夢の中の話〜居候の3人〜

12月12日、こんな夢を見ました。

 

========================

 

外出から家に帰ってきました。

 

家の中では、
小太りの女性とその娘2人が
お風呂(ぬるま湯)に入っているようです。
一言二言会話をしました。(内容は覚えていません)

 

家の中にある数カ所の蛇口から、
水かお湯が細く流れ続けています。

私は1つ1つ、蛇口を閉めていきます。


家にいるなら閉めてくれればいいのに・・と思いながら。

そして、いきなり気づきました。

 

この人たち誰!!??????!!

 

私は3人を庭に出し、
とっさに、
「お金を返して!」と言いました。
お金を取られてるかどうかもわからなかったのですが。


女性は
両手に抱えるほどの札束を差し出しました。

 

めっちゃ大金!こんなに盗られてたの!?
とビックリ。

 

女性は全く悪びれもせず、
のほーーんとしていました。

 

怒った私は女性を蹴ったりしたのですが、
全く意に介さず。

3人ともふてぶてしい態度を取り続けるのでした。

 

========================

 

私が夢の中で戦う相手って、
だいたいこういう人なのヽ(;´Д`)ノ
ずっとふてぶてしくて、
暖簾に腕押し、馬耳東風、ぬかに釘。


勝手にお金(物質エネルギー)を使い、
水(生命エネルギー)の無駄遣いするような奴ら

家の中を乗っ取られてたんじゃ、

 

どんだけがんばってもどうにもならなんわ!

 

二度と来んな!バーカ!
(あら失礼。決してお越しにならないで遊ばせ!)

 

 

実は昨夜、子供たちと
小さい時に怖かったモノのことを話していました。

怖いものがいっぱいあったトマトくんは、
今ではなんであんなに怖かったかわからん〜と言っていました。

 

セロリちゃんに、お母さん怖いものある?と聞かれました。
かつて、恐怖がいっぱいで、とても生きづらかった私ですが
今はそうでもないな。。と思いながら考えて、


「一番怖いのは、話が通じない人かな・・」
と答えました。

 

話が通じない人って、受け取り方がこちらとズレてるので
どう頑張っても分かり合えないのです。


私がおかしいのだろうと周りに合わせる努力をしてきましたが

今は、話が通じる人が増えてきて
私がおかしいわけじゃなかったんだと分かって安心しています^^

 

 

いやもう、気づいてよかったですよ!

夢の前半ではその3人はずっと自分と暮らしていると思っていたもん。

 

『ぬるま湯』ってほんと、蛙の話じゃないですけど怖いですよね〜^^;

カテゴリ:夢の中の話 | 11:33 | - | - | - |
信じるのは自分・・『偽りの予見』の続き

前回の記事はこちら。(4年前・・^^;)

 

今日見た不思議な夢〜偽りの予見〜(2014.06.20)
〜偽りの予見〜夢を分析してみた(2014.06.23)

 

実はこの話には、書いてないことと分析の続きがあります。
ずっと黄色信号だったので、書いたほうがよいとわかっていながら
今まで書けなかったのは、私がビビリだったからです(こればっか^^;)

 

 

ここに出てくる女性の予見者は
自らを「金星人」と名乗っていました。

 

 

本当に金星人なのか、偽ってるのか、
当時の私には判断ができなかったのですが、
数年経って意味がわかりました。

 

もともとは本当に金星人だったようですが、
ある時期から金星人ではなくなってしまったのです。


ですが金星人であることが彼女のステータスだったため、
今更「もう私は金星人ではありません」とは言えなくなり、
メイクをして、そのまま金星人として振舞っていたのです。

 

 

なぜ、金星人ではなくなったのか。

 

彼女と金星人の周波数が合わなくなったからです。
つまり、金星のエネルギーが彼女から離れたのです。

 

金星側が役割を終えたとも考えられますが、
その後も彼女は金星人になりすましたということは
心の変化・・例えば慢心が出てしまったのが理由かもしれません。
(ずっと金星の周波数を保つのはとてもとても難しかったと思います。)

 

 

ところが、多くの人々は彼女が未だに金星人だと思い込んでいます。
素直に彼女のいうことを信じています。
なんの疑問も持たずに。

 

 

