ読んでいただけると嬉しいです。


パクリ?似てるだけ?それともシンクロ?(2017.02.11)


ネットの洗礼!パクリ?集合的無意識?アカシックレコード?(2017.05.29)

 

 

私もムカシはセロリちゃん同様、パクリに対して強烈な違和感を持っていましたが、
今は過去記事に書いた通りそれぞれの立場や考えもあると理解していますから
仕方ないのだろうと割り切っています。

 

だからといってやっていいとは一切思わないし、
金儲けしたいから、人から認められたいから、楽したいから、
という理由で人の作品をパクる人は
あ、そういう人なんだな。と思うだけです。

 

自分と他人の境界があやふやで、
他人のものを自分のものと錯覚する人もいます。

 

全てはひとつなのですよ〜と美しい言葉で都合よく、
「おまえのものはオレのもの、オレのものはオレのもの」
それジャイアンじゃんか( ̄∇ ̄;)

 

 

私も長くブログを書いているので、参考・引用した著作物に関してはとても気をつけてます。
記載の必要はありませんと書かれているもの以外は引用元・リンク元を書いています。
そのつもりですが漏れてたらどうしよ・・Σ( ̄ロ ̄lll)ちゃんと見直してみます!!
無自覚が一番怖いのです。

 

難しいな〜と思うのは、私が好んで書く”思考”や”心の話”です。

 

【日常系精神修行オタク】(笑)ですので
出会った全ての人から学びを得ており、
私は私だけで出来上がってるわけでは決してありません。
五感の大切さを教えてくれた人もいるし、謙虚さを教えてくれた人もいます。
プロの人も普通の人もいます。

 

お互いのプライバシーもありますので、どこまで書いていいのか?
迷う時もあります。


体験からの話や、体験から腑に落ちた話を書いているつもりではありますが、
そこまでに至った学びというのも重要ではあるのです。

 

 

何年か前に、以下のような会話をしたことがありました。
一緒に心身の健康について勉強していた友人たちです。


Aさん「私はいつも○○で聞いた、○○先生に教わった、と言うので
   友人から、それは必要ないんじゃない?と言われるんだけど、どう思う?」

 

Bさん「教わったことは、自分のものになった(肚に落とせた)ときに自分の言葉として話していいんじゃない?」


Aさんの謙虚さとBさんの聡明さ。
私はこの時の会話をとても大切にしています。

 

 

※じゃあ!どんどん自分のものにしていいんだ!と曲解しないでくださいね^^;;

 パクリはどこまで行ってもパクリでしかないのです。

 

カテゴリ:ココロとアタマ | 13:41 | - | - | - |
みんな大好き?陰謀論!

世の中には自分の知らないところで画策・操作されていることがあると知ったのは
1998年に出版された「戦争論」でした。

それまで、戦争=絶対悪だと思ってました。
(盲目おバカさんでしたので^^;; もちろん今でも戦争は基本的には悪だと思っています。)


とにかくビックリして、手当たり次第に知人男性たちに貸しまくりました。
なんで男性なのかというと、こういうの興味持ってくれるのは男性しかいなかったのよ^^;;

 

その後しばらくよしりん信者になり、読みまくりました。
知らないことを知るのがめっちゃ楽しかったのです。
それらの本は引っ越しなどで全部断捨離してしまったのでもう手元にないですが、

 

洗脳に気付け!

 

というメッセージは強く心に残っています。

 

 

その後、月日は流れて
陰謀論に詳しい人たちと知り合いになり、いろんな話を聞きました。
陰謀論好きな人たちの特徴としては、
話すときに「とっても楽しそう」なんですよね〜。


聞いてるこっちは、

えー!同じ人間なのになんでそんなひどいことができるの!
でもでもそう考えると辻褄があうし、納得できる!
陰謀ひどい!

