熱中症対策!食塩を捨て、塩をなめよ!

毎日暑いですね〜。
このままいくと冬には50℃超えちゃいますかね〜( ̄∇ ̄;)

 

防災速報アプリからは毎日
”危険 運動は原則中止”
という通知が来ます。

 

例年はそうでもなかったのに、
私が住んでいる地域が全国気温ランキングのトップ10に何度も入り、
こうなるともう逆に面白くなってきたりして(≧ε≦o)

 

なんて余裕をかましてますが、
私は夏場は溶けるという性質を持っておりまして、
たいがいグダグダになって体調を崩しておりました。

 

しかしながら
華麗に加齢しつつも
アレヤコレヤのおかげで
年々丈夫になってるのか、
おかげさまで夏風邪もひいておりません。

 

そのアレヤコレヤの中の1つとして、
最近私の友人知人周りでよく話題にのぼるのが”塩”です。

 

病院で減塩指導されている方は、
暑さ対策でどうミネラル補給したらいいの!と
お悩みになるでしょうし、
これこそ現代医学の無責任さが・・
あ、いえいえもう批判しない(*´ω`*)

 

いま、このおそろしい熱中症の対策として
私と子供たちが行ってるのは、

 

定期的に塩をなめることです。

 

”食塩”ではありません、”食卓塩”ではもっとありません。

 

精製したり科学的に化合させたりしていない


塩です。

 

いろんな塩があると思いますが、
いい塩はしょっぱくなくて、
暑い時、疲れた時になめると美味しいのです。
外出した時、子供達も美味しいと言って嫌がらずに舐めてます。
それこそ人体が欲してる証拠かも。

 

今の時期は『塩アメ』をよく見かけるけども
原材料を見るとだいたいが”食塩”なんですよね。
これ意味あるのかと・・
あ、いえいえもう批判しない(*´ω`*)

 

私の友人は、
高血圧の薬をやめて塩を食べることにしたそうで。
なんか変な宗教でも入ったの!?と思われるかもですが(笑)
自分の身体の状態を見つめ、自分の判断で決めたそう。
薬をやめるのに勇気がいったらしいけど、
結果、血圧は安定してるらしい。
(何だったんだ、その薬(*´ω`*))

 

何が自分に合うのかは人それぞれで、
それを自ら考え、見極める。
(世間の常識や権威を盲目的に信じるのではなく)
そんな人が着実に増えてるようです。

 

異常気象なのか何なのか、
この想定外の暑さ、
今までの”与えらえた常識”は通用しない。

 

昔からの人類の知恵、
塩で乗り切ります!

 

何度も言いますが、

食塩ではなく、塩です。

 

※あくまで私の意見ですので、自己判断でお願いします(*´ω`*)

 

カテゴリ:健康とわたくし | 16:41 | - | - | - |
肉食を再開しました♪

肉食をやめて2ヶ月と3週間。
予定通り、七夕に肉食に戻りました。
久しぶりに肉の入った餃子を作りましたよ。
美味しかった♪

あっけなく日常に戻った気がしました(笑)

 

ちょこっと懸念していたのは、
肉食に戻ったら感覚に変化があるのだろうか?
ということだったんですが、

 

鳥だって虫を食べるわけだし。

 

鳥の捕食と、映画「ズートピア」をみて生きるために食べることを考えてみた(2016.05.17)

 

肉食でもあんまり変わんないですね。
やっぱり私は私です。
(何を食べるかよりも、量、ですね。)

 

すべての食べ物は神様からの贈りもの♡(2015.03.19)

 

いやいや、こんな短期間では何も変わらないのも当たり前か^^;

 

そういえば
私は子供の頃、肉が苦手だったんですよね。(苦手は肉だけじゃなかったけど^^;)

食べられるようになる、とか、できるようになる、
というのは

 

克服

 

なら良いんですが、

 

感覚を麻痺させる(ひたすら我慢する)

 

ってこともあるかもですね。

 

次はお菓子をやめ・・
・・いや・・これは・・できるかしら・・^^;;

カテゴリ:健康とわたくし | 09:21 | - | - | - |
肉食をやめてみたらこうなった!