ここまでの分析でしばらく止まっていましたが
実は数ヶ月前、洗濯物を干してる時にいきなり続きが閃きました。
言葉にするとたったこれだけですが、深い深い肚からです。


信じるのは自分


・・すると、なんということでしょう(笑)
その彼女が金色に輝く観音様に変わり、本物の金星人に変わり、
こう言いました。

 

よく気づけましたね

悲母観音  ヴィーナス

(引用:狩野芳崖作『悲母観音』、ボッティチェリ作『ヴィーナスの誕生』

 


いま、現実社会でも、
いわゆる立派な肩書きや権威を持った人たちが
次々と失脚していますよね。

 

必死でがんばってがんばって、良い地位についた方々は
「私も判断が鈍ってきた。時代の流れにも合わなくなってきた。
迷惑かける前に他の人に託そう。」
なんて絶対に思えないかもしれません。
ご本人はそれで良いと思います。

 

それよりも問題なのは、
正しい判断ができなくなった人に
未だに従っている周りの私たちです。

 

あらゆる情報・・
偉い人や専門家が言ったことに対し、
その内容ではなく、
発信者が誰かで判断すること・・。

 

本来は人格向上のためのスピリチュアルが

目に見えない世界が見える人が偉いと思い込み、

ビジネス目的となってしまってること・・。

 

いつまでもしがみついてると、
谷底へ真っ逆さま!
ってこともあるかもしれません。

 

自分で考えない、違和感を持たない
そのほうが楽だし、自分の人生はそれで良しなら

それを貫抜くのも良いと思います。

 

ですが、未来ある子供たちの足を引っ張って
一緒に谷底に落ちるのだけはやめましょうね^^;


光がくっついてます(・・ただし条件付き)(2017.08.13)

 

 

 

はー。。

やっと書けました^^;

大好きなスピリチュアルが悪用されないことを祈るばかりです。

愛と慈悲を。(ついに私もこういうことを書くようになってしまったか!)

カテゴリ:夢の中の話 | 12:47 | - | - | - |
セロリちゃんが見た夢の話〜スティーブ・ジョブズ登場〜

今朝、不思議な夢を見たとセロリちゃんが話してくれました。

 

=========================
授賞式のようなステージ。
スティーブ・ジョブズ氏が、もう一人登壇している人に
「やあ○○さん!」と話しかけています。

=========================

 

それは誰?と聞くと、
「スマホに関わってる人のようだけど・・」
「日本人?」「ううん、外人」
セロリちゃんは、こんなことあるかなあ??と少し訝しげに答えました。

 

「若い頃のスティーブ・ジョブズ」

 

ええええっ!?

時間軸が違うジョブズが2人ってこと!?
なにそれ面白ーーーい!

 

セロリちゃんは、
何か意味があるのかなあ?と言っていました。

 

このブログで散々ジョブズ氏のことを書いてますが、
(多すぎてリンク貼るのも大変なので、興味のある人は
このブログ内で「ジョブズ」で検索して過去記事を読んでみてくださいね。)
この流れは子供達に話してません。


セロリちゃんの口からジョブズ氏の名前が出たのにも
びっくりです。
うちはApple製品が多いし、
お母さんはなんでか知らないけどジョブズ好き
くらいの認識だと思います^^;

 

私ではなく、セロリちゃんがジョブズ氏の夢を見た、
ということが意味があるのかもと思いました。


世代交代のような、そんなイメージを受けました。


ベランダに出たら、
見事なほど美しい青空でした。

空を眺めながら洗濯物を干していたら
こんな言葉が湧いてきました。

 

労働者の時代は終わった。
これからは全ての人が技術者になる。

カテゴリ:夢の中の話 | 17:15 | - | - | - |
『アミ小さな宇宙人』と夢の中の話

「パセリちゃんて『アミ小さな宇宙人』好きだよね?」
と、急に友人に言われてビックリ。
この怪しげな^^;ブログをやっていることは言ってないのですが、
彼女は(霊的に)鋭い人なのでわかっちゃったのかしら。
(※彼女は普通のお母さんです。ステキな、普通のお母さん^^)

 

アミ小さな宇宙人新装改訂版 [ エンリケ・バリオス ]

価格:1,404円
(2017/12/13 09:17時点)
感想(7件)

 