って感じでした。
(今思えば「善良なおバカさん」の正しい反応ww)

 

ただそのとき、ある一人が


「こういう話がどうして表に出たのか、ということも考えないといけないんですよ」
と。

 

そうです。陰謀論を広げようとする陰謀もあるわけです。
その言葉は、

 

盲信的に何かを判断してはいけない

 

という意味で
今でもついつい偏りがちになる私の思考を軌道修正してくれています。

 

 

陰謀論、とは、
スノーデン氏とか、実際に関わってた人が暴露するケースは別として、

どっかで聞いた、誰それが言ってた、という話ばかりで
実際にそれを実行したり関わったりした人が語ってることはほとんどないですよね。

それが真実かどうか確かめもせず、広がって行きますよね。
だから陰謀”論”になるのでしょう。

 

日本に関してよく聞く陰謀論として、
「日本は実験国」ってのがあります。

 

例えば身近なところで言えば、
日本は医療大国だと言われてますが、健康大国じゃないですよね。
病院があんなに立派で、あちこちに乱立して、数百mごとにドラッグストアがあるのはどうしてだと思います?
しかもそのドラッグストアで、健康を害するような食品を平気で売ってるのはどうしてだと思います?

 

本当に国民の健康を願うのであれば、そもそも病気にならない環境を整えるはずなのですが、
どうしてそれをしないのでしょう?

 

ってね、疑問に思ったときに役に立つのが陰謀論なわけです(*´Д`)

 

 

しかし前述した通り、陰謀を広げる陰謀、

ただただ人を不安にしたり、疑心暗鬼にしたり、混乱させたり、という陰謀論もあるのです。

 

中には正しい情報もあるのでしょうが、何も考えずに鵜呑みにするのはとても危険です。
まずは、矛盾がないのか根拠があるのか、周りに流されずによく考えることが大切だと思います。

 

 

「やりすぎ都市伝説」で、たったひとつ100%真実を言ってますね。


「信じるか信じないかはあなた次第です!」

 

 

こちらもみてね↓


なぜ戦争をしたいのか、なぜ戦争をしたくないのか(2014.11.09)

 

探求オタクの真実への考察

カテゴリ:ココロとアタマ | 11:12 | - | - | - |
邪鬼退治その3〜般若心経と六根清浄の違い

余談なのですが、
改めていろいろ調べてみてビックリしました。
平安時代から、般若心経の利益で病気が治るという信仰があったらしいです(@_@;)
(Wikipediaより)

 

般若心経=抗生物質
という私の説はあながち間違いじゃないってことですね。
あっもしかしたら有名な話だったりして?世間知らずだったらすいません^^;;

 

 

前の記事はこちら

夢の中の話〜邪鬼退治〜

邪鬼退治その2〜邪鬼が耐性菌に!?

 

さて、
なぜ般若心経ではなく六根清浄なのか。

 

両方とも宇宙の真理を説いた文章です。
あくまで私の解釈ですが、なるべくわかりやすく書いてみますと・・


++++

 

【般若心経(はんにゃしんぎょう)】


苦はない、ゆえに苦になる原因もない

 

悩みなどはいつか解決できるので、
先に答えを得てしまおう。

 

邪鬼を根絶させる方法はいつか見つかる。
いつか見つかるということは、「すでに在る」ということ。

悩み苦しむ必要はない。

 

ゆえに目の前に邪鬼はいないので、何もする必要はない。

 

++++

 

【六根清浄(ろっこんしょうじょう)】


苦はあるが、とどめおかない

 

目・耳・鼻・舌・身の五感と意識は邪鬼を捉え、おぞましき姿を認識している。
だが、
心にその姿を焼き付けてはいけない。

 

邪鬼はいる。認識して、流す。

 

++++

 

このような感じではないかと。

 

般若心経は感覚の世界なので、理解できる人はすんなりできるだろうし、
ちょっと何言ってんだかという人もいるかもですが、
いずれにしても、
かなり高度なテクニックだということはわかっていただけるかと思います。

 

扱いを間違えると
「あるのに、ない、と思い込むだけ」
 =問題を見ず、全く問題がないと思い込もうとする

という状態になります。いわゆる現実逃避。お花畑です。

 

つまり、私はまだ未熟モノなので般若心経は扱えない、ってことなんですね(^^;;)


 

そこで六根清浄です。まず、五感と意識をもって

 

悪を悪としっかり認識すること

 

これが本当に大事なのです。そしてさらに大切なのは

 

悪を心に住まわせない

 

ということなんですね。

 

 

なぜ、いきなり六根清浄が出てきたのか・・

 

十数年前、とても辛くて辛くて辛かった時、
行者が修行で山登りをするときに六根清浄を唱えるという話を知り、
現代語訳を読んでとても感動したので、時々音読をしていました。
不思議と心が清々しくなるのを感じていました。