「しばらく肉食をやめよう」

 

ふと思い立って、2ヶ月半が経ちました。

 

ことの発端は、ある人との会話。
この人は時々”ファスティング(軽い断食)”をしていて、
身体の調子がいい♪と話していました。
ファスティング中であれば、バーベキューに誘われても
焼き係になって自分は食べないんだそうです。
楽しく続けてるようでした。

 

ファスティング、
私もいつかやってみたいと思いつつも
子供がいると料理作らないといけないし・・と躊躇していたのですが、
話を聞いて

 

そうか!状況は関係なく、意志の強さだ!

 

と思いました。


とはいえファスティングは難しそうだったので
肉食をやめるくらいならできそうだ!
とチャレンジを始めたわけです。

 

肉を一切使わずに料理をするのですが
トマトくんがもともと魚介が食べられないし、
私はお酒を飲む習慣もないので、
なんとなく健康的なベジタリアンな毎日になりました(笑)

 

外食に行っても肉なしメニューを選ぶか、
肉が入ってたら誰かにあげてました。
(ちなみにダシはセーフ)

 

自分でも意外だったのですが、
肉を見ても、
「美味しそうだな」とは思うのですが、
「食べたいな」とは思わないんですよね。

 

誰かに言われて強制的に肉なしにしてるわけではなく、
ゲーム感覚で楽しんでやってるからだと思います^^

 

トマトくんにも、
「もうお母さんはずっと肉なしでも大丈夫じゃない?」と
言われました(*´ω`*)

 

そんなこんなで2ヶ月半です。
肉食をやめてみて、いろんなことに気づきました。

 

(その1)
世の中の人は肉を大量に食べている。

 

あっちこっちで「肉フェス」イベントがあるし、
外食メニューは肉が必須、
弁当にもかならず何かの肉が入っている。
肉なしメニューを探すのがこんなに大変だとは。

 

(その2)
サバが食べたくなる。

 

やっぱり身体は”油”を欲するみたいで、
脂ののった魚が食べたくなった。
ちなみにナッツ類は普段からめちゃ食べてますが、
植物性油は関係ないのかしらね^^;

 

(その3)
体重はあまり変わらない。

 

肉以外は今までと変わらない量を普通に食べてるからかも。

 

 

と、いったところでしょうか。

 

とりあえず七夕までは肉抜きを続けて、
あとは成り行きで、と考えてます^^

カテゴリ:健康とわたくし | 16:42 | - | - | - |
”病気”のこと、ちょっと言わせてもらいたい<その6 絶対に治らない病気>

私は子供の頃から常に
”どこかが痛い”状態で、それが普通でした。


大人たちも病気だったり病気の話をしたり、

それが普通でした。


子供心に、一生懸命働いていずれ病気になるのは

普通だと思っていました。

 

今、私と同世代か少し上の世代の方々と話すと、
みなさん大体どこかの病院に通っているようです。

 

私ももう
四十肩と更年期障害と老眼の話でもりあがる年齢です( ̄∇ ̄;)
加齢による衰えはやむを得ないし、それは別としましても、

 

病気になるのが当たり前っておかしくないですか?

 

本来、人生を豊かにするはずの食事や生活や仕事や人間関係が
病気の元になるのはおかしくないですか?

 

病気というのは、ものすごい経済効果を産みます。


例えば”花粉症”関連だけでも日本中で
病院、薬、商品など多額のお金が動いてるので、
根本的に花粉症を治す治療は世に出ないのでしょうね。
(という話は陰謀論っぽくなってしまいますが…
そもそも花粉症は花粉が根本の原因ではないです。)

 

あきらめて受け入れて、
何らかの生命保険に入って、
医療費負担が安くなると喜んで…
それでいいんでしょうか。

 

普段から健康管理に気を配り、病院にかからなくても、
国民健康保険料の支払いがまた上がりました。
とほほヽ(;▽;)ノ
(※なぜ上がったのか、皆さんわかりますか?)


絶対に治らない、治せない病気って、何だと思います?

