危険思想で死罪??(@@;)『崇高なるソクラテスの死』

この『哲学用語図鑑』を読んで、
ソクラテスにビビビときたので勢いで注文しました。

 

『崇高なるソクラテスの死』

崇高なるソクラテスの死

価格:1,296円
(2017/8/18 20:06時点)

普通の絵本のつもりで注文したのですが、

サイズがコンパクトで読み聞かせには内容が高度すぎる本でした^^;;

大人向け絵本ですね。

 

ソクラテスは、『無知の知』や、『ただ生きるのではなく善く生きる』など
素晴らしい言葉を残した人ですが
危険思想と判断されて(余計なこと言って陪審員に嫌われた、という感じ??^^;;)死罪になったと。
弟子たちは国外逃亡を勧めましたが、
たとえ無実であっても自分は脱獄という不正を行わない、
『悪法もまた法なり』と、死刑を受け入れたそうです。

 

なんかかっこよくないですか?(*゚∀゚)=3

 

それにしてもソクラテス氏は幸せだなあと思いました。
多くの弟子や友人、家族が集まって嘆いてくれたんだもの。
自分の思想を理解してくれる人たちがたくさんいたんだもの。
(騒いでうるさいからって奥さんたちをおっぱらったようですが^^;;;)


ここが孤独に亡くなったニーチェとの大きな違いなのかも…(´;ω;`)
ひとの人生を比べるなんて失礼なのかもしれませんが。

(多分、両人とも変人だったでしょう。

時代背景が変人を受け入れていたかどうかも関係してるかも。)

↑また究極失礼なことを…ヽ(≧∀≦;;)

 

ちなみに、

この本は『哲学用語図鑑』の著者、田中正人さんがブックデザインをしたそうです。

 

哲学用語図鑑 [ 田中正人 ]

価格:1,944円
(2017/8/16 09:39時点)
感想(14件)

そうなんです、『哲学用語図鑑』はデザイナーさんが書かれているので
ここまでわかりやすいんですね!
やっぱり情報を易しく伝達する者は世界を制すヾ(´ε`*)ゝ
※デザインの語源は、『計画を記号に表す』というラテン語です。

カテゴリ:この本、読んでみて! | 20:08 | - | - | - |
やっぱり哲学って面白いヽ(≧∀≦)ノ『哲学用語図鑑』

昨年の昨日(終戦記念日)の日記を見たら
「ニーチェに感銘を受けた」と書いてあって
そうか、あれから一年…と思いを馳せておりました。


今までの人生で何度も『パラダイムシフト』が起きましたが
一年前のシフトはでかかったな〜。
『ニーチェ前・ニーチェ後』というくらい、自分の人生に影響を与えてくれました。

 

そして1年後の私^^
この本を読みました。

哲学用語図鑑 [ 田中正人 ]

価格:1,944円
(2017/8/16 09:39時点)
感想(14件)

めっちゃおもしろいです!
古代の哲学から現代の哲学まで、
時代順に哲学の変遷を追っていくことができます。

 

小難しい哲学用語を
イラストを中心にわかりやすく解説してくれているので、
哲学(の歴史)初心者の私にぴったりです〜〜♪

 

しかも、その思想が生まれた時代背景も含めて
何から影響を受けたものなのか、
その思想とは反対の思想、覆そうとする思想、
その哲学者の性格的なものまで(笑)
懇切丁寧に書かれています。

 

こうして哲学の変遷をみていくと、
なるほど確かに、
その人が生きていた『時代背景』というのはずいぶん重要なんだな、
と思いました。
人々の意識が偏りそうになると
それを覆そうとする思想がちゃんと出現するのが面白いです。

 

古代から現代まで、共通してるのは
『神、または何らかの絶対的な存在』を
思想に含めるか含めないか?
というところで大きく分かれてる気がします。

確かに、『絶対的な存在』があると、
「だってそうだもの。」で帰結してしまうので(´ε`*)
ほんとにほんとに考えるのが好きなら、
「絶対的な存在はない、という前提で」考えたほうが
チャレンジしがいがありますよねー。

 

人間って本当に面白い。
同じような脳を持ってるのに、
こんなに人それぞれに、考えることができるんですよね。

 

ただ、この本に載っているのは有名な人や哲学を生業にしている人たち。
実際には、普通の会社員さんとかスーパーのレジのパートさんのほうが
革新的で真理に近い哲学を持ってるかもしれません。
哲学は、日常を生きるために応用されてこそ、