 

ずっと忘れていたのに・・思い出しました。

 

 

夢の中の自分は一瞬の判断で立ち回ってるので
かっこええなあ〜!って感心します(笑)

 

夢は夢、と片付けるのは簡単ですが、
夢のおかげで認識できることもあります。
私にとっては学びの場でもあります。

 

光がくっついてます(・・ただし条件付き)(2017.08.13)

 

 

 

※六根清浄の全文と訳を探してリンクしようとしましたが、
なんか・・ビジネススピっぽいサイトばかりなので^^;
興味のある人は図書館かどっかで調べてみてくださいね。

 

また、これはある人から聞いた話ですが、
体質にもよりますが、
お経等を一般人が場所を問わずどこでも唱えるのはキケンなのだそうです。


心を整えるためにお経を使う人もいるかと思いますが、
現実に戻ることを忘れないようにしましょう。

無防備に唱えるよりも、その意味を理解しようとつとめるほうがよほど良いのではないかな?と私は思います。

 

カテゴリ:ココロとアタマ | 15:39 | - | - | - |
『死にたい』気持ちの正体

ショッキングな題名ですいません。
デリケートな話なので不謹慎に思われないかと
書こうかどうしようかすごく迷ったし、今も迷ってるのですが
もしかしたら知らない誰かの役に立つかもしれませんので
書くことにします。

 

本当に本当に辛い思いをして、追い込まれて、逃げ場がなくて、
そういう気持ちになってしまう場合もあると思います。


それは周りがどうこう言うことではなく、
”本人はそれだけ辛い”ということは理解しているつもりです。

淡々と読んでいただけますようお願いします。


これもまた、詳しくはかけないので要点だけ書きます。

 

 

先日夢を見ました。

 

『死にたい』という気持ちの正体について、
こう教えられました。

 

  それは菌です。
  『死にたい菌』です。

 

そこで、はっ!と目が覚めました。まだ夜中でした。

 


私はいつも
『それは自然界に存在するのか?』と考えるのがクセになっているのですが、

 

どんな生物も『生存本能』があって、
「生きたい!」は当たり前にあるけども
「死にたい!」ていうのは人間にしかないんじゃないかな?と思いました。

 

おかしいですよね。

生物として考えた時に、
「死にたい」っていう気持ちは摂理に反してます。

でも、実際に存在してますよね。

 

これもエラー状態の一種なのかな、
菌・・つまりそれ自体が病原菌みたいなものなのかな。
(それで、昨日書いた”心配”の正体のことを思い出しました。)

 

そこでふと、気づいたわけです。

あれっ?『菌』?
『ウィルス』じゃなくて、『菌』?

 


【ウィルス】

自分で細胞を持たないため、人の細胞に寄生して生き、増殖する。
(日本の風邪の主な原因です。ちなみに抗生剤は効きません。)

 

【菌(細菌)】
これ自体が小さな生物。栄養源があれば増殖できる。
(病気を引き起こす菌もあるが、もともと人体には多種類の菌がいる。納豆菌など有益な菌も存在する。)

 


もしかしたら

 

『心配』などの想念の塊は人間にべったり寄生しないと存在できないため
”性格”や”個性”となって遺伝子とともに受け継がれる。

周りの人間に”感染”して増殖する(”心配”を増やす)こともある。

 

『死にたい』というような自然界にない思考は
栄養源(思い煩いなど)が増えれば増殖する。

なくなれば出てこない、または死滅する。


ってことなんじゃないでしょうか。
(人体にも、普段は悪さしないのに免疫力が落ちてくると
病気を引き起こす菌がいますよね。)


何れにしても、
ウィルスだって菌だって、「生きたい」本能で動いています。
『死にたい』という気持ちは自然界に反しているということが
おわかりいただけるでしょうか。

 

つまり、

『死にたい』という気持ちは


もしかしたら自分のものではないのではないか?

 

と疑ってみるのも
良いのではないかと思います。

 

カテゴリ:ココロとアタマ | 15:37 | - | - | - |
『心配』の正体

ずっと前の話。
あんまり詳しくは書けないので(笑)要点だけ書きます。

 

 

『心配』の正体を見ました。

 

心配の正体

 

白いケムリみたいで、ふわふわと漂ってる。
(いわゆるオバケとかじゃなくて、エネルギー体だと思います。
子供の時にそういうの見たよ!って人は結構いるんじゃないかな?)