 

それは”恋の病”です♡
・・・じゃなくて(´;ω;`)

 

自分で生んだ病気です。

 

そんなもんあるわけないでしょ!
健康がいいに決まってるでしょ!
と思われるかもしれませんが、

 

自覚してないだけで、
無意識に自分を病気にしてるのです。

病気でいる方が安心なのです。
・・そういうことも、あるのです。

 

なぜそんなことになるのかは
それぞれの理由があるのでしょうが、

これ以上は
とんでもないことを書きそうなのでこの辺でやめておきます^^;

 


自分と、自分の周りの人間が誰一人として病気(=歪み)になっていない、
誰も病気になる必要のない世界。

 

子供達の世代・・遅くとも数世代後にはそれが実現してるといいなと思います。
想像してみてください。


生まれてから一切、病気の心配をしないって、
サイコーでしょ?(´v`)

カテゴリ:健康とわたくし | 16:33 | - | - | - |
”病気”のこと、ちょっと言わせてもらいたい<その5 家系で続く病気>

よく「うちはがん家系だから」という話を聞きます。

 

 

がん細胞というのは正常な細胞がある日突然コピーミスをして、
異常な分裂を繰り返す状態です。
がん細胞は健康な人でも毎日発生しています。
1日に5,000個のガン細胞ができるという学説もあるそうです。

 

それを退治しているのは働く細胞、免疫細胞の皆さんです。
ありがたいですね〜^^

 

ところで、
性格によってなりやすい病気があることをご存知でしょうか。

 

家系で続く病気っていうのは、
遺伝子にそういう細胞が組み込まれてるから
というよりは、

そういう病気になりやすい性格の人、
そういう生活習慣の人が多いってこともあるのではないでしょうか?

 

「うちはがん家系だから」と自覚しているのであれば、
実はものすごいチャンスだと思うんですね。

 

親族とまったく違う生活をすれば良いわけです!

 

と簡単に書きますが、難しいかも・・。
たとえ、縁を切って家出をして新しい土地で生活したとしてもです。
性格や考え方も変えなくてはいけないので、
大変な勇気が必要になるかもしれないですね。

 

ただ、「家系」を理由に諦めるよりは、
ジタバタしてみるのも良いと思います。
自分の代で止められるなら、

子供の代は「がん家系」では無くなりますからね^^

 

幸い、富裕層じゃなくても意識が高くなくても
今はいろんな情報が簡単に手に入ります。
(もちろん有象無象ですので真偽を見極める力が必要になりますが。)

 

本当に、今は”変える”チャンスに溢れていると思います。

 

ちなみに、
私は自分の家系(女系)をさかのぼってみて、
「葉酸」が不足しやすい体質なのではないかと行き着きました。
ということは、娘にもそういう傾向があるかもしれませんので、
味噌汁にはなるべくワカメを入れたりなど工夫しています。
このくらいなら性格を変えるよりも簡単ですね(*´v`)

カテゴリ:健康とわたくし | 16:38 | - | - | - |
”病気”のこと、ちょっと言わせてもらいたい<その4 子供に薬を飲ませる?>

子供に薬を飲ませない親御さんが増えてきましたねー!

 

(画像はイメージです)

 

以前、こんな記事を書きました。

子供のうちから医療ミックスのススメ!西洋医学・東洋医学・振動医学(2013.02.18)

 

我が家も相変わらず
予防接種は打たせない、薬は飲ませない、
病院にほとんど連れて行かない(”診断のため”に連れて行くことはあります)

 

そんな感じで子育てをしていますが
現在、うちの子がどうなっているかと申しますと

 

ジャカジャカジャカジャカ(ドラムロール)
ジャン!おかげさまで元気です^^

 

病気にならないわけではありません。
どうしても学生は集団にいなくてはいけないですからね。
本人や家族の予防だけではどうにもならない場合もあります。

 

昨年末に息子はインフルAっぽくなったし、
1月に娘がインフルBっぽくなりました。
(っぽく、っていうのは、病院に行って診断してないからです^^;
その時に学校で流行中のウイルスの症状から、そうじゃないかなーっていう判断です。)

 

