『MENTALIST(メンタリスト)』と『SPEC(スペック)』(追記しました)

”うっかり”Amazonプライム会員になってしまい、
(なぜうっかり?
あなたの周りにもきっといます、うっかり会員になった人^^;)
観たい作品もあったのでAmazon Fire TV Stickを購入し
すっかりAmazonの戦略にはまってしまったパセリです。

(年会費3,900円で観放題、読み放題、聴き放題って。悪魔だわヽ(;▽;)ノ)

 

今は昼ごはんを食べながら
『MENTALIST(メンタリスト)』を観て、

THE MENTALIST/メンタリスト<ファースト・シーズン>セット1 [ サイモン・ベイカー ]

価格:2,420円
(2017/12/11 11:48時点)

寝る前に子供達と
『SPEC(スペック)』を観ています。

SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿【Blu-ray】 [ 戸田恵梨香 ]

価格:23,328円
(2017/12/11 11:49時点)

ファンの多い作品たちなので、いまさら!?と思われるかもしれませんが
初めて観たので面白い!!
しかも、この2作品を1話ずつ見ていくというのが何とも不思議な感覚でございまして。
両方とも警察の話です。

 

見たことない方に簡単に説明しますと、


『MENTALIST(メンタリスト)』は、
元詐欺師で霊能者(サイキック)と偽り活躍していたパトリック=ジェーンが
警察の犯罪コンサルタントとして事件を解決していく話。

 

『SPEC(スペック)』は、
超能力を使った特殊な犯罪を、自身も超能力者(スペックホルダー)の当麻紗綾が事件を追うという話。

 

メンタリストのジェーンは
「霊能力なんて存在しない」と言い、全て、観察眼と推理力で
相手の心理をズバズバ当てていってしまいます。
また、相手に”それを選ばせる=操作する”ことも得意です。
(あまりに当たるので、同僚の信心深いヴァンペルトは最初はずっと
やっぱりあなたはサイキックよ!と言い張ってました。)

 

片や、
スペックの当麻紗綾は、
「人間の脳は90%使われていない。誰でもスペックが目覚める可能性がある」と言います。

 

どちらかといえば
メンタリストの方が現実的で、
スペックは荒唐無稽かもしれないですが・・

 

スペックに
”記憶を書き換える能力を持つ者”が出てきます。
・・ここまで極端ではないけども、
故意に、または自覚なく記憶を書き換える人って
結構いるよねー・・・なんて思いながら観ていました。

(あんまりこういうことを言うと統合失調症とか言われそうですが)

 

メンタリストのジェーンの技術も

これはこれで特別なスペックだよね??とも思いますし、

 

何れにしても個々の才能が何かよりも、どう活かすか?

(善に使うのか、悪に使うのか)

の方が大事ですよね。

 

自分の能力を過信し、溺れる恐ろしさは

両作品に共通しています。

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 12:38 | - | - | - |
Twitterへの投稿が意外にも国語の勉強になる件

トマトくん高校2年。ついにスマホを持ちましたヽ(´▽`)ノ
(ほんとはね、本人はまだいらないって言ってたのですが
色々ありまして、もたせた方が合理的なので。)

 

そして、前からやってみたかったとのことでTwitterを始めました。
自分で作った工作やゲームの話題などを投稿しているようです。

 

写真のキレイな撮り方や投稿の文章などなど
一応、先輩だと思ってくれてるのか(笑)
色々と質問してくれます。

 

トマトくんにアドバイスする中で、
発見したのは

Twitterへの投稿は国語の勉強になる!
ということ。

 

Twitterは、ご存知の通り日本語は140文字という制限があるし
投稿を見てもらうためにはハッシュタグ(検索ワードのタグ)が必須になるため、
うち込める文字数はかなり少ないです。

 

重複した文字や表現は避け、
伝えたいことを簡潔にしなくてはいけません。

 

この文を「●●」にすれば2文字減らせるよ、
こういう表現の方がわかりやすいよ、
この文は画像を見ればわかるから空いた文字数で自分の気持ちを書いた方がいいよ、
などなど、
さながらコピーライターの編集会議。

