栗と倫理とセロリちゃん

クリトリンリトセロリチャン

ってなんか可愛くないですか?ヽ(≧∀≦)ノ

 

 

(本題はこちらから↓)

 

この季節、あちこちで木の実類が実っていますね^^

 

近所の公共施設の梅も立派な実がなっているのですが
誰もとる気配がなくて、下にいっぱい落ちていました。
鳥たちが食べるのかもしれませんが、
それにしてももったいないなあ・・職員の人たちで分ければのになあ
と思っていました。

 

なんとなくセロリちゃんにそんな話をしましたら・・

 

「お母さんが栗を拾うのが嫌だった・・」

 

と言うのです。

 

は?Σ(゚д゚|||)

 

言われて思い出しました。

 

 

セロリちゃんが小学生のときの話です。


お迎えに行ったら学校の駐車場の栗の木の周りに実がいっぱい落ちていたので
足でイガをむいて拾いました。

 

セロリちゃんもやってごらんよ〜^^
と言ったのですが、イヤそうな顔をしていました。

口に出すことはなかったですが・・。

 

そのことだよね( ̄∇ ̄;)

 

セロリちゃんからしてみたら、
無断で学校の敷地内にあるものを持ち出すことは
倫理に反するのでしょう。

 

「そうだね、一言先生に断ってからもらっていくのが正しかったね」

 

それにしても、何年前の話だろう?
今頃でも、ちゃんとイヤだったと言ってもらえて良かったなと思います。

 

そうでないと、反道徳行為を侵す母親として
セロリちゃんの心にずっと刻まれ続けるからね(笑)

 

 

★これ、大げさな話だと思いますか?^^;

 実はとても大事なことだと私は思っています。

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 14:19 | - | - | - |
やってみる!全ては体験、そして成長

5月初め、つまり令和になってすぐに
自然環境保護をテーマにしたイベントを開催しました。

 

今まで仕事などでイベントに関わることはありましたが
私の意見が全て反映されるわけではありません。

 

今回は私個人の主催ということで、
ほぼ100%、私のやり方、私の思う通りに行いました。

 

結果、
めっちゃ楽しかった〜ヽ(≧∀≦)ノ

 

準備期間が短かったので全部はムリでしたが、
やりたいことはほぼできました。

 

たくさんの人が手伝ってくれたし、
想いに賛同していつの間にかたくさんの人が集まってくれて
困った時には助けられて。

本当にありがたかったです。


多くの方の手助けのおかげなので
もうもう、感謝しかないです(;_;)

 

ブログで散々偉そうなことを書いているので、
これでもし、
誰も手伝ってくれなくて、全然人が集まらなかったら
私の今までの成長記録は全部間違っていたことになるわけですが、

 

ちゃんと、私の想いと今までの経験を反映させたら
うまくいったのです。

 

よかった〜
私、人徳あったわ。
やればできる子でした(笑)

 

この成功体験は一生の宝です(;_;)

 

もちろん反省点も多々ありますが、
それも含めて実際にやらなくてはわからないことが経験できて良かったです。

 

と、同時に、
とてもたくさんの物事が見えてきました。

 

それはまた、
ブログ記事に反映していけたらいいなと思います(^^)

 

おめでとう!いよいよ『令和』の時代!これからのキーワードは『誠実』!(2019.05.01)

 

 

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 12:10 | - | - | - |
実は、守られてる

先日、同じ学区内のママさんたちみんなでランチを食べました。
普段はそんなこともないのですが、
なぜかこの日は「ママ友トラブル」の話になりました。

 

皆さん色々あるようで(^^;;)

 

私はといえば、もともと群れることが苦手だし、
この人ムリ!と思えばあまり関わらないようにしてきたので
そんなに困った経験は・・・・ないとはいえないですが、まあ、無い方だと思います。

 

話の中で、
誰もが知ってるキョーレツな個性を持ったママさんの話題になりました。

いろんな話が飛び出しましたが、

 

「うちの娘はその家の子たちと同級生だけど、
今まで一回も同じクラスになったことがないよ」

 

と言うと

 

「えっ!?双子なのに?どちらとも1回も無いの!?」

 

とビックリされました。

 

「守られてるよ!」

 

「え?」

 

「守られてるよ〜!」

 

うらやましい!みたいな感じでそう言われました。
(よっぽど色々あったのね^^;;)

 