というのが私の哲学です(*´v`)

 

カテゴリ:この本、読んでみて! | 11:04 | - | - | - |
光がくっついてます(・・ただし条件付き)

あんまり怪しいことばっかり書いてるとほんとに
変な人だと思われるかもですが
(あ、正解ですが^^;)

 

私にとってはフシギ話もあくまで現実を生きるための教材ですので
そのように捉えていただければと。

 

お盆だしヾ(´ε`*)ゝ

 

 

4、5年前に見た夢を今頃^^;
分析とともに書いてみます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ある人に、「アカーシャがついている」と言われました。
頭の右ナナメ上くらいにくっついてるようです。
離れると「悪」になるようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

アカーシャ??誰????

 

最初、サンスクリット語の「虚空、空間、天空」を思いついたのですが
どうも人名っぽいので
その後いろいろ調べてみましたら、

「虚空蔵菩薩」の梵名が「アーカーシャガルバ」というのだそう。

 

その後さらに、
とあるところの言葉が

 

ア(in)
カー(スピリット)
シャ(大いなる光、太陽、高いレベルの光)

 

という意味だとわかり、
いずれにしても「光の国の人」らしい、
ということがわかりました。

 

まあわかったところで何が、という訳でもなく(夢の中の話だし)
日常を過ごしてるわけですが^^;

 

最近、妙にそのことを思い出すのです。

 

アカーシャが離れちゃったら、
私はとんでもなく悪いヤツになるのかもしれないし
重い病気になったりひどいケガしたりするのかも(((( ;゚Д゚)))
いずれにしてもまわりに迷惑よね・・ヽ(;▽;)ノ

 

なにぶん4、5年前の夢の話なんで、
今ほんとにくっついてるのかどうかわかりませんが、
何かに守られてるのは確かです。
(理由:今、私はこうして生きてるから。)

 

光の国の人に愛想を尽かされないように、
しっかり生きなくちゃ!ですね。(*´v`)

 

ちなみに、
何が原因で離れるのか。
ずっとくっついててもらうにはどうしたら良いのか。

なんとなく、コレかな?と思うことはありますが、
これは私が一生を通して検証していくしかないのかもしれません。
「自分マニュアル」は他の誰もわからないのです。

 

※くっついててもらえるのはありがたいんですが、
時にものすごいキビシい存在かもしれません。
(光なので、見たくないものまで見えてしまうから)
「もうイヤだ!」と、離れてもらうこともできるようですが・・


あ・・・・・・、はい、


一番の悪とは、
悪を悪と認識できない事だそうです。


(・・・・って、いま、湧いてきました・・)
※悪とは、法律や道徳の話ではなく、
自分やまわりの進行の邪魔をするという意味です。
我欲で貴重な時間を奪う事と解釈しています。


多少の怪しげな話はお許し下さい。
お盆だしヾ(´ε`*)ゝ

いまから子供たちと地元の夏祭りに行ってきまーす♪

カテゴリ:夢の中の話 | 17:51 | - | - | - |
今朝、宇宙からの試験がありました

3人で昼食を食べながら『ヒルナンデス』見てましてね、

 

セロリちゃん「『インスタ映え』ってなに?」
私「インスタグラムっていうSNSアプリに載せる、オシャレな写真が撮れそうなモノや場所の事だよ。」


トマトくん(冷めた口調で)

 

「そういうハエなんじゃないの?」

 

(≧▽≦)彡☆

 

インスタ蠅!!!なるほどーー!!

 

もう、ヒルナンデスで「インスタ映え」っていうたびに
「インスタ蠅」にしか聞こえなくなってしまって大変でしたわ。

 

というわけで、
タイトルのことを書こうとして、
どう書こうか考えていたんだけども

全部吹っ飛んでしまいました。
ゴメンナサイ( ̄∇ ̄;)

カテゴリ:宇宙人の日常 | 16:01 | - | - | - |
不思議な夢〜家族が増えました♪〜

久々に夢の中の話を書きます。
かなりぶっ飛んでるので、
ファンタジーかSFネタだと思って読んで下さいね(*´v`)

 

2017年8月6日、こんな夢を見ました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


赤ちゃんが生まれました。私の子です。
預けていた施設へ、トマトくんセロリちゃん、
私の両親とお迎えに行きました。


黒い袋のような布で覆われていたので
だっこして布をずらし、初めて顔を見ました。
穏やかでかわいい天使のような男の子です。
生後一週間くらいかと思いますが見た目は1ヶ月くらいです。