 

「しんぱいだーしんぱいだー」って言ってるだけで、
(言ってる、っていうのも変だな^^;;)

 

何も考えてない、というよりも
思考も、感情も何もない。

 

ただただ、”想念”のかたまりのようです。


それに気づいて、

 

なるほど・・・


”やたらに心配する人”っていうのは、

こういうのがべったりくっついてるってことなんだな。


とわかりました。

 

なんとかしたい、とか、救われたい、なんて
思わないはずだよね・・。
思考がないんだから。


「救われたい」は尊い気持ち(2019.06.02)

 

 

何か原因があって心配する、ってのは普通のことだけど、

 

”ただただ、心配したい”だけ・・

 

そして
人間の脳は、理由をつけたがる。

 

まず心配して、その理由を探し出す。

 

こんなヘンテコなものがくっついてたら、
そりゃそうなりますよね^^;;

 


人はなぜ、悩むのか・・阿修羅王が答えます(2018.10.15)

 


もし「ネガティブな現実歪曲」の人なら、何も問題のないところに
わざわざ心配のタネを生み出してしまうかもしれない。
だって、とにかく”心配したい”んだから。

 


これってなんだかウィルスみたいだなー・・

 


まあ信じるか信じないかはあなた次第の世界なのですが、


なんでか知らんけどすぐに心配になりがちの人は、
こういうヘンテコなケムリがくっついてる、

ってことを念頭に入れておくと良いと思います。


(実はこの話と先日の少々ネガティブなお話は、次に書くお話のフラグになっております。
とはいえ、私のことですのでまたビビって消すかもしれません^^;)


心配(2018.02.23)

 

カテゴリ:ココロとアタマ | 15:43 | - | - | - |
慢心・邪心について

先日、またふらりと豊川稲荷へ行ってきました。

 

豊川稲荷千本のぼり


(例によって、これは私の妄想だと思ってくださいね^^;;)

千本のぼりの通りを歩いていると言葉が聞こえました。

 

慢心、邪心は 苦くてまずい

 

そして狐の像は「うええ〜まずっ!」という顔をして見せました。

 

そっか・・美味しくないんだ
ん?つまり純粋な魂は美味しい〜ってこと!?(((( ;゚Д゚)))
と一瞬ビビりましたが、

 

慢心や邪心を芽生えさせると、身体にとって毒になる


という意味だと思います。

 

 

この話は記事にするつもりはなかったのですが、

なぜか急に書きたくなりまして

今こうしてパソコンに向かってるわけなんですが、


『じゃしん』と打ち込みましたら

 

『邪神』

 

と変換されました。


・・そういう意味でもあったのか・・・・

 

邪心は邪神を呼び込むということなのかな。

 

 

国民的アニメのオープニングで豊川稲荷が紹介されたようです。
”稲荷だから”という理由で

商売繁盛!現世利益!をお願いする人も多いと思いますが、
どうかほどほどに^^;

 

多すぎる欲は邪神を招くかもしれません。

 


6月12日の豊川稲荷で狐さんに聞いたこと(2018.06.13)


立春によせて・・『誠実』であること。自分の器を鍛えよう!(2019.02.04)

カテゴリ:ココロとアタマ | 12:44 | - | - | - |
『無邪気な台風』に巻き込まれるのはもうやめよう^^;

少し前、うん、平成時代のお話です(笑)

 

ある仕事でいろいろありまして。

 

その頃、
やっぱり私には向いてないのかもしれない・・と凹んでいて、
最後のチャンスかも!精一杯やる!という思いで受けた仕事です。

余計に凹んでしまいました(T_T)

 

子供達に仕事のグチは言いたくはないんだけど、
彼らも私が苦労して仕上げているのを見ているので
その時はついつい言ってしまいました^^;(未熟)

 

するとトマトくんはこう言いました。

 

「お母さんは定期的にそういう人と仕事をするよね〜〜〜」

 

どきっとしました。
口にしないだけで・・しっかり見られてる^^;

 

 