で、好きかどうかと聞かれましたが、
実は買ったまま本棚で『積ん読』状態になっていて
まだ読んでいませんでした。ヽ(;▽;)ノ

 

私は買った本はすぐに読むので『積ん読』はほぼありません。
でもなぜかこの本は、読めなかったのです。
本との出会いはタイミング、自分の心の状態だと思っています。
『まだ読む時期じゃなかった、やっと読む時期が来た』ようです。
・・と、言い訳しておいて。

 

昨夜読み終わりました。
本の内容や感想は、また別の機会に書きます。
今日は別の話を。

 

(注・この話はファンタジーですww)

 

 

今朝、トマトくんがある夢を見たと話してくれました。
短い話です。なんてことない普通の風景です。
なぜか涙が溢れて来ました。
優しい、穏やかな、希望に満ちたエネルギーを感じたからです。

 

そして自分が以前見た夢を思い出しました。

 

今日見た不思議な夢〜中枢の世界とDNAテンプレート〜(2014.08.26)

 

ここに出てくる”17歳”という年齢にはいろんな意味があって、
その中の一つとしてトマトくんが17歳になることも含まれています。
あと数ヶ月です。

 

どうでしょうか・・
地球まるごと何度も破壊できる核兵器が今もあって、
富士山爆発やら、南海トラフ大地震やら、日本沈没の危機がずっとあって、
にもかかわらずこの狭い日本に核施設がいくつもあって、
たくさんの犠牲を出した東日本大震災も教訓にするどころか
金儲けや承認欲求を満たすネタに使う人もいて・・
大人って、いったい、何がしたいの????と
思わざるを得ない今の状況です。

 

自分が生きている間に災いがなければ良しとし、
そのあとも生き続ける次世代の子たち(身内他人関係なく)が
前世代のとばっちりでどれほどの苦労を強いられるのか
気づけないなら幸せかもしれません・・。

 

などという、ネガティブな話をしたところで
じゃあ私はどこまでやれてるんだ?と自問自答しかないです。

 

 

ただ、トマトくんが見た夢から感じたエネルギーは確実に存在します。
それは今あります。あるから感じたのです。いつかではなく。

 

(注・何度も言いますが、この話はファンタジーですww)

 

カテゴリ:夢の中の話 | 12:56 | - | - | - |
ミツバチブンブン♪

最近、なぜか部屋の中にミツバチが飛び込んできます。
その度に子供達が大騒ぎ。そっと外へ逃してあげるのですが、


先日はベランダで洗濯物を干してたら
1匹のミツバチがやたらとまとわりついてきました。
あまりにしつこくって
刺されるのも嫌なので部屋の中に退避しました。

 

そして昨晩、
ミツバチにまとわりつかれる夢を見ました。
3匹、しかも顔に^^;
刺してこようとしてるわけじゃなくて、くっつきたいみたいで・・。
とはいえうっかり刺されたら嫌なので
逃げ回りましたが、全然離れません。
特に恐怖心はなかったのですが、
とにかくしつこくって。

 

実際にまとわりつかれたからそういう夢を見たんだろう、
とも思いましたが、
いやいやまてまて、こんなにミツバチに絡まれるって
なんかあるってことかも?
と思い直して色々調べてみました。
いろんな説があるようですが、共通してるのは、

 

ミツバチって、労働の象徴だそうです。

 

労働・・仕事かーーー・・。

 

いやまあ確かに、
仕事のことはいろいろとございますけどね^^;

 

そういえば、顔にとまりたがるイキモノ、いたなあ。↓

今日見た不思議な夢〜不思議な生物と先生〜(2014.10.25)

カテゴリ:夢の中の話 | 15:17 | - | - | - |
光がくっついてます(・・ただし条件付き)

あんまり怪しいことばっかり書いてるとほんとに
変な人だと思われるかもですが
(あ、正解ですが^^;)

 

私にとってはフシギ話もあくまで現実を生きるための教材ですので
そのように捉えていただければと。

 

お盆だしヾ(´ε`*)ゝ

 

 

4、5年前に見た夢を今頃^^;
分析とともに書いてみます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ある人に、「アカーシャがついている」と言われました。
頭の右ナナメ上くらいにくっついてるようです。
離れると「悪」になるようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

アカーシャ??誰????