名前がついていました。
私が考えたのではなく、もうすでにその名前でした。

 

家に帰る途中、
初めて言葉をしゃべりました。
(何をしゃべったかは忘れました^^;;)

 

家(ホテルかも)に帰り、
大人用のベッドに寝かせ、
セロリちゃんに「○ちゃんを見ててね」と声をかけました。


しかし、
赤ちゃんはベッドから落ちてしまいました。
大慌てでしたが、
赤ちゃんはすっくと立ち上がり、
ニコニコと歩き出しました。

(見た目が5〜6歳くらいになってました)

 

早すぎ!

成長は嬉しいけど、赤ちゃん期間、もっと欲しかったよ〜!(T▽T;)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


このあと目が覚めるわけですが、
目が覚めるまで、
赤ちゃんの名前をくり返しくり返し、
忘れないように、くり返していました。
キラキラネーム??というか、

ひらがな3文字ですが
聞いたことない名前です。
少なくとも日本にはいないと思います。

 

こんな感じで全くありえない話なんですが、
その場の私にとっては完全に『現実』でした。
ですので、目覚めた後、逆に、
あれ?ここは?となりました(笑)

 

さてこの赤ちゃんですが、
私には現在ダンナがおりませんので^^;;
私の卵子か遺伝子を提供して誕生したようです。
いずれにしても私の血縁であることは間違いないです。

 

ここからは私の想像です。

 

量子力学によれば『人間は多次元の存在』
複数の次元に同時に存在するそうですが
(合ってますか??^^;;)


別次元で家族が増えることもあるのだなと思いました。

 

というわけで、
私の子供はこのブログを書いている次元の2人(トマトくんとセロリちゃん)と、
あの世の1人(娘)、
そして今回誕生した別次元の1人(息子)で
計4人になったようです。

 

もしかしたら私が知らないだけで他にもいるかもしれないし、
今後も増えるのかもしれないので
タイトル下の方程式は『母+子×α=家族』に変えました。
(なんかもー……タイトル変えたのはそういう意味だったのかという感じ^^;)


あくまで夢の話です。

 

夢の話なんですが…
すんごい重要な気もしています。

 

他にもいろいろ思うところはあるので、
多次元に精通してる人(知識的に詳しい人じゃなくて、感覚的に『知ってる』人)に意見を聞きたいなーって思ったりもします。

誰かいらっしゃいませんかしら^^

面白がってるだけなんだけどねヽ(≧∀≦)ノ

カテゴリ:夢の中の話 | 15:48 | - | - | - |
トリセツ☆マニュアル★ちゃんと読んでますか?

トマトくんが電子工作をしていて

・・失敗してしまいました(;´д`)ゞ

 

「敗因は何だと思う?」と聞いたら、
「説明書をちゃんと読んでなかったから…」と答えました。

 

「電子工作がキライなわけじゃないんでしょ?」
「工作はいいけど、説明書が苦手だ。」

 

工作の失敗よりも、
自分のふがいなさ(?)に落ち込んでしまったようです。


というのも、
トマトくんの場合、
作り急ぐあまりに『我流』で突き進んでしまうことが
ずっと課題になっていたのです。

 

発達障がいの中学2年生にいかに教えるか(2014.06.13)

 

だいぶそれは気をつけられるようになったけども、
何度もミニ四駆を組み立てた経験もあってか、
無意識に自分を過信してしまったのかもしれないです。

 

よしよし。そこまで自分を分析できるなら大丈夫。
失敗よりも、そこからどう学んだかが重要だよね(*´v`)

 

難しいんです。
トマトくんは説明書をもちろん読んではいるけども
読むことと『理解』することは全く違うし。

 

ただ、トマトくんは、
説明書がないモノづくり、
ゼロから自分流にモノづくりするのは得意なので
そこは伸ばしてあげたいのです。

 

マニュアル通りを理解させることは
訓練で克服すべきなのか、できるものなのか、
親として悩むところであります。

 

・・・なんてことを思っておりましたら!Σ(゚д゚|||)シンクロ!