以前、こちらの記事に書きましたが↓

<発達障害?大人の「変わり者」その2>どう接していくべき?(2016.04.12)

 

自分にとって
「体を壊すくらい苦手な人」というのがようやくわかったつもりでした。

しかしぜんっぜんわかってない、というか
回避できてないと気づいてしまいました(T_T)

 

 

どんな人かというと、一言で言えば『現実歪曲』

周りを曲げてまでも「自分が一番正しい」と思い込んでる人です。

 

大人の発達障害〜「自分が一番正しい」〜(2014.07.08)


そしてふと、もっといい表現を思いつきました。

 

『無邪気な台風』

 

です。

 

自分の軸がしっかりしていれば、多少の風雨でもビクともしませんよね。
でも私は長く『自分を信じきれない病』にかかっておりましたので(笑)
軸がブレッブレで、
ちょっとの風でもぐるんぐるん振り回されていたのです。

 

やばい!と気づいて台風から逃げることも覚えましたが、
無理矢理暴風雨の渦から脱出することになるので
結局心はキズキズになります。

 

できないものはできないのです!( ̄∇ ̄;)(2018.07.12)

 

 

悪い意味にとらえてほしくないんですが、
『無邪気な台風』のような人は
自然のままただただグイグイ進みたいだけで、心根はピュアなのです(多分^^;)

台風だって自然現象ですからね、

人に迷惑かけようとして動いてるわけではないですからね。

 

トマトくんの悩みとドッヂボールの法則(2018.02.08)


こういう人とうまくやっていくことが私のテーマで、
精神成長なのかとも思っていた時期もありました。
でも私にはどうあがいても無理だったのです。

 

さすがに令和になりましたし、
私もいい年齢ですし、
台風とうまくやっていく能力はない!と諦めました。
これも成長です・・^^;

(もちろんうまくやってる人もいます!

あくまで相性の問題で、私が不器用なだけです^^;;)

 

そして、
そういう環境を引き寄せてしまう自分にこそ原因がある
ってことを自覚して反省していくしかないのです。

 

★おかげさまで、今お仕事で関わってるのは穏やかな人ばかりで
とてもありがたいです^^

 

 

私も台風に巻き込まれやすい!と思った方、

見分けるポイントはこちらが参考になるかもです。

4)言行一致でないものは一切無意味。(2019.07.12)

 

探求オタクの真実への考察

カテゴリ:ココロとアタマ | 12:11 | - | - | - |
「救われたい」は尊い気持ち

昨日、トマトくんとともに用事を済ませた帰り道。
あるお寺がとても賑やかでした。
市を開いているようです。

 

「・・寄る?」「いいよ」
半ば吸い寄せられるように入りました。

 

地元の有名店やこだわりのお店が出店し
紙芝居、子供向けのゲームなどもありました。

せっかくなのでトマトくんと一緒に
提灯の絵付けなどを楽しみ、買い食いを楽しみ(笑)
初めて来たお寺ですが楽しかったのでお参りをすることにしました。

 

階段を登っていくと・・
ふと

 

救われたい気持ちは
とても尊い

 

そんな想いが浮かびました。

 

ああそうなのだ。

救われたい気持ちは、
良くなりたいという意思なのだ。

 

自分の人生を、せっかく得た命を、
諦め、何もしようとせず、
なんとかしたいと言いながら何もせず、
ただただ周りに流され、周りのせいにして、
不平不満を口にしながら生きる。

 

救われることを拒否する人生は
それはそれで人生だけど・・・。


私は子供の頃から色々あり、
誰にも言わず、ただただ
「私さえガマンすればいい」と思っていました。

 

今の私は、
とてもとても「救われたい」と思っています。


子供達の代に持ち越したくないから。
その一心です。

 

今の私は、尊い。

 


ここのところモヤモヤしていましたが
気分が晴れました。

 

手を合わせてお礼をしました。
今日は本当に楽しかったです。ありがとうございます。

 

日本人で良かった(*´v`)

ここが日本で本当に良かった。

カテゴリ:ココロとアタマ | 15:12 | - | - | - |
おめでとう!いよいよ『令和』の時代!これからのキーワードは『誠実』!