 

母親にごちゃごちゃ言われるのって普通は嫌がるよね^^;
私も母としてではなく、
プロ目線で真剣にアドバイスします。
それを的確だと思ってくれてるのか、
楽しそうに聞きに来てくれるのは嬉しいです^^

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 12:55 | - | - | - |
久しぶりに赤ちゃんたちを見て思ったこと(辛口(*´ω`*))

今日は友人たちと絵本読み聞かせ講座に行ってきました。
赤ちゃんや幼児を連れたお母さんがいっぱいで、
手遊びや歌もありました。

久しぶりにちっちゃい子供達を見て、
なんだかトマトくんが幼い頃を思い出して懐かしく・・
というより、切なくなりました。


母子で一緒に通った、障がい児中心の療育園。
手遊びもいっぱい教えていただきました。

トマトくんは多動児だったので園でもいつも元気一杯だったけど、
卒園の日だけ、全く元気がなかった。
当時3歳ですがちゃんと分かっていたのでしょう。

 

ワンオペ育児だったなあ・・
当時はそれが普通だったけども。

そんなことを思い出しながら幼い子供達を見ていたら、


猛烈に

 

いま、実権を握ってる政治家たちは、
ちゃんと真剣に子育てに向き合ったのだろうか???

 

という疑問が湧いてきました。

 

ちゃんと向き合っていたら、
少なくとも子供達を無視して
重箱の隅をつつくようなくっだらない議論で時間を費やしたりしないし、
●●再稼働なんて頭おかしい発想は出ないはずだわ。


もういっそ、保育園で手遊びしながら議会を開いたらどうか。


きっといいアイデアが出ると思うよ。
(あーあ、言っちゃった(*´Д`)政治の話は避けていたけど、
今日の私はどうかしてるんだわ)

 

その後、別の知人と仕事の打ち合わせでした。
まあ色々と困ってるみたいで^^;
「俺は腹黒くてもちゃんとした仕事をしてくれる人が好きなんだよね」
と言っていました。


知人の言いたいニュアンスは、実は逆説で、


ちゃんとした仕事、っていうのは、相手を気遣い、

思いやる仕事ができるということです。

 

そういう人って結局、腹黒くないですよね。

 

ちなみに私のことは、ちゃんとした仕事ができる人だと思ってくれているようです。
(知人の指示がかなり丁寧で、しかもゆとりを持たせてくれるのでやりやすいからですけどね。
精一杯はやるけど、誰のどんな仕事でもちゃんとやれるわけではないのよ( ̄∇ ̄;)腹黒いしww)

 

そんなこんなで・・
夕方、たまたま(またこのパターン。すでに特殊能力だわ。)
ネットで16:31に配信されたこんな記事を目にしました。

 

「やってもやっても壁に当たっていた」赤ちゃんと一緒に議会に出た彼女の想い
「世の中には多くの働く母親が直面している『厳しさ』があります」


熊本市の定例市議会に生後7ヶ月の長男を抱いて議場に入った女性議員が問題になっているとのこと。


詳しい内容は記事を読んでいただくとして、

私はこの記事を読んだだけなので何が良いとか悪いとかはわかりませんし、
軽々しく分かったような口でネットに書き込むのもおかしいと思いますが、
これだけは良くわかりました。

 

つまり、
生後7ヶ月の子を抱いて議会に出
なくてはいけないくらい、
今の政治は安心して任せられない。
政治家はちゃんとした仕事をしてないっていうことですよね。

 

(あーあ、言っちゃった(*´Д`)政治の話は避けていたけど、
今日の私はどうかしてるんだわ再び。)

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 20:52 | - | - | - |
敏感すぎて疲れやすいのは『HSP』だから?