考えてみれば、小中合わせて8年間、
一度も同じクラスにならなかったのは確かに・・

 

 

実は、守られてる。

 

気づいてないだけで、本当はたくさんあるのでしょうね。
ありがたいことです(*´v`)

 

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 10:57 | - | - | - |
「救われたい」は尊い気持ち

昨日、トマトくんとともに用事を済ませた帰り道。
あるお寺がとても賑やかでした。
市を開いているようです。

 

「・・寄る?」「いいよ」
半ば吸い寄せられるように入りました。

 

地元の有名店やこだわりのお店が出店し
紙芝居、子供向けのゲームなどもありました。

せっかくなのでトマトくんと一緒に
提灯の絵付けなどを楽しみ、買い食いを楽しみ(笑)
初めて来たお寺ですが楽しかったのでお参りをすることにしました。

 

階段を登っていくと・・
ふと

 

救われたい気持ちは
とても尊い

 

そんな想いが浮かびました。

 

ああそうなのだ。

救われたい気持ちは、
良くなりたいという意思なのだ。

 

自分の人生を、せっかく得た命を、
諦め、何もしようとせず、
なんとかしたいと言いながら何もせず、
ただただ周りに流され、周りのせいにして、
不平不満を口にしながら生きる。

 

救われることを拒否する人生は
それはそれで人生だけど・・・。


私は子供の頃から色々あり、
誰にも言わず、ただただ
「私さえガマンすればいい」と思っていました。

 

今の私は、
とてもとても「救われたい」と思っています。


子供達の代に持ち越したくないから。
その一心です。

 

今の私は、尊い。

 


ここのところモヤモヤしていましたが
気分が晴れました。

 

手を合わせてお礼をしました。
今日は本当に楽しかったです。ありがとうございます。

 

日本人で良かった(*´v`)

ここが日本で本当に良かった。

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 15:12 | - | - | - |
ギャン泣き一年生!春、学校の風物詩(書き直しました)

今朝は読み聞かせボランティアで小学校へ。
(ふと気づくともう11年やってます。楽しいの♪)

 

今日の私の担当は1年生でした。
時間になるまで廊下で待ってると、
お母さんに連れられて泣き叫ぶ女の子が。

 

先生たちが懸命になだめています。
必死にお母さんにしがみつく女の子ですが、
泣き叫んだまま引き離され、
お母さんはその子を置いてさっさと帰って行きました。

 

おそらく毎日のことなのでしょう。

 

毎年見る光景。
春の風物詩ですね^^;

 

 

セロリちゃんも1年生の時大変だったなあ、ってちょっと懐かしく感じてしまいました。

トマトくんも別の方向で大変だったけど(笑)

 

子供も、母親も、先生も、

いろいろありますよね〜(^_^)

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 14:21 | - | - | - |
「知らなかった!」

「知らなかった!」
「どうして知らされてないの!」
「もっと広めるべき!」
「なぜ誰も知らせようとしないの!」

 

そう言ってる方々のほとんどは


聞く耳を持っていなかっただけ


じゃないのかなあと(;´д`)ゞ
私も含めて。

 

何十年も、何百年も、何千年も、同じこと言ってるのに。

 

難しいですね(^^;)

 

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 16:48 | - | - | - |
あなたはどちらに住みたいですか?〜世界がぜんたい幸福にならないうちは〜

世界がぜんたい幸福にならないうちは

個人の幸福はあり得ない


(『農民芸術概論綱要』より宮沢賢治氏の言葉)

 

 

つくづく思うのですが、
この視点があるかないかで
同じことを話していても
全く意味が違ってしまうようです。

 

視点がある人と、ない人は、
どんなにがんばっても相容れない。

 

まるで違う星の人です。

 

共存とは(2014.08.11)

 

 

「個人個人が幸せになることで、社会が幸せになる」

よく聞くこの言葉、正しいと思います。

 

ですが、
『全体の幸福』(人間社会だけでなく自然界も含みます)の視点があれば、
個人の幸せを追求したとしても
それは決して自己利益(金銭的な欲求だけではなく、感情的な欲求も含め)の

ためだけの行動にはならないのではないでしょうか。

 

働くお母さんたち、大丈夫ですか?(2016.11.02)

 

 

とはいえ。
みんな楽しむために今世に生まれてきたのだから
自己利益の追求も決して悪いことではないんですよね。

 

『この世界の片隅に』を読んで思ったこと(2018.01.19)

 

 

それでもやっぱり私は
ムヒカ大統領のような考え方が好きなんですよねえ〜^^;

 

清貧の人(2013.06.22)

 

世界中の大統領がみんなこういう考えになれば、

地球はとっても住みよい星になると思うのですが

そうは思わない人にとっては

つまらない星になっちゃうのかな?