 

最初、サンスクリット語の「虚空、空間、天空」を思いついたのですが
どうも人名っぽいので
その後いろいろ調べてみましたら、

「虚空蔵菩薩」の梵名が「アーカーシャガルバ」というのだそう。

 

その後さらに、
とあるところの言葉が

 

ア(in)
カー(スピリット)
シャ(大いなる光、太陽、高いレベルの光)

 

という意味だとわかり、
いずれにしても「光の国の人」らしい、
ということがわかりました。

 

まあわかったところで何が、という訳でもなく(夢の中の話だし)
日常を過ごしてるわけですが^^;

 

最近、妙にそのことを思い出すのです。

 

アカーシャが離れちゃったら、
私はとんでもなく悪いヤツになるのかもしれないし
重い病気になったりひどいケガしたりするのかも(((( ;゚Д゚)))
いずれにしてもまわりに迷惑よね・・ヽ(;▽;)ノ

 

なにぶん4、5年前の夢の話なんで、
今ほんとにくっついてるのかどうかわかりませんが、
何かに守られてるのは確かです。
(理由:今、私はこうして生きてるから。)

 

光の国の人に愛想を尽かされないように、
しっかり生きなくちゃ!ですね。(*´v`)

 

ちなみに、
何が原因で離れるのか。
ずっとくっついててもらうにはどうしたら良いのか。

なんとなく、コレかな?と思うことはありますが、
これは私が一生を通して検証していくしかないのかもしれません。
「自分マニュアル」は他の誰もわからないのです。

 

※くっついててもらえるのはありがたいんですが、
時にものすごいキビシい存在かもしれません。
(光なので、見たくないものまで見えてしまうから)
「もうイヤだ!」と、離れてもらうこともできるようですが・・


あ・・・・・・、はい、


一番の悪とは、
悪を悪と認識できない事だそうです。


(・・・・って、いま、湧いてきました・・)
※悪とは、法律や道徳の話ではなく、
自分やまわりの進行の邪魔をするという意味です。
我欲で貴重な時間を奪う事と解釈しています。


多少の怪しげな話はお許し下さい。
お盆だしヾ(´ε`*)ゝ

いまから子供たちと地元の夏祭りに行ってきまーす♪

カテゴリ:夢の中の話 | 17:51 | - | - | - |
不思議な夢〜家族が増えました♪〜

久々に夢の中の話を書きます。
かなりぶっ飛んでるので、
ファンタジーかSFネタだと思って読んで下さいね(*´v`)

 

2017年8月6日、こんな夢を見ました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


赤ちゃんが生まれました。私の子です。
預けていた施設へ、トマトくんセロリちゃん、
私の両親とお迎えに行きました。


黒い袋のような布で覆われていたので
だっこして布をずらし、初めて顔を見ました。
穏やかでかわいい天使のような男の子です。
生後一週間くらいかと思いますが見た目は1ヶ月くらいです。


名前がついていました。
私が考えたのではなく、もうすでにその名前でした。

 

家に帰る途中、
初めて言葉をしゃべりました。
(何をしゃべったかは忘れました^^;;)

 

家(ホテルかも)に帰り、
大人用のベッドに寝かせ、
セロリちゃんに「○ちゃんを見ててね」と声をかけました。


しかし、
赤ちゃんはベッドから落ちてしまいました。
大慌てでしたが、
赤ちゃんはすっくと立ち上がり、
ニコニコと歩き出しました。

(見た目が5〜6歳くらいになってました)

 

早すぎ!

成長は嬉しいけど、赤ちゃん期間、もっと欲しかったよ〜!(T▽T;)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


このあと目が覚めるわけですが、
目が覚めるまで、
赤ちゃんの名前をくり返しくり返し、
忘れないように、くり返していました。
キラキラネーム??というか、

ひらがな3文字ですが
聞いたことない名前です。
少なくとも日本にはいないと思います。

 

こんな感じで全くありえない話なんですが、
その場の私にとっては完全に『現実』でした。
ですので、目覚めた後、逆に、
あれ?ここは?となりました(笑)

 

さてこの赤ちゃんですが、
私には現在ダンナがおりませんので^^;;
私の卵子か遺伝子を提供して誕生したようです。
いずれにしても私の血縁であることは間違いないです。

 

ここからは私の想像です。

 