十数年前から自分を変えることを意識しながら生きてきました。

 

変える、というのは「返る」とか「帰る」という意味だと思います。
つまり本来の自分に戻ることです。

日常を通して成長し、失敗から学びました。
(人は体験しか真の意味では学べないようです。)

 

しかしどうしても超えられない壁があることに気づきました。
いや、壁っていうよりもフタかな。イメージとしてはマンホールの蓋。

 

成長したからこそ見えるようになったのです。
見なかったことにしても生きられます。
おそらく数年前の私なら、見つけても怖くて開けられなかったです。

 

でも、これを開けない限りこれ以上先に進むことはできないし、
何をやっても同じ結果になるのではないかと気づいてしまいました。


マリオで言えば、
おんなじステージをクリアし続けてもピーチ姫を助けるステージまで行けない。
(うまい!(*´ω`*)マリオやったことないけどね(爆))

 

(画像は任天堂公式サイトより引用)

 

でも開け方が分からない。どうすれば?

そこで最近知ったのが『HSP』という概念です。

 

罪悪感を感じ、落ち込みやすい。やけに生きづらいあなた 。HSP(とても敏感な人)診断してみませんか


本当はこういうの決めつけられるみたいでイヤなんですよ。
なぜかというと、私は流されやすいところがあるので
知識で知ってしまうとそのように振舞おうとしてしまうのです。

が!
それこそまさに『HSP』の特徴だと知りましたΣ( ̄ロ ̄lll)

 

以前見かけたある題名の本、
意を決して購入しようと思って本屋に行ったのですが、
まだどうしても手に取る勇気がなく、
まずは『HSP』のことを知ろうと思いました。

 

『敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本』

敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本 [ 長沼睦雄 ]

価格:1,296円
(2017/11/27 11:27時点)

この本は『HSP気質』に起こりやすい困りごとやトラブルに、
精神科医の見地から原因と理由とアドバイス、という構成になっていて
イラストがいっぱいで読みやすいです。

 

読み進めていくと、
なに??どっかで私を監視してる??っというくらい当てはまることがいっぱいで・・。
と同時に、子供達にもこの傾向があると感じました。

 

まだ私は『HSP』という概念を知ったばかりなので
上っ面の知識で書くのは差し控えますが、
今まで私自身が様々な経験を積む中であみだした
『生きづらさ』に対処する方法、
「こういう方法ならなんとかやれる」「こういう時は逃げた方が良い」などなどが
まさにピタリでした。

 

『生きづらさ』を感じてる人は、読んでみると気づきがあるかもしれません。
おすすめです^^

 

ちなみにこの本の巻末に記されてるカウンセラーさんのブログがめちゃ面白いです!


『私の中の森』

 

ご自身の体験を通して得たことなどを書かれています。
(体験談というのは本当に貴重なのです。絶対に他の人は書けないからです。)
『HSP』の悪い面もズバッと書かれていてかなり気持ちがいい!

自分を省みてチクッグサッとくるのもありますけども^^;
それでもまだ成長できるな私♪と思えます。

 

カテゴリ:健康とわたくし | 13:55 | - | - | - |
子供の頃に『君たちはどう生きるか』を読んだ人はどう生きてますか?

ずっと気になってた本!
やっと店頭に並ぶようになったので購入しました!
『漫画 君たちはどう生きるか』

 

漫画 君たちはどう生きるか [ 吉野源三郎 ]

価格:1,404円
(2017/11/24 10:36時点)

原作は1937年に出版された児童小説です。

(以下、出版社の説明より引用)
————————————————————————————————
勇気、いじめ、貧困、格差、教養、、、
昔も今も変わらない人生のテーマに
真摯に向き合う主人公のコペル君と叔父さん。
二人の姿勢には、生き方の指針となる言葉が
数多く示されています。
————————————————————————————————

 

まず、ズガーンときたのは、
友人を裏切ってしまい後悔の波に押しつぶされそうになっている
コペル君に宛てた叔父さんからの手紙です。

 

 

(本文より引用)--------------------


いま君は、大きな苦しみを感じている。
なぜそれほど苦しまなければならないのか。
それはね、コペル君。
君が正しい道に向かおうとしているからなんだ。

 

(本文より引用ここまで)--------------------

 

なんて優しい言葉なんだろう!