 

某健康器具の間違った使用で、
死亡やケガの事故が何件も起きているとニュースで見ました。

ちゃんとトリセツに『こういう使い方は禁止!』と
書いてあるにも関わらず、だそうです。

 

そういえば、
私が新卒で入った印刷会社で、ガス器具のマニュアルを制作していました。
使い方を間違えると大事故につながるので、
かなり細かく、図やイラストをふんだんに用いたわかりやすいマニュアルになっていました。

 

マニュアルって、ちゃんと作られたものは
誰にでもわかるように、理解できるように、あらゆる工夫がされています。

『その道のプロ』が作ってるからです。

 

でも、

読んでもらえない、理解してもらえない、
自己流で突き進まれると
あったりまえですが、結局事故になるんですよね〜(;´д`)

 

(2017.8.6追記)

☆トマトくんの電子工作ですが、
壊れた部品を取り寄せてめでたく完成しました(*´v`)

カテゴリ:宇宙人の日常 | 16:06 | - | - | - |
スティーブ・ジョブズ・・・ほんとうにすごいのは・・・

とうとう完結・・(´;ω;`)
最後がわかってるだけに、
なんだか神妙な気持ちでじっくり読みました。

 

スティーブ・ジョブズ(6)<完> (KCデラックス Kiss) [ ヤマザキ マリ ]

 

2013年11月頃から、
スティーブ・ジョブズ氏に関する不思議なシンクロが続き、
(そのことは少し2014年1月頃の記事にも書いていたので
興味のある方は見てみてください。
この頃は調子乗ってるので( ̄∇ ̄;)
生あったか〜〜い気持ちでどうぞ。)
その後の自分の実体験も含め、
一連の『ジョブズにまつわる流れ』から、
学習したことがあります。

 

スティーブ・ジョブズ氏は、
美的センスと究極のこだわりを持ったすごい人であることは確かなんですが、
それ以上にすごい人たちがいることに気づきました。

 

それは、


ジョブズ氏のまわりにいた、
ジョブズ氏に関わっていた人たちです。
本当にすごいのは、彼らだと思います。

 

何かを成し遂げるのに一人ではできません。
支えてくれる人、応援してくれる人がいてこそ実現できる。
誰も相手にしなければ、どんなに天才でも
ただの変人ですよね( ̄∇ ̄;)

 

変人を相手にする、って
大変なことですよ。

世の中は目立った人ばかりに注目しがちですが、
その陰で支えた人々、脱落した人も含めて(^^;;)
みんなそれぞれ素晴らしいと思います。

 

最初のシンクロから、

「何事もチャレンジ」のような意味で受け取っていましたが、

4年がかりで出た私なりの結論は

 

『当たり前と思うな。陰で支えてくれる人に気づき、感謝なさい。』

 

でした。

 

そうそう、感謝って大事だよねー、なんて耳タコくらいに言われてますが

それよりもっと深く深く、気づきと感謝が必要だと思いました。

 

★この『スティーブ・ジョブズ』完結巻の最後のジョブズ氏のセリフ。

やっぱりジョブズ氏は5次元で仕事してるんだろうな、

なーんて思わせてくれました(*´v`)

 

変人は変人に耐えられるのか(2015.04.28)

 

<発達障害?大人の「変わり者」その7>心穏やかに生きるために(2016.04.27)

カテゴリ:この本、読んでみて! | 18:02 | - | - | - |
日野原重明先生の絵本『いのちのおはなし』いのちは時間

いま、とてもとても驚いています。

今朝、いろんな偶然で、
初めてこの絵本を読みました。

8時45分頃です。


小学4年生にむけた『いのちの授業』を
絵本にした作品です。

 

いのちのおはなし [ 日野原重明 ]

価格:1,404円
(2017/7/18 10:45時点)
感想(48件)


そして、帰宅してまた偶然にもネットニュースで
(普段ネットニュース見ないのに)
作者の日野原重明先生が今朝亡くなったことを知りました。
6時33分、105歳だそうです。

 

絵本の中で、日野原先生は

「いのちは時間です」

と、聴診器と黒板を使いながら
わかりやすく優しく説明をしていました。


先生のいのちの中の、45分を使った授業です。

 

ずっと前にどこかで聞いた話ですが
宇宙で一番罪なことは何か。
何だと思いますか?