基本的に病気は「寝てれば治る」と思ってるので、
いつも通りAFAを少し多めに与え、あとはしっかり寝かせました。

 

食欲がないときは無理に食べさせません。
身体が欲してないからです。
食べ物を消化するために使う膨大なエネルギーを、
病原菌をやっつける方向に回してもらった方が良いと思ってるからです。

 

基本的に、人間には自己修復するありがたい機能が備わってるのです。

 

こう書くと、
やはり薬って良くないわよね!飲ませちゃダメよね!
と思われるかもしれませんし、私も一時期そういう考えでした。

 

今は、
どっちでもいいと考えています。

 

薬を飲ませる飲ませない。
そんなことより、もっと大事なことがあると思います。

 

病気を“特別”にしないことです。

 

ただでさえ身体がだるくて辛いのに、
学校を休んで不安になるのに、
親や周りがワイワイ騒いだり、
迷惑そうにしたり、
早く治さなきゃ!とプレッシャーをかけたり、
そんな環境で、免疫力が上がるわけがありません。

 

一番良くないのは、
親が不安そうにしていることです。

 

長い人生、数日寝込んだからってなんも変わらんでしょ
と、肝っ玉母さんよろしくでーんと構えるのがおすすめです。

 

これは、私自身が病気の苦しさ辛さをよくわかっているからです。

 

もちろん、長引くとメンタルが弱るのもわかってるので、
(男子は本当に・・弱いよね^^;)
そこはなるべく不安を取り除くように配慮します。


有効なのは情報集めです。
今現在、流行中の病気は何日くらいで完治するのか、
ということを教えてあげると少し安心するようです。
ゴールが見えるとがんばれる、ということですね^^

 

私は子供達が病気になり、克服するとこう言っています。

 

その症状をよくおぼえていて。
どうやって治っていったのか、
その感覚をよくおぼえておいて。

 

病気を克服していく体験は
貴重な財産になると思います。

 

薬に頼ると子供が「自分で治した」という感覚がなくなるので、
私は飲ませないようにしているのですが

 

それぞれに生活スタイルもありますので
誰にでもおすすめはしないです^^;
そんな母子もいるんだな、くらいに考えてくださいね。

カテゴリ:健康とわたくし | 17:07 | - | - | - |
”病気”のこと、ちょっと言わせてもらいたい<その3 少しの工夫で・・>

息子は幼少期からアレルギー体質で
季節の変わり目に手足の関節の内側に湿疹ができていました。
とても痒くてじっとしていられないため、
皮膚科の薬は必須でした。
ひどい時は顔にもできました。

 

今の場所に引っ越してから、
家中全部、環境に優しい洗剤を使うようにしました。
洗濯、食器洗い、お掃除全部です。

 

(家中どこでも使える”ピリカレ”です。

粉を用途に合わせてぬるま湯で溶いて使います。

ボトルやスプレー容器にまとめて作っておけるので便利♪^^)

 

その後は湿疹が一切出なくなりました。

 

他の要因もあるかもしれませんのでなんとも言えませんが、
洗剤を変えた時期と湿疹が出なくなった時期は重なりますので
無関係ではないと思います。

 

身体が痒くない。
それだけで気が散らず集中ができるので良かったですヽ(´▽`)ノ
かゆい時期はほんとにかわいそうだったもん。

 

人生のうちのほとんどを過ごす住環境。
洗剤だけではなく、物の配置ひとつとってみても
健康に関わると感じます。

例えばボールペンの場所、鍋の場所、
ストレスなく取り出して使えるかです。


毎日のことですので
気づかないうちに小さなストレスが蓄積し、
病気になることもあるでしょうね。

 

かしこく商品を選んだり、
ちょっぴり工夫をすることで
回避できる病気もたくさんあると思います。

 

片付けマンガおすすめ2冊!大人女子&小学生男子(2017.02.27)

お掃除とフリーエネルギーの関係(2014.05.13)

 

【あす楽】エコパラダイス 粉石けん・洗剤 ピリカレ(1kg)|洗濯 洗濯洗剤 消臭 キッチン用品 キッチングッズ エコ洗剤 食器洗い洗剤 食器洗い 掃除用洗剤 掃除用品 弱アルカリ性 石鹸 せっけん 香害対策

価格:1,620円
(2018/3/26 17:42時点)

 

最近は、お洗濯はこちらに移行中です^^

洗剤いらずで洗濯機に入れるだけなのでとっても便利!!