そしてノートにはこのような一文。

 

(本文より引用)--------------------
 

人間が本来、人間同志調和して生きてゆくべきものでないならば、

どうして人間は自分たちの不調和を苦しいものと感じることができよう。
(中略)
誰だって自分の才能をのばし、その才能に応じて働いてゆけるのが本当なのに、
そうでない場合があるから、人間はそれを苦しいと感じ、やり切れなく思うのだ。

 

人間が、こういう不幸を感じたり、こういう苦痛を覚えたりするということは、
人間がもともと、憎み合ったり敵対しあったりすべきものではないからだ。

また元来、もって生まれた才能を自由にのばしてゆけなくてはウソだからだ。

 

(本文より引用ここまで)--------------------


さらにこちら。
コペル君が、「集団心理の怖さ」に気づくシーン。

 


戦前にこれを書かれたなんて。
原作者の吉野源三郎氏は本当に素晴らしいと思うのだけども、
当時の問題と、今の問題、あまり変わっていないのですね(><;)
もう80年も経ってます。
子供の頃に『君たちはどう生きるか』を読んで感銘を受けた!という人で、

お子さんを育てられた人、

人の上に立つ、人を導く立場になった人もたくさんいらっしゃると思います。
どのように生きてこられましたでしょうか。

 

これを読み終えて
そうか、今、この時期に、急いでこの本を出版する必要があったんだ、
と思いました。

同じ日に小説版も出版されています。

 

君たちはどう生きるか [ 吉野源三郎 ]

価格:1,404円
(2017/11/24 11:21時点)

本当に、素晴らしい本です。

今、この本を読むことができて良かった。

こういう考えの大人が存在し、

作品として世に残していたということがとてもとても嬉しいです。

ありがとう!出版社!

私もかっこいい大人になれるよう、日々精進です。

 

実は、最初に驚いたのはですね・・、
やらしいですが、正直に言いますと^^;
本の紙の薄さです。
絵柄も含めてあえてレトロな感じにしてるのか、
出版業界の事情なのでしょうか?
それにしても内容と反比例してるように感じました。
なんでもう少しいい紙に印刷しないのだろう?
学校図書館においてもらいたいのですが、この紙の薄さはちょっと心配なんですよね・・。( ´Д`)

 

叔父さんからのノートの部分も漫画にすれば、本が苦手な小学生でもよめたのにと
少々残念な気持ちと、
原作を読んでない私には漫画の内容と
叔父さんの文章が少し噛み合ってないように思えました。

 

完全漫画版にして、もう少し良い紙での印刷を求む!

(他の出版社がやりそー^^;)


マガジンハウス『漫画 君たちはどう生きるか』特設サイト


仕掛け人に聞く『漫画 君たちはどう生きるか』大ヒットへの道のり

 

宮崎駿監督の新作は『君たちはどう生きるか』 「その本が主人公にとって大きな意味を持つ」

 

 

カテゴリ:この本、読んでみて! | 12:36 | - | - | - |
お仕事中の気持ち、どこに軸を置く?

昨日、ミツバチ=労働の記事を書いてるまさにその時に、
知人から仕事の電話がありました。
このことかー・・と思いました^^;

 

詳細は書けないのですが、
要は、内部で揉めてるとのこと。
知人の話は納得できるところもあれば、できないところもあれど、
私でできる範囲のことだったので
協力する旨を伝えて電話を切りました。

 

なんで揉めるんだろう???
より良くしたい気持ちはみんな同じのはずなのに、
やっぱり男社会かー・・(;´д`)
とモヤっとしていましたが、

一晩寝たら理解できました。

 

そうか、軸が違うんだ!