 

あなたはどちらに住みたいですか?

 

個人の利益を追求する星か、

世界ぜんたいの幸福を追求する星か。

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 17:18 | - | - | - |
そして今年も、3.11の日

14時46分。
トマトくんセロリちゃんと共に
1分間の黙祷をしました。

 

 

長くブログを書いていると自分の成長を追うことができて
本当に便利です^_^

震災への想いの記事の一部を
年を遡ってリンクしてみました。

 

 

夏至に書いた記事ですが、
世の中のフェイクにちょっとうんざりしていたかも^^;

 

夏至2018 〜3.11からの区切り〜(2018.06.21)

 

 

震災当日、そしてそれからの私です。

 

人生が変わった・・3.11(2017.03.12)

 

 

今読むとめっちゃキツイな^^;;;
でも・・うん、この考えは今も変わってないです。

 

誰かのために、何かのために(2015.03.11)


 

ポジティブシンキングの頃。
(今思えばこの頃が一番イキイキしてたな〜)

 

快晴の空(2014.03.11)


 

やっぱり子供が発するコトバは真理に一番近いと感じます。

 

強くて優しい りお君ワールド(2012.11.22)

 


震災関連の本の紹介と私が考える復興支援。

 

震災が伝えたこと(2011.11.10)

 

 

震災の前の年。
こんなことを書いてたんですね〜。
当時はまだ恐怖心に縛られていましたが、
本質の部分は変わってないんだなあ。

 

2010という年〜平穏は奇跡の上に〜(2010.04.27)

 

 

今日も親子3人で
仲良く晩ごはんを食べられることに感謝です。

 

あっ、ついでに(失礼)
故ダグラス・アダムズ氏、誕生日おめでとうございます^^

 

数字にまつわるエトセトラ〜生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答(2018.03.12)

『銀河ヒッチハイク・ガイド』から読む”地球の役割”(2018.04.16)

 

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 18:14 | - | - | - |
エーデルワイス

不思議な夢を見て、起きがけになぜか

 

エーデルワイス

 

という言葉とメロディが浮かびました。

 

エーデルワイス

https://pixabay.com


エーデルワイス、と聞いて思い浮かぶのは
『サウンド・オブ・ミュージック』という古い映画です。

 

 

オーストリアに住むトラップ一家と、
修道院から家庭教師としてやってきたマリアの
夢あふれる楽しいお話ですが、

 

後半からは戦争とナチスの影に
トラップ一家も巻き込まれます。

 

その中でトラップ一家がスイスへ亡命する直前に
愛するオーストリアを想い歌われたのが
『エーデルワイス』でした。

 

自らの意思ではなく
戦争によって止むを得ず祖国を去るなんて
ずいぶん辛いよね・・
なんて、考えていました。


次の新元号も戦争のない平和な時代でありますように(^^)

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 18:07 | - | - | - |
大晦日の彩雲

大晦日です。
買い物に出かけたら、ラッキーにも彩雲を見ました。

 

彩雲

 

彩雲を見るのは、実は今月二度目です。


前回も写真を撮ったのですが

キレイに撮れなかったの^^;
(載せるな、ってことですね)

今まで見た記憶がないので、初めてだと思います。

雲の形も含め、とてもとても神々しくて、
世の中にはこんな美しいものがあるのだなあと感動しました。

 

ただの自然現象だと言ってしまえばそれまでかもしれませんが、
彩雲が出るのはほんの数分。

その時間に、空を見られる場所にいるってことは
科学では解明できないことですよね。
(あっ、量子力学だと『波動の法則』ってことで解明できちゃうかな^_^)

 

そう言えば、
とてもとても落ち込んでいた時期、
何度も虹を見ました。

見せてくれている、と感じました。

 

美しいものを見ると
人は元気になれる、ってことをわかってくれているのでしょう。

 

今日、彩雲を見せてくれたことは
がんばったご褒美かな。

 

自然って本当に優しいです。

 

来年もがんばろ!(*´v`)

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 16:47 | - | - | - |
| 1/25PAGES | >>