部屋干ししても臭わないし、お気に入りです♪

メール便OK 洗たくマグちゃん 洗濯時の消臭+洗浄+除菌 洗濯マグちゃん 【洗濯用洗浄補助用品】 洗濯機 クリーナー 洗濯槽 消臭 水素水 金属マグネシウム あす楽

価格:1,294円
(2018/3/26 17:44時点)

カテゴリ:健康とわたくし | 17:55 | - | - | - |
”病気”のこと、ちょっと言わせてもらいたい<その2 春の太陽嵐>

実はここ数日、頭痛いしだるいし微熱はあるし、
あんまり調子よくありません。
娘の卒業式や、諸々の役割が終わって気が抜けたかもしれないです。

ふと3年前の日記を見ると、同じ時期に体調不良になっていました。
もともと花粉症だし、春先の風物詩かもしれません。
私もまだまだだわ(*´Д`)


以前勉強させていただいてたところでは
医科学とか量子物理学とか、
世間の常識に左右されない内容でかなり刺激的で面白かったです。


ただ、ぶっ飛びすぎてるので
ネットでシェアするのはかなり遠慮していました。
私もビビリでしたので、軽々しく広めてはいけないかなーって思っておりまして・・^^;

 

そして現在、
当時ぶっ飛んでいた内容はフツーになりました。
なんやねん、もっと早く書けばよかった(*´Д`)

 

その時に教わったことの一つ、
太陽フレアと病気の関係です。

 

(画像は NASA Goddard Media Studiosより引用しました。Credit: NASA/GSFC/SDO)


太陽フレア?なにそれ?

 

太陽は、いつでも同じように光ってるように感じられるかもしれませんが、
実際はこまめに爆発をしています。
この時に、X線、ガンマ線、高エネルギー荷電粒子
などなどが放射されます。


小規模な爆発は1日3回くらいあるそうですのでそう恐れるものではないのですが、
時々、ものすごい爆発があるそうです。

 

ロマンチックな話で言えばオーロラが見られますが
困ったことに、
この膨大なエネルギーは「太陽風」と呼ばれ、
通信障害などが起こりやすくなります。


また、人体にも影響を与えます。

よくあるのは頭痛、だるさ、などですが、
その人の弱ってるところが症状として出やすいそうです。

 

その話を聞いてから、
症状が出るのは自然現象によるものも大きい

と知り、
病気に対してあまり怖れることもなくなりました。

 

前回に書いた通り、

病気は何かの歪みを直すチャンスです。
症状が出たらどこが歪んでるのかを知らせてくれているので、
今までの自分を省みて、原因を探るのみです。

 

太陽フレアは、NASAを始め日本でも各研究機関が常に観測していて、
ネットで情報も見られますので興味のある方は調べて見ると良いかと思いますが、

 

私は流されやすいタイプなのを自覚しておりますので^^;
先にこういう情報を見てしまうと
「思い込み」で体調不良になりそうなのでなるべく見ないのですが、

後から調べて見ると
体調不良になったり、何かトラブルがあった時というのは、
自然界でもなんらかの異常(?)が起こった時だった
とわかることがよくあります。

 

春先って、太陽の光量も増え、芽吹きのエネルギーが充満します。
明るい色も増えてウキウキワクワクになることもありますが、
逆に、新しいことへの不安やストレスを感じやすくもあります。

 

5月病はそういうメカニズムでもあるみたいです。
3月4月に無理に気を張って、5月に限界が来ちゃうんですね。

 

月の満ち欠けが出産率に関係するという話も有名ですね。
人間も自然の一部なんだなあとしみじみ思います。


つづく

 

★「うつヌケ」にも、気圧や気温の急激な変化と

うつ症状の関係について書かれていますね^^

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち [ 田中 圭一 ]