量子力学によれば『人間は多次元の存在』
複数の次元に同時に存在するそうですが
(合ってますか??^^;;)


別次元で家族が増えることもあるのだなと思いました。


あくまで夢の話です。

 

(2017.9.20追記)

その後、新しい事実(?)がわかりました。

さらにぶっ飛んだ話で…

人が一生のうちに知り得ることなんて、砂浜の砂一粒にも満たないですね(@_@;)

カテゴリ:夢の中の話 | 15:48 | - | - | - |
不思議な夢〜船とミッションの成功〜

久しぶりに、夢の中の話を書きます。


11月8日、こんな夢を見ました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


船が港に到着しました。たくさんの人が乗っています。


私は港から、ロープ?布?魚網?のようなものを使い、

船をつなぎ止めようとしてます。

誰かに頼まれたわけではなく、自然とその役割をしています。

船からその網をつなごうとしている人から、渋い顔で

「そのやり方では無理!」と言われたので、私は「(縄を送るスピードが)早い?」と聞き返しました。

でも、成功しました。


実は、この役割は大変難しいミッションで、

失敗するとまた航海に出なくてはならず、

人々は成功するまで永遠に下船することができないのです。


私は成功した事で胸がいっぱいになり、

その場で泣き崩れました。

ほとんどの人は私の手柄に気付いてないようですが、

ごくごく少数の人は(何もいいませんが)分かってくれたようです。


そして「再び」船に乗り込みましたが目がかすんで

背中から海に落ちてしまいました。

でもたくさんの花で飾られたいかだに乗り、すぐに船に戻りました。

私のミッションに気付いたらしい数人が手を貸してくれました。


人々は、行列を作り、船を降りていきます。

一部の人は、「次に乗る人のために」船内の礼拝堂のような場所に

子供たちが描いた絵をたくさん貼付けていました。


私は壁にもたれ、それをぼんやり眺めていました。

よく見ると、ぬいぐるみなど子供のおもちゃがたくさん並べられていました。


誰かに「何してるの?」と話しかけられました。

私は、もうここに来る事はないのだなと想いをはせていました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この船は、遊覧船なのか、長い航海を終えてきたのかわかりません。

(多くの人は遊覧船と思い込んでいて、私にとっては長くて辛い航海だったように思います。)

私自身も、本当にこの船に乗って旅をしていたのか、

港で幻をみていたのかわかりません。


ただ、「大切なミッションをやり遂げた」という感覚が

目覚めてからも残っていました。


あくまで夢の話です。


カテゴリ:夢の中の話 | 15:27 | - | - | - |
夢のお告げで!?神社に行く

昨日、トマトくんに

「お母さん、最近○○の神社へ行ってる?」

と聞かれ、そういえば最近行ってないなーと答えると

「行ったほうがいいよ」と。


「なんでオレがこんなことを言うのかというと、

 夢でその神社が出て来たんだ。○○○(※詳細は伏せます、すいません)で、

 もしかしたら警告かもしれないから、行ったほうがいいよ。」

と言うのです。


ビックリしました。


こんな夢を見たよ、という話をすることはあるのですが、

トマトくんが自分の夢に意味付をするなんて、初めてだったのです。

私自身もブログでは夢に意味付けすることがありますが、トマトくんには当たり障りのない内容しか話しません。

これもマイクロキメリズムのなせる技なのでしょうか(笑)


じゃあ、月曜日に行くね、と答えましたが

そういえばもうすぐ夏至じゃん、グズグズできないじゃん!と思い、

今日行ってきました。


午前中は結構な雨降りでしたが、神社についた時はきれいに晴れていました。


まあ、そんなこともあるよ

っていうお話でございます(*´ω*)





カテゴリ:夢の中の話 | 20:40 | - | - | - |
憂い

4月1日に見た夢の一部です。


---------------------------


ある人が、目に涙を浮かべながら憂いていました。


「あの人の素顔はどんなだろう?」

人々がそんなことばかりを話題にしている。

たくさん学んでいるはずなのに。

みんな、いまだにそんな意識でいることが哀しい。


表情からそんな気持ちが読み取れました。


---------------------------


この夢の意味。

たくさん感ずることがありますが

皆さんはどうでしょうか。

カテゴリ:夢の中の話 | 14:29 | - | - | - |
| 1/4PAGES | >>