 

一方は、来てくれた人や関わってくれた人を楽しませようとしていて、
一方は、自分たちが楽しもうとしてるんだ。

 

知人は「シナジーができてない」と言ってましたがそういうことか。
(いやー・・シナジーを作るには・・お互いの言い方も・・以下自粛)

 

確かに・・私も最近、
「仕事に持ち込まれる身内感」を懸念していました。
限られた地域の仕事をするときはこの「身内感」が大事にもなりますが、
総じて「身内感」は、とても閉鎖された印象を受けます。

 

ちょっと変だけど「俺が」「私が」がんばったからいいよね?
うん「君が」がんばったからいいよ、ちょっと変だけど。
という感じです。


本来は一番意識しなくてはいけない

「その先の人(消費者やお客さん)」が不在になってる。

 

地方独特?と思ったのですが、
住んでる場所は関係ないみたいヽ(;▽;)ノ


「我」を通したいだけの人が意見を言っても通っちゃうのが「身内感」。(←これ本当にカンベンして欲しい)
そんでもって、内部の誰かが人一倍負担をかけられても気づかれないのも「身内感」。

 

そういえば、今まで仕事のこともそれ以外のことも、
違和感を感じていたのはこの「身内感」だわ。

 

仲間内でワイワイ楽しくやるのもいい。それも大事。
でもそれ以上のことをしようとするなら、
「身内感」を排除しない限りいい仕事はできない気がします。

 

ちなみにこの知人の話、非営利なんですよねー・・。
メンバー皆さんそれぞれ仕事を抱えてる中、時間を作って活動してるわけで、
むずかしいところではあります。

 

古いやり方を変えない限り、スムーズにやるのは無理だと思うわ。
今は平成だよ?しかもそろそろ平成も終わるよ?
って、思っちゃいますけどね。
(無責任に言いたい放題すいません。ヾ(´ε`*)ゝ)

 

こちらも読んでね↓

集団心理<その2>仲間意識(2017.06.14)

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 10:59 | - | - | - |
ミツバチブンブン♪

最近、なぜか部屋の中にミツバチが飛び込んできます。
その度に子供達が大騒ぎ。そっと外へ逃してあげるのですが、


先日はベランダで洗濯物を干してたら
1匹のミツバチがやたらとまとわりついてきました。
あまりにしつこくって
刺されるのも嫌なので部屋の中に退避しました。

 

そして昨晩、
ミツバチにまとわりつかれる夢を見ました。
3匹、しかも顔に^^;
刺してこようとしてるわけじゃなくて、くっつきたいみたいで・・。
とはいえうっかり刺されたら嫌なので
逃げ回りましたが、全然離れません。
特に恐怖心はなかったのですが、
とにかくしつこくって。

 

実際にまとわりつかれたからそういう夢を見たんだろう、
とも思いましたが、
いやいやまてまて、こんなにミツバチに絡まれるって
なんかあるってことかも?
と思い直して色々調べてみました。
いろんな説があるようですが、共通してるのは、

 

ミツバチって、労働の象徴だそうです。

 

労働・・仕事かーーー・・。

 

いやまあ確かに、
仕事のことはいろいろとございますけどね^^;

 

そういえば、顔にとまりたがるイキモノ、いたなあ。↓

今日見た不思議な夢〜不思議な生物と先生〜(2014.10.25)

カテゴリ:夢の中の話 | 15:17 | - | - | - |
赤いカプセルと青いカプセル、どっちを飲む?

今また「マトリックス」が注目されてますか?
それとも私の意識が引き寄せてますか?(笑)
どういうわけか、最近マトリックスがらみの話題をやたらと目にします。

 

このブログを見てくれてる人は全員「マトリックス」を観たことがある、という前提で書きます。
(観たことがない人は人生の半分損してると思うぞゞ( ̄∇ ̄))

 

さて、救世主(かもしれない)ネオを見つけ出したモーフィアスは、
ネオに選択させます。

 

赤いカプセルを飲めば、真実を見ることができる。
 青いカプセルを飲めば、今まで通りベッドで目が覚め元の世界に戻る。」

 

ネオは迷わず赤いカプセルを飲みます。
今まで現実世界に違和感を感じていたから当然ですよね。

 

そして、目覚めたネオは、
恐ろしい真実に直面し戦うことになります。

 

乗組員サイファーはネオに
「青い方を選んどきゃよかった、と思ったろ?」
と冗談めかして言います。
その後、サイファーはモーフィアスたちを裏切り、
マトリックス(仮想世界)に戻してもらおうとします。