 

人の時間を奪うこと

 

だそうです。

 

時間を奪うとは何か。

時間を与えるとは何か。

 

私もまた考えていきます。


ご冥福をお祈り致します。

 

カテゴリ:この本、読んでみて! | 11:18 | - | - | - |
万事塞翁が馬!修学旅行のお土産ちょっといい話♪

先月の話ですが、セロリちゃんが修学旅行へ行ってきました。

★画像はイメージです


ニコニコ顔で、お母さんおみやげ♪と渡してくれた
かわいい鈴のキーホルダー。
ありがとう♪と受け取ったとたん、
私は固まってしまいました。

 

。。。錆びてる(;´д`)

 

セロリちゃんは気づいていません。

 

実はこのキーホルダーにはドラマ(?)がありまして。

5年前、トマトくんが修学旅行に行ったときに
鈴のキーホルダーをお土産にくれました。

 

「きれいな音だから、お母さんにあげたいと思って」

 

ほんとうに澄んだきれいな音で、
家のカギにつけていつも持ち歩いていました。

ところが
数年使ったところで鈴が半分に割れてしまい、
音がならなくなってしまいました。

 

仕方なく処分することも考えたのですが、この鈴は本当に気に入っていたので
そのまま(半球状態^^;)で使っていました。

同じものが見つかったら取り替えようと思っていたのですが
どうしても見つかりませんでした。

 

「セロリちゃんが修学旅行に行った時に、買ってきてもらえばいいよ」

 

冗談で言っていたことがいよいよ本当になって、
セロリちゃんが、同じではないですが似たデザインの鈴を買ってきてくれたのです。

 

私のために、探してくれたのです。
まさかそれが錆びてるなんて。


ちゃんと見なかったセロリちゃんもいけませんが、

お客さん相手の商売をしていながら
商品の管理ができてないってどういうこと!?
(厳しい言い方ですいません^^;
私は超忙しい店で働いていたとき、品出しはもちろんレジを通す時にもかならず商品の破損や汚れを確認するように
徹底的に指導されていたので、錆びた商品を売るなんてありえない!と思ったのです。)

 

修学旅行のコースになってるし、
今後も子供たちがお土産を買いにいくはずです。
これは、ちゃんと言わなくちゃ!と思い、
セロリちゃんにナイショで
店に電話して取り替えてもらおうとしたのですが、
屋台で購入したらしく、連絡先も店の名前もわかりません。

 

どうしたもんかなあ・・と悶々としてましたが
同級生のママさんが一言。

 

「その鈴は、誰か買ってくれないかな〜、つれて帰ってくれないかなあ〜って、
ずっと待っていたのかもね。
娘ちゃんに見つけてもらって喜んでるかもね。」

 

そっかー!そうかも!
こういう考え方、ステキです。好きです。
もやっとしていた気持ちが晴れました。
*:.。. (*´ω`*).。.:*・゜

 

さて、肝心の鈴はどうなったと思います?

 

錆びていたのはキーホルダーの金具の部分で、
鈴本体は大丈夫でした。

そして、捨てずに使い続けていた
金具に取り付けました。

 

そうです、
5年前にもらったトマトくんからのお土産の金具に、
セロリちゃんからのお土産の鈴を取り付けたのです!

 

兄妹合作お土産になりましたヽ(≧∀≦)ノ

 

今回のことは、セロリちゃんにも全部話しました。
やはり錆びていたことは気づいていなかったようで
ビックリしていましたが、
結果オーライをうれしく思ったようです^^

カテゴリ:宇宙人の日常 | 14:53 | - | - | - |
読み聞かせで本好きな子になるの?

絵本読み聞かせボランティアの皆さんと話していて
面白い事実がでてきました(^^)

 

※画像はイメージです

 

自分の子供に読み聞かせしていて、
子供が成長して本好きになったか?
という話題で、

 

幼いときから読み聞かせしていても、
本好きの子に育つとは限らない

 

ということが判明しました(*´Д`)

 

もちろん、布団の中にまで本を持ち込む
本の虫になった子もいるようですが
(でも兄弟はそうでもないとのこと)

読み聞かせと本好きに育つこととは
あんまり関係ないみたいです。


自ら本を読みたいと思うかどうかは
子供本人の趣味思考によるところが大きいかもしれません。

 

ちなみに、
トマトくんとセロリちゃんはそんなに本好きではありません。
でもキライでもありません。
普通、という感じです^^;;
他に趣味もあるしね。

 

でも私が読み聞かせするのは好きみたいです。
実際、寝る前の読み聞かせで子供たちの精神が安定する気がします。

 

読み聞かせは
本好きにする効果ではなくて、
親子の密接な時間、
自分のためにお母さんが本を読んでくれた、
という「穏やかな記憶」のためにするのかもしれませんね^^

カテゴリ:ザレゴト・ヒトリゴト | 10:35 | - | - | - |
| 1/67PAGES | >>