開けましておめでとうございますヽ(´▽`)ノ

 

ふと気づくと1ヶ月半ぶりのブログです。
毎日、忙しく動いておりました。

 

立春によせて・・『誠実』であること。自分の器を鍛えよう!(2019.02.04)

 

上の記事にもかきましたが、
今後は特に誠実さが大切になっていきます。

 

『言うだけ番長』とか、
『いい事言ってる風な人』

 

特に、
言葉をコピペしている”だけ”の人、
コピペした言葉で人を導こうとしても
長く持たないと思います。

 

コピペされた言葉を鵜呑みにする人も同様です。

 

体験が全てです。
体験から導き出された言葉こそが全てです。


と、
私も偉そうなことを言ってる場合じゃないので、
体験するべくがんばっておりますヽ(;▽;)ノ

 

令和もどうぞよろしくお願いします。

 

 

(独り言)

うー・・令和そうそうキッツイこと書いちゃったけども。

共感してくれる人は多いと思います。

・・多いといいなあ^^;;

 

カテゴリ:ココロとアタマ | 19:05 | - | - | - |
立春によせて・・『誠実』であること。自分の器を鍛えよう!

”母の器”の続きを書こうとしてるんですが
なかなかまとまりませんので^^;
別の記事を書きます。

 

 

1月23日(ひふみの日ですね)豊川稲荷へ行ってきました。
ここは今の私にとっては一番波動が高くなる場所です。

 

こう書くと、えっ!?そんなにパワースポットなの!?
と思われるかもしれませんが、
あくまで私にとっては、ですよ^^;

 

電車で1時間くらいのちょっとお出かけ程度の距離感が
ちょうどいいのです。

 

しかしながら、まだ1月ということもあって参拝の人が多く、
あちゃ〜〜^^;という感じで・・

もちろんコレ(騒がしいの苦手)は私のエゴですので、
狐さんたちからすれば


「人が多かろうが少なかろうが一緒」


であり、
まだまだ修行の足りない自分を思い知らされるわけでして^^;

 

豊川稲荷霊狐塚

 

 

豊川稲荷(主に霊狐塚)でのことは今までもいろいろ書いていますが
誤解のないようにちゃんとしておこうと思います。

 

先ほども書いた通り、
この場所は私と相性が良いのか、波動が上がるようです。

 

波動が上がると、
高い目線から自分や世の中を見ることができます。

 

ん?難しいですか?^^;
つまりね、
賢くて心の広〜い、最高の自分が出てくるのです。

 

最高すぎて、理解が追いつかない視点が湧いてきたりするので、

後になってから意味がわかることもあります。


ブログにはわかりやすいように狐さんとの会話のように書いたりもしますが、
実際は”場”のエネルギーと、
自分の中のエネルギーを共鳴させてアクセスしている
感じです・・

??・・わかってもらえるかな??^^;

(霊能者の方々は、このエネルギーをビジュアル化できる能力があるってことなのかな、と思うのですが
違ってたらすいません^^;)

 

 

これは心を澄ませば誰にでもできることです。
ひと昔前の日本人なら普通にやっていたのではないでしょうか?

 

大事なのは
『自分の器』です。

 

もし、仮に、(仮に、ですよ!)高次元の神様がメッセージを1個送って来るとして、
受け取る側の器が0.5個しか受け取れないほど小さかったり、
欠けていたり汚れていたりしたら、
正確に受け取ることは難しいですよね。

 

どんな神様がメッセージを送ってるのか、ではなく、
あくまで『自分』なんです。

 

 

話が長くなりましたがタイトルの件。
1月23日の豊川稲荷で湧いてきたことを書いておきます。

 

キーワードは

 

『誠実』

 

 

今後どのようになるのかは


今までの生き方次第です。


生き方が結果に現れる。あったりまえですよね。

(今までは当たり前じゃなかったかもしれませんが、やっと当たり前になるってことですかね??)
と、同時にちょっとビクビクです^^;

 

人というのは思い込みでガッチガチに固められていますから
私にもまだまだ自覚できてない不燃ゴミがたくさんあると思います。
コツコツと、捨てて、受け入れて、自分の器を広げるのみです。

 

梅の木

 

立春は、旧暦ではお正月ですね。
今日から新しい年です。
誠実に、がんばっていきたいです^^

カテゴリ:ココロとアタマ | 16:51 | - | - | - |
| 1/10PAGES | >>