9年間、ザイオン(真実の世界)にいてサイファーが悟ったことは、
知らないことの幸せ
だそうです。

 

いやもう、サイファーの気持ちもわかるんですよね。
何も知らずにおいしいものを食べ楽しく暮らし、
適当な時期に死を迎えることができるなら、
幸せですよね。

 

ザイオンの中で共に戦っているとしても
それぞれの考え方があるわけで、
責めることはできないです。
(裏切りは罪ですが。サイファーはユダ的な役割なので。)

 

「生き方」には2種類あるのかもしれません。
赤→真実を見よう探そうとして生きる
青→与えられたものをそのまま信じて生きる

 

どちらがいいか、なんて、人それぞれで、
赤を飲む人が青を飲む人を責めることはできないし、
その逆も然り。

 

私はまあ・・マトリックスに違和感を感じるタイプなので、赤を飲むかも。

 

ただ・・結局これかもしれないです。
赤と青、どっちを飲んでも、その場で自分がどう生きるかです。

トマトくん語録〜中身はあまり変わらない〜(2016.10.19)


よかったら読んでね。マトリックスがらみの記事↓

今日見た不思議な夢 〜ザイオン〜(2014.02.16)

今更ですが、マトリックス サティの謎(2013.04.12)

夢からダウンロード!〜なぜトマトくんは突然できるようになったのか?〜(2014.07.03)

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 17:11 | - | - | - |
人は皆、自分の人生を自分で決めている?

心身のことを学び始めて最初の時期に知ったことは、
「人は皆、自分の人生を自分で決めている」ということでした。
苦しみや悲しみや病気や、そんなことも自分で決めているというのです。

 

当時這い上がりかけていた私でしたので
(この経緯も以前は掲載していましたが今は非公開にしてます〜^^;)
そんなっ・・こんなに辛いのに、全部私が決めてるなんて・・と多少ショックでしたが
それでも、
なら、自分の人生は自分で変えることができるんだ!と前向きに頑張っていました。

 

だからと言って、
全てが自分の思うようには行かないです。

今まで生きてきた自分自身の「思い込み」と、
世間的な「しがらみ」という大きな波のようなもので
うまく行かないことは多数です。

 

それでも、その「しがらみ」に飲み込まれる状況にいる、
影響される位置にいる、という選択をしているのは自分です。

 

自分が今、どのような位置にいるのか。
どうすればいいのか、どう避ければいいのか。
正確に判断することはとても難しいです。

 

今、振り返ってみて
「人は皆、自分の人生を自分で決めている」っていうのは
本当だなーー(xдx;)と実感しています。

 

様々な悩みを抱えてるのは、
そういう生活・性格・考え方をしてるからです。

シンプル&クールでしょ?

 

例えばですが
「○○で悩んでるんです・・」と相談したとして、
めっちゃクールな対応をするカウンセラーさんは、
「だってそれ、あなたの望み通りでしょ?」

というセリフを
ぐっとこらえてるのかもしれなかったりしてね^^;

 

ただ、悩みの真っ只中にいる人に本当にそんなこと言ったら大惨事です。
誰だって、全部自分の責任だ、なんて、重すぎて抱え切れるわけがないです。
(なので、この話は信じたくない人は信じなくて良いですからね。)

 

そして、
人は神社仏閣に行って手を合わせ、心を鎮める。
本来の宗教っていうのは重荷を下ろすためにあるんでしょうね。

 

すると本気の神さま仏さまだったら、
悪いことを起こして目覚めさせるんじゃないかな??
「アメをあげないのは、お前のこういうところが悪いからじゃーーーーー!!!!!」という感じ。

 

で、ちゃんと改心したら、もちろんアメをあげる。

日本昔ばなしみたいですね^^;

 

もし、自分を何も変えてないのにサクッと願いを叶えてくれたとしたら、
めんどくさがりの神さまなのかも???
(罰当たりです!すいません!)