価格:1,080円
(2018/3/25 09:15時点)

カテゴリ:健康とわたくし | 00:01 | - | - | - |
”病気”のこと、ちょっと言わせてもらいたい<その1 病気ってなに?>

こんにちは、病気評論家のパセリです。
講演のご依頼、セミナーのスケジュールは下記をご覧ください。
(って書くと、本当にアクセスしてくる人がいたりして(≧∀≦)冗談ですよ〜)

 

 

私は少し敏感体質で、世間で良いと言われてるものが良くなかったり、
様々な病気を体験したりしています。(ブログにも一部書いています)
知識上のテキトーな話ではなく、
全て体験からであることを前提にお話しします。
(生まれつきの病気はまた別の深い話になっちゃいますので
それはちょっと置いときます。
後天的に発症した病気とお考え下さいませ^^)

 

以前、健康のことを色々勉強していた時に教えていただいたのは
徹底して

 

病気は生き方の歪みである

 

ということでした。

 

病気って、いい人も悪い人も関係なく
なる人はなるし、ならない人はならないですよね。

 

悪い人はバチが当たって病気になる?
それが本当なら、今頃世界は平和ですよね^^;

 

病気というのは、
どっか歪んでるよ!という

シンプルなサインです。

 

食生活かもしれないし、
精神的なことかもしれません。

規則正しい生活が必ずしも本人に合っているとも言えません。

 

今は本当に
何かしら心身にトラブルを抱えてる人が多いですね。
自覚してない人も多いでしょうね。

でもちょっと話を聞いてみると、
「それって・・病気になっても仕方ないでしょ・・^^;」
って思うこともあります。


普段から病気になりたいとしか思えない生活をしてるってことを
本人は気づいていないのです。


・・って、私は他人なので客観的に見られますが

何度もブログで書いてますが、
一番気づかないのって、自分なんですよヽ(;´Д`)ノ
私だって自分のどこが歪んでるのか簡単にはわかんないです。

 

だから、何かの病気になった時は
実は大きなチャンスなんです。

 

歪んでいない自分(=心身のトラブルが一切ない自分)とは、
一体どういう状態か。

 

想像してみませんか?^^


つづく

カテゴリ:健康とわたくし | 11:42 | - | - | - |
インド医学って面白い♪甘く見ると痛い目にあう目薬カトラミデ

さてさて
前回のつづきです。

インドから個人輸入できるサフランロード

 

『アーユルヴェーダおすすめセット』に入っていた目薬です。

 

カトラミデ

 

 

こちらも天然成分だけで作られていて
ロータス・ハニー(蓮の蜜)も入ってるのでとってもスイートな香り!
色もねっとりした茶色で、メープルシロップに近いです。
ホットケーキにつけたら美味しそう。
(食べないけどね(≧∀≦)でも食べても大丈夫かも??)

 

・・で、これがですね、
説明を読んで、覚悟して点眼しましたけども、

 

めっちゃしみる〜〜〜〜!!!!(T△T)

 

左目に点眼して痛すぎて、続けて右目に入れられないくらいです!

 

そのあとはスッキリ爽快。
涙がたくさん出ますし、涙と一緒に汚れも出てくれます。

 

目が疲れてる時とか、汚れてる時は特にしみます。
逆に、特にトラブルがない時はあまりしみません。
(トマトくんも試してみましたが、思ったよりしみないと言ってました。
私が大げさすぎるのかしら^^;)

 

正直言って『おすすめセット』に入ってなかったら
異国の薬を目に入れようなんて思わなかったですよ〜。


今ではすっかりクセになって、
この痛さがイイ!他のはイヤ!とまで思えるようになりました。
(苦行スイッチを持つわたくし(笑))

 

花粉がピークですが、
今のところ、私は大丈夫です。
シラジットとカトラミデで乗り切れると良いなあ。

 

インド医学(アーユルヴェーダ)は予防医学。
病気になったらどうするかではなく、病気にならないためにどうするか。
この考え方が私は好きです^^

カテゴリ:健康とわたくし | 13:48 | - | - | - |
| 1/6PAGES | >>