子供が「アメ欲しいよー!」って泣いてるのを
はいはい、って与えてる、みたいな。

(ただ、これをわかってくれる人間がほとんどいないから、

とりあえずアメをあげて、いずれ改心することを待っているのかも。)

 

 

心身の学びを意識しながら生活していると、
どうしても回避できない現象が起こります。


それは「噴き出し」です。


今まで隠されていたことや我慢していたことや押さえつけられてたことが
一気に噴出することがあります。
いつ、どこに出るかわからない。
自分にかもしれないし、自分の周りかもしれない。


私にも何度も起きました。
その時はとても辛いです。
何も知らない方が良かった!がんばらなきゃ良かった!と思えるほどです。

 

ただ、そのあとは。
空の色が変わります。
スコーーーーン!という突き抜けたような空の色になります。

台風一過の空の色です。
ただただ辛いのと、噴き出しで辛いのは、
”質”が違うのですぐわかると思います。

(あっ、真っ只中にいるとわからないか^^;でも、後でちゃんとわかります)

 

もし神社仏閣にお参りに行った後に

悪いことが起こったら、
本気の神仏が大きな愛で味方してくれてる!と思えば
なんだかがんばれそうな気がしませんか?

(今のところ、私にはそういう経験はないんですが^^)

 

「噴き出し」は誰にでも起こります。

大事なのは噴き出しそのものよりも、それに気づけるかどうか。

気付けば誰にでも乗り越えられる!

と、思いながら私も日々を過ごしています。^^

カテゴリ:ココロとアタマ | 11:32 | - | - | - |
反省・・・からの・・?

桜井識子さんのブログに素敵なことが書いてありました。
神仏を信じる信じない関係なく、
とてもわかりやすいアドバイスだと思いますので
読んでない人はぜひ^^

 

生きているうちにしておく心の浄化

 

優しいなあー(*´v`)

誰でも無意識に悪気なくやらかしちゃったこと、

1つや2つや100個やあると思いますが、

気づくのが大切で、

気づいた後の行動がさらに大切なんですよね。

 

 

私が心身のことを学んでいる中で知ったことなのですが、
”人は肉体があるうちにしか成長することができない”
のだそうです。


なので、
生きてるうちに起こるトラブルは、
何かを気づかせようとしているのです。

気づかなければ、
同じようなことが何回も起こります。

逆に、何回も起こるのならありがたいのかもしれないですね。
何度もチャンスを与えられてるということですから。

 

ただ、半端なく辛い時もありますし、
本人に気付けるだけの度量がなく、
なんやかんや人のせいにしていたりすると、
なんかまあ・・さらに・・なんだか・・な感じになる・・んですかね?^^;

 

というわけで、自己反省は大事なわけですが、
このブログでも散々、自己肯定感だの自分をほめるだの書いていましたが、
自分軸ができると安心して反省ができるようになるんですよね。
反省できない人っていうのは、
反省したら自分がなくなってしまうのでは、という恐怖心があるのかもしれないです。

 

(※ここから下は、ふーん、意味わかんない。パセリさんてやっぱり変人ね。くらいな気持ちで読んで下さい^^;)

 

私も、散々反省しました・・。
反省はしなきゃいけないと思っていたからです。

ところが・・ところがですよ・・

 

「パセリさん、あなたは反省しないほうが良い人だと知っていますか?」

 

今年の3月、ある人から言われた言葉です。

一体これはどういうことなのか。
私は反省がすぐに罪悪感に直結してしまうから??
ずっとこの言葉をどう解釈したらいいのかわからなくてもやっとしていました。
(あまりに晴天の霹靂で、意味をよく理解できなかったのです。)

 

そして今朝、お掃除中にいきなりわかりました。

 

私に必要なのは、
”反省”じゃなくて、”認識”ってことでは?

 

これは、私のことだけじゃなく、
子供達の成長にも通ずる発見です。
生きてるうちに気づけて良かったと思います・・本当に。

 

私ってなに・・反省すらも手放さなきゃいけないの・・、
本当にもう、私って、
めんどくさい生き物だなあ!!(いい意味で)

 

懐かしいコピーを思い出しました(笑)

「反省だけならサルでもできる」

カテゴリ:ココロとアタマ | 12:08 | - | - | - |
| 1/71PAGES | >>